ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018年製作の映画)

Solo: A Star Wars Story

上映日:2018年06月29日

製作国:

3.7

あらすじ

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

こよみ

こよみの感想・評価

4.5
ウディハレルソンが出てきた時から個人的に当たりだと思った笑
キーラ何者なのか気になる、続編ありそうだな〜
チューバッカとの出会いと、最後のミレニアムファルコンをゲットするのは見物!!
最近見た映画の中で1番面白かった☆彡.。

このレビューはネタバレを含みます

待ちに待ったスター・ウォーズ実写スピンオフ第二弾。
銀河のアウトロー ハン・ソロを主人公に置いたヒーロームービー。
結論から言うと大満足な内容だった。

以下流れに沿って駄文ダラダラ。

スターウォーズといえば特徴的なオープニングロールだが、今回はあっさりとした説明から、バンとタイトルが出てくる流れ。ローグワンと比較するとタメが少ないものの冒頭からテンションがぶち上がる。いきなり追っ手から逃げまくるところがいかにもハンらしい。

時代背景的には13BBY前後ということでレベルズやローグワンより時を遡る。銀河共和国が崩壊し、帝国が支配を盤石にした時代であろう。ヤヴィンの戦い以前の時代を描いてくれる作品が増えているのはファンとして非常に嬉しいところ。

冒頭から登場するキーラが美しい。予告編やポスターを見ている時から思っていたのだが、動くとなお綺麗。ナタリー・ポートマンやデイジー・リドリーとはまた違う魅力を持ったエミリア・クラークに目が離せませぬ。

コレリア脱走のシーンでは、まさかの帝国のマーチが帝国のCMとして流れている。スターウォーズユニバース内で実際に存在していた楽曲でしたーという事実にニヤニヤが止まらない。またハンのラストネーム「ソロ」が帝国の人事部により名付けられたという目から鱗の設定。その後も気に入って名乗り続けるのが、これまたひねくれやのハンらしくてグッと来る。

その後師匠となるベケットに出会うのだが、彼がまたいいキャラクターをしている。宝島やトレジャープラネットのシルバーを思い出す、実は人好きで理知的なツンデレで父親肌の賞金稼ぎ。あの有名なハンのDL-44ブラスターピストルが彼から託されたものであることも明らかに。さらっとオーラ・シングを倒した話をするのもイカす。凄腕のバウンティハンターを倒したら鼻にかけそうなものだけど、勝手に落ちただけだと言い放つサマには惚れてしまう。

ハンの相棒、毛むくじゃらの絨毯ことチューイの登場の仕方も楽しい。ウーキー語習っておいて良かったねハン笑。彼らのここから40年間に渡る友情はここから始まったのだと考えると感慨深いものがある。

EP9で帰ってくるとの噂のランドも若かりし姿で登場する。顎髭が素敵すぎる。彼の持つメイド?恋人?のドロイドL3のキャラ設定には脱帽。人間臭さがたまらなく素敵。スペックも十分で、どこかのコロコロ転がるだけのマスコットに成り下がったアストロメクとは大きな違いである。彼女を失う時のランドの辛さと言ったらもう。
しかし彼女は死んだわけではなく、ハンは機転を利かせ、彼女のコンピュータをファルコンのナビシステムに移植するというスーパープレイ。ハンとランドの愛機ファルコンに命が宿った瞬間である。EP6でファルコンに久々に乗れたランドはさぞ嬉しかっただろうなぁと。同時に彼女の天才的航路計算で、伝説のケッセルラン12パーセクの伝説が誕生した。実質L3のおかげですマジで。

ファルコンも勿論みっちりと描かれる。ランドらしい使用感のない清潔な空間。機首部分の脱出ポッドや青のカラーリングにアンテナやキャノン砲など、細かーいディティールの違いが見ていて面白い。ファルコンのCGモデリング担当は日本人の方のようで誇らしい限り。デジャリックを壊すチューイも可愛い。

コアキシウム精製のためサバリーンに着くと物語は一気にクライマックスへと繋がる。ここでのハンとソロの交わす I hate you. I know.はEP5を思い出させてツボ。さすがローレンスカスダン。

正体を明かすエンフィスネストやドライデン、裏切るベケットらとハン、チューイ、キーラとの間で繰り広げられる心理戦。ベケットは、生き延びるためには人を信じるなという台詞通り、ハンを裏切ってしまう。しかしその上を行ってしまうのがハン。師匠の教えに従い、二重三重に策を練り、ドライデンを倒し、ベケットとの一騎打ちに。EP4のグリードとの例のアレを想起させる早打ち勝負。ベケットの遺言でハンはタトゥイーンへと向かうことになる。
この言葉が後のジャバとの因縁やルークとの出会いへと繋がっていく。まさにフォースの導きである。

で、ここからがサプライズシーンなのだが、ドライデンを殺したキーラは、クリムゾンドーン首領のある人物と連絡を取る。通信機から姿を現したのはあのモールちゃん。初見時、思わず隣にいる友人の膝を殴ってしまった。またお前かと。クローンウォーズやレベルズを見ているファンからすれば、彼が生きていることは自明なのだが、多くの人の混乱を招いただろう。事実あのシーンのせいでタイムラインをEP1の前だと勘違いする人もいたみたいである。せめて彼の下半身を写してくれれば。

物語はキーラとの別れから、ランドとサヴァックの一騎打ちでファルコンを勝ちとり、エンド。

全体を通して、書ききれない程の小ネタに溢れ、スピンオフらしい作品に仕上がっていた。EP8が良くも悪くもスターウォーズらしからぬ作品に仕上がっている一方で、スピンオフは相も変わらずスターウォーズしていて安心感が強い。
凍結との噂だがぜひオビ=ワンとボバのスピンオフでハンの勇姿を再び見たいものである。
りんか

りんかの感想・評価

3.8
飛行機で鑑賞
チューバッカとの出会いやミレニアムファルコンに乗ることになった経緯が描かれていて楽しめた。
USRYT

USRYTの感想・評価

3.5
ミレニアムファルコンーー!ハンソロはやはりハリソンフォードのイメージが強すぎる…
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.6
全シリーズ観てるので鑑賞

面白かったけど
ジェダイに登場してほしかったなぁ

ダースモールとキーラのやりとり、、、
続きがありそうですなー
剛毛

剛毛の感想・評価

4.0
チューイやランド、ファルコン号とのファーストコンタクト。
こういう出会いだったんだ、という話。これはこれで面白かった。
栞

栞の感想・評価

3.6
うーん、やっぱりハンソロはハリソンフォードのイメージが強すぎてちょっと違ったー。
でもチューイはそのまま。当たり前だけど。笑
かわいい、強い、優しい、義理堅い!
好きですチューイ。

スターウォーズシリーズ連発し過ぎたよねぇ。。飽きられてしまうぞ。

チューイ見たい人には満足の一本です。かね。
YM

YMの感想・評価

3.0
機内鑑賞その2、まぁまぁオモロイかなという感じ。
エピソード8がゴミ過ぎたせいで期待値低かったから少し良いように感じられただけという可能性も…
そもそもハン・ソロというキャラクターに興味がないので盛り上がれないよな(笑)

数年前は僕もスターウォーズ続編製作と聞いてアガっていた一ファンでしたが、回を追うごとにシラけていってしまうのはネズミー王国プレゼンツだからなのでしょうか…
Sachitsu

Sachitsuの感想・評価

3.9
ハン・ソロの若い頃のエピソード。
彼の名前の秘密や、ファルコンを操縦するに至った経緯など、なるほどね、と思わせる。
ハリソン・フォードとは繋がりにくいが、筋としては楽しめた
1274本目。楽しかったです。ああ、そういうことだったのね、という場面が満載でした。ストーリーも分かりやすく、本編よりもスピードがあると感じました。
>|