ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018年製作の映画)

Solo: A Star Wars Story

上映日:2018年06月29日

製作国:

あらすじ

銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンを操る伝説の運び屋で”愛すべき悪党”ハン・ソロと、生涯の相棒となるウーキー族のチューバッカの出会いや、悪友ランド・カルリジアンとのエピソードなど、若きハン・ソロの知られざる過去を描くアナザー・ストーリー。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

メインキャラクターがそれぞれ良くて、主人公のハンソロが一番キャラ薄い感じが…
ヒロインのキーラに一目惚れ。
うぉだ

うぉだの感想・評価

4.0
新エピソードシリーズより
スピンオフの方がかなり好み。
毎度出てくる新キャラの人物描写がしっかりしていてとても愛着が湧く。
スターウォーズはハン・ソロの一生を描いた映画かもしれない。
いろいろ繋がっていちいち感動した。やっぱSWスピンオフ好き!
昔はアナキンが好きだったけど今は断然ハン・ソロ。大人になったな〜
saori

saoriの感想・評価

-
"I have a bad feeling about this."
MARQ

MARQの感想・評価

4.3
熱心なシリーズファンではないのだけど、近年のSW作品の中では一番好きかも。特にガジェットデザイン、異星人やドロイドのキャラクター造形が良かった。
予告編では不満だったソロ役のオールデン・エアエンライクも、観てるうちにちゃんとハンソロに見えてくる不思議。

ただこの作品に限らず最近のエンターテイメント系映画は観客を飽きさせないためか色々ハイテンポに詰め込み過ぎなことが多い気がする。もう少し緩急つけてもいいと思う。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.7
正直あまり期待していなかったので今頃鑑賞。しかし良かったです。やっぱりオリジナル・トリロジー世代としてはハン・ソロって思い入れがあるんだなぁと、我ながら。ミレニアム・ファルコンって名前でこれほどドキドキするとは…。あの発進音はヤバイですよ。こういう外伝は大歓迎です!
ナリア

ナリアの感想・評価

4.5
僕的にスター・ウォーズシリーズはスピンオフが好き
今までもシリーズの中ではローグワンが一番好きだったけど、超えたかもな笑

ハン・ソロの“ソロ”の理由が解った瞬間の鳥肌と結果的に全然ソロじゃないんだぜっていうメッセージ。アウトローのドラマとしてかなりアツイ

目的が二転三転()していく冒険譚的物語構造のワクワク感と
いろんな繋りがあるからこそ、その分いつ裏切りが来るか分からないハラハラ感
ラストの対決の様式美もしっかり踏まえつつソロとキーラの別れが非常にドラマチック

最近のスター・ウォーズはヒロインに重点を置いているが、今回の女性視点が非常に上手かった
キーラとL3、キーラとエンフィスの二三言のちょっとした会話が物語にリアリティを付加している
男は夢を見ているが女は現実を見ている

戦闘中。
同胞兄弟を探し続けていたチューイがせっかく再会した兄弟と額を合わせてそれぞれの仲間の元に駆けつけていくシーンが僕は一番好き
彼らの言葉は理解できないけどアツイ台詞が聞こえてきた


2つの賽を鎖で繋げた御守りがハン・ソロの全てを物語っていた。
問題作ですね。面白いよ。好きだよ。でも...ちょっと型破りすぎない?笑
スピンオフ作品の中でもまたシリーズ作りたいのかよ!ってツッコミたくなる笑笑


鑑賞中、ずーっとキーラの役見たことあるけど何の役だったか考えてたら、ゲームオブスローンズ じゃん!って見終わった後気づいて1人で超納得。エミリア・クラークがまた一段と好きになった。
セレ

セレの感想・評価

3.5
SNS等ではあまり評判が良くなかったので不安ではありましたが楽しむことができました
ただ、全体としては良かったのですが序盤はどうもイマイチだなぁと…
おなじみの人物やミレニアムファルコンとの出会い方を知れる点は個人的には好きです

このレビューはネタバレを含みます

キャストはよかった。
特にポールベタニーのビジュアルがとてもよかった。

あまりハンソロ自体に思い入れがないせいなのか、ハンソロの性格が掴みきれないまま見終わった気がした。
ポスターやSNSで見た色鮮やかな画面を期待していたらむしろ暗い画面で何かしていることが多かった。
そしてハンソロに「いいところ」がない。
おいしいところは一瞬でピンチに変わるかだれかに持っていかれる。
ハンソロに操縦させるためにほかの操縦士をやたらに退場させるのも気になった。
小ネタはたくさんある気がするがにわかゆえ拾いきれてない。途中から眠気との戦いだった。
とにかくあまり盛り上がれなかったのが残念。
>|