ファンボーイズの作品情報・感想・評価

「ファンボーイズ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 スターウォーズファンのオタクたちが仲間の1人が末期がんってんで、その人のためにフィルムを盗んでスターウォーズを見せようと頑張るロードムービー

 好きなことの知識やうんちくがものすごいけど、他のことには弱いという典型的なオタクな主人公たちの会話が笑えます。くだらないことでむきになったりしているけど、本人たちにとっては真剣そのもの。スタートレックファンとの抗争なんかが全体的に挿入されて笑えました。

 新しい場所へ行って、ドタバタ。また新しい場所へ行ってドタバタ。とこれの繰り返しで、大半が下ネタだったりとアメリカっぽいコメディですが、それでも友達のために行動する主人公たちが熱いです。クライマックスのスタジオでの追いかけっこなんかは、ただの鬼ごっこになってしまってそんなに盛り上がらなかったのが個人的には退屈でした。

  とはいえ、エピソード1の公開に異様な熱狂っぷりな人たちの中「駄作だったらどうする?」と心配してのエンディングが最高の映画でした。
KIHO

KIHOの感想・評価

3.5
スターウォーズエピソード1の公開が迫った1998年、余命わずかな友人にスターウォーズの新作映画を見せるため、公開前のエピソード1のフィルムを盗みに行くというコメディ映画。

随所に散りばめられたスターウォーズパロディとスターウォーズあるあるがファンの心をくすぐる作品です。スターウォーズを何度も見ている人じゃないと見逃してしまいそうなマニアックなネタもあって、まさにスターウォーズファンによるスターウォーズファンのための映画と言えます。そして、世界中にいるスターウォーズファンはきっと彼らのような絆で繋がっています。「スターウォーズが好き」というだけで僕らはみんな仲間なんです。

実は僕が初めて映画館でスターウォーズを見たのは「フォースの覚醒」です。初めてスクリーンで見た「遠い昔、遥か彼方の銀河系で」の文字、テーマソングとともに流れる黄色い字幕。初めて劇場で聞いたブラスターの音、ビームサーベルの音。長年の夢が叶ったような大興奮の映画体験でした。「フォースの覚醒」も「ローグ・ワン」も「最後のジェダイ」も公開初日に見にいっています。いよいよ次回作は最終章。スターウォーズの公開を楽しみに待つ最後のチャンスに立ち会えていることは幸せなことだなぁ、と思います。
笑えるシーンも多いし、ストーリーも面白い。
エピソード4〜6が見たくなる^ ^
KAREN

KARENの感想・評価

3.6
だいぶ前に見たので内容抜けてますけど面白かったのは覚えている…もう一度見ねば
tossy

tossyの感想・評価

3.5
2回目の鑑賞。
Ep1 ファントムメナスの公開前、末期ガンで余命少ない友達のために、ルーカススタジオに公開前の映画フィルムを盗みに行く"スターウォーズオタク"のロードムービー。
Kasano

Kasanoの感想・評価

4.0
余命わずかでスターウォーズEP1公開まで生きられない友達の為に、フィルムを盗むコメディ映画。熱い友情とスターウォーズ愛。
TOY

TOYの感想・評価

3.4
2018年14本目

やっと観た。
スターウォーズ好きな人達による、スターウォーズ好きな人向けのコメディ映画。

スターウォーズネタ大量で、爆笑しまくりです。
しかもあの人もこの人も、あの人まで…
スターウォーズファンの方には絶対オススメです。

めちゃ面白かったです。

クリスティン・ベルのラスト似合い過ぎです。
クリスティン・ベルのレイアコス超絶可愛かった!というかクリスティン・ベルが出演してたと知らなくてびっくりした!いいもの見れたー💕
スターウォーズファンなら反応してしまう場面がたくさんある楽しい(けどちょっとほっこりする)映画!トレッキーにはどう映るんだろうww 私はスタトレも好きよ!あの人出てきた時なんであんたが出るのよー!って口に出してしまったよw
you

youの感想・評価

3.3
スターウォーズオタクが繰り広げるドタバタコメディー。スターウォーズ見たことないと全く面白くないかな
なんかお腹一杯なる
今年一発目は阿呆な映画にしようと思ったが大正解。正月気分を吹き飛ばすバカばっかり。

しかし「最後のジェダイ」が賛否両論渦巻く今、見て良かった。この映画のメッセージは最後の「駄作だったら?」に全て込められている。ファンという生き物は続編が出るなら悪魔に魂を売ってでも見たい(スター・ウォーズがディズニーのものとなり、恐らく半永久的に続く事になった今では尚更)が、それが駄作だったらひたすら怒る。つまりファンは最高にワガママな生き物だ。
>|