イン・ハー・シューズの作品情報・感想・評価

「イン・ハー・シューズ」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

3.7
ジャケットはキャメロン・ディアス一人ですが、この映画はトニ・コレットとのダブル主演だと思ってる

妹のキャメロン・ディアス目線でも観れる映画だし、もちろん姉のトニ・コレット目線でも観れる映画

ゴタゴタが尽きない間柄でも一つ一つ解決していけば取り巻く状況は自然と好転していく

ラストの詩の朗読のシーンはたまらないです


一つだけじゃどこにも行けない靴も

二つそろうとどこにだって行けるようになる


かわるがわる協力し合って

同じ方向へ一歩一歩
3年前にこの映画をみた感想メモに反面教師とだけ記載。靴はすり減らしてこそ靴。
mtkinoko

mtkinokoの感想・評価

4.0
マギーにとっての転機となる、老教授に詩(エリザベス・ビショップ「One Art」)を読むシーンがとてもいい。教授に導かれ「失うことの術を習得するのは難しくない」という詩に隠された心の機微を察し、それはまさに自分自身の感情と同じことだと気付く。
詩と出会い、人の立場に立って考えることを学び、壊れかけていた人間関係を修復しながら迎える姉の結婚式でのマギーの成長した姿と、大げさにならず静かに幕を閉じるラストが、とても心地よい余韻を残す。
Amber

Amberの感想・評価

3.8
姉妹の葛藤がリアルな感じだった。
姉は自分のこと卑下してたけど、十分美しくて、後半自信が出てきてキラキラしてきたのが本当によかった。
自信って大切。
妹は姉の彼氏に手を出す問題児だけど、彼女には彼女のコンプレックスがあって、姉に憧れてて…。
彼女の長所を生かせる仕事が見つかってよかった。
あと、おばあちゃん、ステキ!
ひな

ひなの感想・評価

3.2
ちょっと最初想像していた内容とは違ったけれども
人は傷ついても、少しずつ立ち直って、成長していくのだなぁと
思いました。

ふたりの姉妹がメインで話が進んでいくのですが、
この姉妹の絆が強くて、感動しました。
しかもこの姉妹は性格が正反対。
でも姉妹ってそんなものかな?
マギーがローズの彼氏を寝取ったとこで
しんどってなったけど
さいごの結婚式のシーンはよかった(;-;)

エラが住んでるピンクのお家も
おばあちゃん、おじいちゃんも
ほんとにキュート♡( *˙˙*)
マギーはニューヨークに行かずとも
フロリダであの仕事を続けてほしい!!
服選びの才能もいかせるし(*´`*)
ローズも自分を卑下してるけど、
弁護士のときのキリッとしてるのも
犬たちのお散歩シーンも
笑顔も素敵ーー♡
結婚式に近づくにつれてお化粧とか
なんか、キラキラしてて!
素敵だったー!あのウエディングドレス
めちゃくちゃにあってた!!!
しー

しーの感想・評価

3.8
この映画自体も見やすくて、色々な気づきや、詩のすばらしさを知れたので、この映画と出会って良かったなって思いました。

日々、色々な悩みや不安、自分への劣等感、どこか喪失感も感じながらも時間は流れて行くことに
どこか疲れているけど
この映画を見終わった後に前向きな気持ちになっていました。
だから、そんな時にこそ見てほしい映画ですね。

この映画のストーリーも良いのですが、
映画に出てくる詩がとても良くて、胸に突き刺さりました。
E・ビショップの詩が、心に効く薬のように少し楽にしてくれる。
詩を読むだけでなくて、教授とその詩について話し合うシーンもこの詩の良さを際立たせている。

最後にマギーが姉へ詩をプレゼントするシーンも好きです。
詩をプレゼントするのって素敵だな。
素敵な言葉に囲まれることは
心を幸せにしてくれる。

だから、人に詩をプレゼントする事って凄い素敵なプレゼントだなって思いました。
私もそうしたいので、詩集が欲しくなりました!!
姉のローズは、あ〜こういう感じの女性多そうだなあって 等身大で見れる。でも結婚が近づくにつれてどんどん綺麗になってく様子がとても素敵だった。
妹は、キャメロンディアスじゃないととても成り立たなかったと思うし、むしろキャメロンディアスが出てなかったら映画を最後まで観れなかったレベル。。
sae

saeの感想・評価

3.8
みんな表情がわかりやすくって観やすい
私が妹だから妹ってやっぱはちゃめちゃだよなーって安心するし
妹の心境もすごくわかる〜
姉妹ものの中でも、ほっこり観られた。
SACHI

SACHIの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

読書障害のキャメロン演じるマギーが最後のシーン
結婚式で詩を読むシーンは感慨深い。

おじぃちゃん、おばぁちゃんパワーが目立った後半はおもしろかった(*>_<*)ノ
>|