ファンボーイズの作品情報・感想・評価

「ファンボーイズ」に投稿された感想・評価

みはる

みはるの感想・評価

4.0
賛否両論のようですが、私は好き!
"スター・ウォーズファンのための
スター・ウォーズファンによる映画"
ってだけあって、ネタが超細かい。笑
下品でくだらないところも多いけど
単純に面白いし観ていて本当に楽しい。
SW好きで尚且つパロディやパクリ許せる人なら堪らない映画だと思います〜〜!

「遠い昔はるか彼方の銀河系…」ならぬ
「ちょっと前、そう遠くない銀河系で…」
と始まり、真のエピソード7は『フォースの覚醒』だけど、この映画の公開時はまだ決まっていないからか、今作がエピソード7『サーガの帰還』という設定。

ストーリーは…
時は1998年。オハイオに住む青年たち=ファンボーイズのお話。
主人公エリックは、ハロウィンパーティで幼馴染ライナスと再会したけど、絶交状態。
しかし、ライナスは末期ガンで余命僅かということを2人の友達から聞き、ライナスのために彼が楽しみにしているSWの新作『EP1.ファントム・メナス』のフィルムを盗みに行こうとします。
「199日3時間33分31秒後にエピソード1が公開される」という時間設定なのですが、これでは余命3.4ヶ月と宣告されたライナスは間に合わないのです…泣

ハッチの車の上にR2-D2がいるし
部屋もスターウォーズのグッズだらけ
スターウォーズのTシャツ着てたり
ダース・ベイダーみたいにグローブしてたり
格好からもSW愛が伝わります。ツボ!

スター・ウォーズファン vs スター・トレックファンの戦い。
それぞれお互いの作品へのディスりがなかなか酷い。笑
私はスター・トレックは未鑑賞だけど、トレッカーなら興奮必須なゲストも登場しますよ〜
そして!病院のお医者さんがキャリー・フィッシャーさんご本人とは…!
これだけでも嬉しいのに、あの名台詞「I love you」「I know」もやってくれてテンション上がりました…!

ハリソン・フォードのことを「ハン・ソロ、インディ・ジョーンズ、デッカード…失敗作は1本もない」と褒めちぎった直後に『6デイズ/7ナイツ』の広告があったのが面白かった。笑
観たことないけどfilmarksでも評価低いし、アメリカでも駄作って言われてるのかな。笑
これとは別で、他にも広告の面白いと思ったのは、警官から逃げてる時に広告に突進してその跡がダース・ベイダーみたいになっているシーン。本当にこだわりを感じます〜〜

基本ドタバタコメディだけど、感動的なエピソードもあって良かったです。
「映画のためじゃない
旅の目的は____ 僕たちの絆さ」
友達ってやっぱり偉大だなって思えます。

最後の映画館のシーンの盛り上がりが最高すぎて…
コスプレしている人も多くて、ファンしかいない中で観る映画って絶対楽しいなって思いました。
あの中に混ざりたい。笑

もう一回観たら、まだまだ細かいところに新発見がありそうな映画です〜!
かなりマニアックなネタが出てくるので、細かいところまで観てる人ほど楽しめるのでは。
J

Jの感想・評価

3.0
熱狂的なスター・ウォーズファンの青年達は余命僅かで『EPⅠ』公開まで生きられない友人の為に、スカイウォーカー・ランチに潜入してフィルムを強奪すべく長い道のりの旅に出る…。

スター・ウォーズファンのスタッフによるスター・ウォーズファンの為のスター・ウォーズ愛に溢れた下品ではちゃめちゃなコメディです。

はっきり言って随所に散りばめられたスター・ウォーズネタと洋画ネタで笑えて楽しいだけで、コメディ作品としてはかなり低レベル。これらのネタ以外はピクリとも笑えません。邪魔臭いのがスター・トレックネタ!意外とガンガンぶっ込んでくるけど全くわかんねぇー!(笑)

ぶったまげたのがあの人とあの人の出演!(最後のあの人はどうでもいい…笑)
しかもあの名台詞を使ってくれるとは!

『フォースの覚醒』が公開された二年前、似たような出来事が実際にありましたが、スター・ウォーズと言わず大好きな映画シリーズの新作を観ずには死ねないという気持ちはよーくわかりますね。あと八日、いや、あと二年は何ごともなく過ぎることを願う。
ようこそ🎉マーク・ハミル🎉日本へ!
(2017年12月5日現在:ルーク・スカイウォーカーが日本に!)
1998年。待ちに待った[SWエピソード1/ファントムメナス]の公開まであと6ヵ月。末期ガンで余命3ヵ月のライナスの為に【ジョージ・ルーカス/スカイウォーカー・ランチ】に侵入してラフフィルムを盗む計画を実行するファンボーイズ。
単なるSWのオタク映画ではなく、ライナスとエリックの絆、そしてハッチとウィンドウズを加えた4人の友情物語の側面もある。
どちらかと言えば[スター・トレック]派なので【カーク&カーン】の銅像ネタ場面の「カーーーーーーンッ!」やスポックの耳がポーン!さらに【TREK-KON】会場奥から現れたキャプテン・カーク(シャトナー)の自虐ネタに爆笑。
劇中出題されたクイズ
Q1:エピソード5の監督は?
Q2:エピソード6でレイアは、何故ピーダーバイクを奪わなかったのか?
レイア姫やダース・モールもカメオ出演。
movko

movkoの感想・評価

3.0
ドキュメンタリーかと思いこんでたら、SWファンのおっさまたちのロードムービーでした。一生楽しめるSWっていいものですねー。
SWあるあるクイズみたいなのが所々挟み込まれるので、SW知識ミニテストとして試せて楽しかったです。
ラスト新作公開直前のワーキャーシーンは胸熱。新作楽しみー。ローグワン最高すぎた。
和田

和田の感想・評価

4.0
スターウォーズ好きなら見るといいよーと言われて見たけど、こりゃ間違いないわ!
残念なのはスタートレックネタが拾えないこと…
スターウォーズとスタートレックの小ネタを両方拾える人ってどれくらいいるのだろうか…
素晴らしい。全く面白くない!!笑

ただ、スターウォーズ好きな自分にとってはとてつもなく良作。

部屋とか本当に自分の部屋かと思うくらいスターウォーズ。感動。

そして、ちょくちょくでてくるスターウォーズネタ。素晴らしい。

スタートレックもイジってるし文句なし!

ただ、スターウォーズ好きじゃなかったら無駄な時間が永遠に続くのでご注意を!

スターウォーズを極めた人が観る1本。
esose

esoseの感想・評価

4.0
自分の好きなものを極めて、その仲間と出会えることは幸運。この世の面白いものの面白さを理解するためには幅広い知見が必要、ということはスタートレックも見なきゃいけないのかぁ。
スターウォーズファンとスタートレックファンとキンタマの映画

普通にハートフルすぎて良い。
ファントムメナス見るためにルーカスフィルムへ行く中でいろんなことがあり
めっちゃ暇な人が見るといい。
ポンコツ青春ロードムービーにマニア心をくすぐる笑いのスパイスが充分。

食わず嫌いのスタートレックとSW新作を観た後に再確認したい様々な愛が詰まった作品。

カメオ出演も豪華!
もりー

もりーの感想・評価

3.6
エピソード7公開前に似たような話(実話)があったなーと思いながら観ていたが、こちらはぶっ飛んでいて面白かった(笑)
コメディとして見事に成立しつつ、シリアスなパートもきちんと話がまとまっていて、メリハリのある良い作品だと思った。
ただし下ネタが随所に出てくるので人に勧めづらいのが難点。

スターウォーズへの愛を貫きすぎたが故に社会的には若干はみ出た存在となってしまった主人公たちだったが、そんな彼らの話の中に幾ばかりかの真実が見えたような気がした。
彼らなりの青春の作品なのかもしれない。

この映画を観てもう一度しっかりスターウォーズを観てみたいと思わされた。
新作の公開をあんな愉快な仲間とコスプレして盛り上がって観れたら最高だと思う。

それにしてもスターウォーズファンとスタートレックファンとの抗争はなかなかに面白かった(笑)
細かい小ネタがわかるほど知識がなかったのが残念。
ただダストシュートに入り込んでしまい、映画のように壁が迫ってくると勘違いして焦ったシーンは元ネタを知っていたので笑ってしまった。

個人的にジャケ写が『40歳の童貞男』と同じ構図なのが気になった。
>|