The Poughkeepsie Tapes(原題)の作品情報・感想・評価

「The Poughkeepsie Tapes(原題)」に投稿された感想・評価

直接的な描写はほぼないのだけど、とにかく不気味で不快な映画。
フェイクドキュメンタリー物。
タイトルのThe Poughkeepsie Tapesは、ニューヨーク州ポキプシーのある家から押収されたビデオテープのことで、その数は800本。
連続殺人犯エドワードカーパーが撮影したスナッフフイルムを指します。

昔ディスカバリーチャンネルで殺人犯の心理…だっけかな?
毎週ある殺人犯を、再現フィルム、当時の関係者の証言、心理、脳科学、などから分析してみせる内容の番組があって、映像的にも洗練されてて、すごく夢中で観てて。

それと同等のクオリティのフェイクドキュメンタリー物になってます、プラス、スナッフフイルム。

最初の被害者は8歳の子供、レイプして殺害。
次はカップル、男性はすぐ殺害したものの女性には妊婦の腹を裂き、男性の頭を縫い付ける鬼畜振り。

ただし殺害シーンは一部を除いて映されないので、グロゴア度は低い。
時々挟み込まれる女性の死体はトルソーのように首がなかったり、頭だけ別の場所だったり、全裸で、粗雑に捨てられた死体が映るばかりです。

やがてこの殺人鬼、ウォーターストーリートブッチャーと呼ばれ、容疑者が逮捕され、有罪になり、死刑執行されたんですが、その翌日くらいに、警察に「ミスしてるぞ」という書き込みがある地図と遺体が挙がる。

無実の人を死刑にしてしまった警察の失墜。
再捜査で例の家の中から、大分前に行方が分からなくなっていたシェリルが変わり果てた姿で発見されます。
肝心の犯人の姿は消えていました。

シェリルは、すっかり犯人によって洗脳、重度のストックホルム症候群になっていて、
救出された後も、彼を信じてるとか言うんですよ…めたくそ酷い虐待の痕がある体なのに。

you're the master and
it please me to serve you.
あなたはマスターです
どうかお役に立てて下さい。

これはシェリルが呪文のように唱えていた言葉。
その後、彼女は自殺してしまうんですが、その死体が墓から持ち去られてしまう。
死んでも隷属は解けない、その後のシェリルの死体がどうなったかは…。

エグい描写がある訳でなく、淡々と関係者の話や遺体の発見現場、死体解剖の初見など。
映像的、話の展開的には上記のドキュメンタリータッチがもう好物です!って感じなので文句なく。

ただスナッフフイルム部分を期待すると肩透かしになりますのでご注意下さい。
血糊とか出ないし。

ただメンタル的にちょっと重かった。
恫喝と暴力で洗脳される心理がキツい。

あなたにおすすめの記事