サンシャイン・クリーニングの作品情報・感想・評価

「サンシャイン・クリーニング」に投稿された感想・評価

たけお

たけおの感想・評価

3.5
意外な拾いモノ。派手な作品ではありませんが、私の心も洗われました。
「魔法にかけられて」も好きで、コレも見てみました!
エイミー・アダムス可愛い❤️
人生の負け組だった姉妹が、2人で力を合わせて仕事をし、ぶつかり合いながらも、助け合って成長して行く話!
ほっこりしました。
なお

なおの感想・評価

-
ハッピーな午後にしようと思ったのに、意外とヘビーでガビーン😦
fkkitm

fkkitmの感想・評価

3.7
アメリカ映画におけるチアガールというレッテルこわい😲社会に属すとは。家族・自分を認めるとは。自分の人生を生きたいね。
fumika75

fumika75の感想・評価

3.6
姉妹がいるのが 羨ましくて羨ましくて、、
リトル・ミス・サンシャインみたいなクスッと笑えるジョークがあって面白かった。

どんなに苦しい時でも息子への愛を伝えるのを忘れない姿がすごく素敵だった。
rann

rannの感想・評価

4.3
何気なく借りて観たけど,クスっと笑えて少し勇気を貰える素敵な作品でした◎"今"観れてよかった。今の私に必要だった映画。人生は思うようにいかないけど無理しすぎないように,でも頑張ろうと思える。
Matilda

Matildaの感想・評価

4.1
なんとなく、内容を知ってはいたのですがちゃんと観たことはなかったので鑑賞。エイミーアダムス目当てでしたが、エミリーブラントも結構好きなので私得の映画でした。

息子を1人で育てるシングルマザーのローズはハウスクリーニングのバイトをして生活していた。安定しない商売をする父と、しょっちゅう仕事をクビになる妹ノラ。みんながギリギリだった。そんなとき、息子を私立校に通わせるためにお金が必要になり、ある仕事をすることになるのだが…。

このある仕事というのがなかなか強烈なのですが、実際、本当に大変な仕事なようです。調べると普通に写真出てくるのでおすすめはしません(笑)

新しい何かを始めると、新鮮で楽しくて、夢中になりますよね。彼らもそうでした。しかし、新しい何かを始めても、彼らの立場や現実はそこまで変わらない。新しいからこそ、続けるのもそこから成長していくのもとても大変です。厳しい現実の中で、新しい風を吹き込むというのはとても大切なことですが、今の状態から抜け出すために何かを切り捨てたり、変えたりすることも大切なのだと思います。そして、何よりも大切なのは、今のダメな自分を認めること、受け入れること。

あんなに美しくて、賢くて、仕事もできるエイミーアダムスがまずこんな扱いを受けているというのが普通にリアリティなさすぎるのですがまあそれはおいといて(笑)

この映画は、何かうまくいかなくて落ち込んでいる人に優しく寄り添ってくれる作品だと思いました。私もちょっと救われました。特殊な仕事を扱う映画なので、人によって好き嫌いはあるかもしれませんが、この家族にきっと、少し救われるはず。

人生ってろくなことがないし、家族はめんどくさい。でもきっとそれが人生であって、めんどくさいのが家族。
ネガティブをポジティブにまでは変えることができなくても、少しでも前向きに考えることができたら、人生は輝くのだと思います。
────────────────────
ハウスクリーニングの仕事でなんとか食いつなぐ姉。怠惰とトラブルでバイトすら長続きしない妹。ある時2人は殺人現場を綺麗にする仕事=特殊清掃を始めることになって…
────────────────────

殺人現場、自殺現場、孤独死の現場。
軽んじられがちな仕事ではあるけれど。
血だらけ臭気立ち込める場所を綺麗にすることで見えてくるアイデンティティと絆。
孤独になった方々に寄り添う優しい気持ち。
まさに洋画版『おくりびと』。

相手を思い遣る気持ち。
沢山の劣等感。
失敗しながらも、方向が違ったって前を向く。
等身大の人物たちに、胸がいっぱいになる。

この家族は、誰の心の中にもいると思う。
こう

こうの感想・評価

3.7
「リトルミスサンシャイン」のスタッフが贈るサンシャインシリーズ第2弾。
ということだけど何か惜しい感じ。

ひとつひとつの出来事が割とあっさりしているからなのかな?でもだからこそ気軽に見れる作品でした!

あと、場面の繋げ方が謎な部分がいくつかあった。笑
れぼこ

れぼこの感想・評価

3.9
若干実話が基になっている物語。

姉のローズは30代のシングルマザー。
20代の妹のノラは自立のできない無職。
そんな二人が手を出したのは、「事件現場の清掃」という怪しい仕事だった。

映画経験の浅い頃の思い出の作品。
全く充実しているとは言えない姉妹が、生半可な気持ちではとてもできないような仕事をはじめることとなる。
ビジュアル的に、とても見ていられないという描写は特別ない。
見所はこの姉妹が、新しい仕事と新しい人達との出会いに、どう成長していけるのか。

エミリー・ブラントの病んでる表情がとても良い。この映画のみならずだけど。
>|