I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザーの作品情報・感想・評価

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー2015年製作の映画)

I Am Your Father

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

「スター・ウォーズ」シリーズEpisode4~6で、ダース・ベイダーのスーツアクターを演じた“デヴィッド・プラウズ”。しかし、撮影期間中に製作陣とのトラブルが原因で、Episode6で、ベイダーがルークに自分が父親である事を告白する名シーンを演じる事が出来なかった。本作で監督は、当時のSWスタッフ・キャスト等に取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証、一体何があった…

「スター・ウォーズ」シリーズEpisode4~6で、ダース・ベイダーのスーツアクターを演じた“デヴィッド・プラウズ”。しかし、撮影期間中に製作陣とのトラブルが原因で、Episode6で、ベイダーがルークに自分が父親である事を告白する名シーンを演じる事が出来なかった。本作で監督は、当時のSWスタッフ・キャスト等に取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証、一体何があったのか?真実を探求していく。デビッドが名シーンでダース・ベイダーを演じるべきだったと考える熱烈なSWファンは多く、そのファンの為に、そして何よりデビッドの為に、彼が失った栄光を取り戻そうと衝撃のプロジェクトが動き出す。

「I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー」に投稿された感想・評価

Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

3.0
・17/01/16:WOWOW【初鑑賞】
あ

あの感想・評価

3.7
マークし忘れ
7/1トーク

プラウズのみにスポットを当てて 監督はほんとプラウズが好きなんだろうなと
ルーカスフィルムの闇を知れたのでこれからいろいろ見方が変わりそう
まぁスターウォーズすきなんで あまりそこは気にせず観たいけど

プラウズは結局自分がベイダーであることに縋って生きているようなきもして

Blu-rayに入ってた特典で プラウズの声のままのベイダーの映像あったけど
若い頃は声も高くて違和感しかないので しょうがないかな

エルストリーよりもたのしめました

プラウズ版のあの映像みてみたいな

森達也が撮ればめっちゃくちゃ面白くなりそう
あーち

あーちの感想・評価

3.7
7月1日 @元町映画館
上映後 Ayumi!さん(イラストレーター、cinemactif)、タキさん(twcn)、イワキさん によるトークイベント付。
・ダースベイダーが大柄に見えないのは『台形』だから
・ダースベイダーは工場長ポジション(笑)
SWへ対するトークゲスト3人の視点がそれぞれ面白すぎて何時間でも聞いていたかった!
m

mの感想・評価

3.6
8.1/元町映画館/後方3列目辺り左側

人生の すいも あまいも おいたも おしゃべりから
MASAYA

MASAYAの感想・評価

3.2
明日『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』を観に行くのですが、本作のレビューを忘れていたことを思い出しました。

さて、ダース・ベイダーといえば皆さん誰をイメージしますか?
もしくはどんな素顔をイメージしますか?

自分はダース・ベイダーのファンなので、直ぐにデヴィット・プラウズが頭に浮かびますが、EP6でマスクを取るダース・ベイダーをイメージする人が多いのではないでしょうか。

旧3部作で一貫してダース・ベイダーを演じ続けてきたのはデヴィット・プラウズでした。
しかし、彼はマスクを外すシーンに出演することは許されなかったのです。

なぜなら当時彼はルーカス・フィルムに干されていたからです。
情報流出の疑いがあり、ルーカスは情報公開に厳しいため、デヴィット・プラウズではなく、セバスチャン・ショウを起用したというわけです。

本作を観る限り、デヴィット・プラウズは無罪を主張していますが、真相は分かりません。

けれども、本作の面白い試みはセバスチャン・ショウに6年間の功績奪われたデヴィット・プラウズに同情し、あのラストシーンを再現し撮影したという点です。

もしその幻のシーンを本編中に流してくれたら+0.5だったと思います。
何としても見たいだけに残念です。


~おまけ~
前半ではデヴィット・プラウズの経歴をざっくり紹介しているのですが、正直『夢の帝国 SWトリロジーの歴史』や『メイキング・オブ・スターウォーズ』で観てきたのと同じだろうと、高を括っていたところ、新たな経歴に驚きました。
デヴィット・プラウズが元ボディービルダーなのは知っていましたが、なんと彼がスーパーマン(クリストファー・リーヴ)の筋トレのトレーナーをしていたそうです!
何か感慨深いです。


2017.1.12
Yusuke

Yusukeの感想・評価

3.6
ダースベイダーのスーツアクターを追ったドキュメンタリー。彼の過去の栄光を見せつつ、現在にもスポットが当てられていて興味深い。最後のミニシアターでの上映会での彼の表情がハイライト。

このレビューはネタバレを含みます

※記憶保持が主目的の為ネタバレ全く自重していませんので、今後観る予定のある方は読まないことをお薦めします。
**********
【I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー 】 (Theatre)
2017年
総合評価 3.0 → ☆3.0

「シナリオ」 (1.0) … 2 → 2
「演出全般」 (1.2) … 3 → 3.6
「心理効果」 (1.5) … 3 → 4.5
「視覚効果」 (1.1) … 3 → 3.3
「音響効果」 (0.9) … 2 → 1.8
「教養/啓発」 (0.8) … 4 → 3.2
「俳優/声優」 (0.7) … 3 → 2.1
「独創性」 (0.8) … 4 → 3.2
**********
【ストーリー】
旧三作でダースベイダーの中身だったものの、素顔をさらけ出すシーンで役を差し替えられた、声まで吹き替えられた上にルーカスフィルムと絶縁状態になり、公式イベント出禁まで喰らってる俳優プラウズに同情したファンが、プラウズを使って「あのシーン」を撮り直そうとするドキュメンタリー映画。
**********
≪キーワード≫
洋画 アメリカ

【魅力】
・SW関連の教養
・教訓になる

【不満】
・特に無し

【印象に残ったシーン・台詞】
特に無し
**********
【少し突っ込んだ感想】
実写映画で最も知名度が高いキャラクターと言っても過言ではないベイダー卿の中の人の話。例え顔は見せずとも、中身に入っていたと言うだけで、俳優としては最大級の名誉に思える。

が、しかし当の本人は実質的にその名誉を奪われていると主張。本人の愚痴めいた回想が序盤に入るが、自分の声を使わせてもらえず声優に吹き替えをさせたり、EP6収録時には監督に無視されて、本人の目の前で代わりのスタントマンにベイダーをやらせていたらしい。しかも、その収録自体、本人には伏せられていて、彼が撮影を知ったのはマスコミからの情報によるものだった。なんと非道いことを…と思うかもしれないが、よくよく話を聞くと、本人にも十分非がありそう。

声に関しては、プラウズの西武訛りが原因らしいけど、あの完璧なベイダー卿の声を実現した作品に対して、イチャモンをつける余地は無い。そもそも彼は身長と筋肉でベイダー役に選ばれたようなモノだから、監督からしてみたら「なに調子に乗ってんだこのゴリラは…」と思ってしまったのかもしれない。そして、これが一番の問題だけど、彼はEP4上映後に、EP5の血縁ネタをマスコミに仄めかしてしまった。これはかなりやっちゃいけないレベルのネタバレで、しかも当時空前絶後のブームが巻き起こっていたSWだったので(だからこそマスコミが狙ったのだろうけど)、ルーカスの怒りは半端じゃなかったことは想像がつく。

更にダメ押しで、今度はEP5上映後に、EP6のベイダー卿死亡のネタまでリークしてしまったとのことで、流石にルーカスも呼び出して説教して、プラウズが干される事に。尤もこれはマスコミの巧妙な嘘で、本当は別のリーク源がいたのだけど、前科のあるプラウズに罪をなすりつけて丸く収めようとしたとのことらしい。要するに、冤罪。リーク先のマスコミの当時を知る(という)社員の証言により、この作品を持ってプラウズの汚名は返上されたと言って良いかもしれない。

しかし、未だルーカスフィルムからの出禁は続いている。もはや当時の事情を知る者もほとんどいないだろうから出禁解除もされないだろうし、そもそもする必要性も会社側としてはあまり無いのだろう。ルーカス自身の鶴の一声であっさり解除される程度の制約だとは思うけど、やはりルーカス自身、その必要性もあまり感じて無いのかもしれないし、例え墓に入っても最初の情報漏えいを許す気が無いようにも思えるし、世界最高のSF映画にケチを付けた者の罰としては妥当と言えるのかもしれない。



【蛇足】
補足すると、プラウズはアクションも喋りも苦手だけど、その体躯と佇まいにより、ベイダーの魅力を際立たせた事は否定できないし、特定の分野に関しては一流の水準の役者だったのだろう。「時計じかけのオレンジ」に出てきたマッチョの人、と言えばピンとくる人もいるだろう。キューブリックはプラウズの魅力を最大限引き出していたと私見。あの超一流の名作の中でもまったく遜色のない存在感を発している。
また、朴訥な人柄が好感をもたれるようで、未だに根強いファンは多く、今回の映画の企画も彼等の献身的(?)な活動の結果によるもの。


【蛇足2】
ちなみに、「あのシーン」の撮り直し版は本作では観れない。大人の事情によるものだろう。プラウズとベイダーマスクを同じ映像に映すことすら禁じられているらしい。その点、本作ではうまいことベイダーの「シルエット」を活用して、法の目をかいくぐった演出を実現していたと思う。色々考えさせられる映画だ。
**********
結局映画では顔が出ることがなかったダースベイダー役を焦点に当てたお話
コンセプトでもある監督の目的や言い回しに懐疑的な気持ちになって、乗れずに最後まできてしまった。
権利とかの問題なのか出来上がった作品を見せてくれないモヤモヤ感が残りました。

映画史上に残る世界的大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズのエピソード4~6で絶大な人気を誇る悪役ダース・ベイダーのスーツアクターを務めた、俳優デヴィッド・プラウズ。しかし彼は、シリーズの生みの親ジョージ・ルーカスとの間でトラブルが重なり、初期シリーズの最終章エピソード6では大幅に出演シーンを減らされ、あの有名な親子の対面シーンは別俳優で撮影されてしまう。それをきっかけに、今でも彼は「スター・ウォーズ」公式ファンイベントへの出入りは禁じられている。当時一体、両者の間で何があったのか?その真実を明らかにするため、ダース・ベイダーを深くリスペクトする映像クリエイターが、当時のスタッフ、キャストに取材を敢行する。そして、もう一度、史上最も有名な悪役として、あの名シーンを演じて欲しいとデヴィッド・プラウズへの説得を試みるのだが。。「スター・ウォーズ」シリーズでダース・ベイダーのスーツアクターを務めたデヴィッド・プラウズの真実に迫るドキュメンタリー。監督は自身も出演しているトニ・ベスタルドとマルコス・カボタ。

僕自身がスター・ウォーズにどれだけリスペクトしているかということは、スター・ウォーズ関連作品の感想文でいくつか触れてきたと思いますが、ファンにとっては有名な台詞「私がお前の父親だ(I AM YOUR FATHER)」という言葉がつけられた本作は、そうしたスター・ウォーズ伝説の中での隠れた歴史をあぶり出しているドキュメンタリーといえるかもしれません。ダース・ベイダーといえば、主役のルーク・スカイウォーカーよりも有名で、彼だけでもシリーズを代表するキャラクターとして、今でも様々なシーンで登場してくるくらいです。もちろん、あの風貌ですから彼の素顔はさらされていないんですが、スーツ・アクターとして彼の一挙手一投足を演じたプラウズは、スター・ウォーズファンでは知らない人はいないほど影のキャラクターとして有名な存在です。僕がいいなーと思うのは、エピソード4の冒頭にレイア姫を捉えるために宇宙船に乗り込んでくるシーンや、遅れているデス・スターの建設に対し提督を締め上げるところ(これは本作でも取り上げられていますが)、エピソード5での有名な父親だと告白していくシーンの恐ろしさの中にも漂わせる哀愁さみたいなものは、やはり顔は見えなくても、ベイダー卿はプラウズの役柄(それはR2-D2やC3PO、チューパッカなどのスーツアクターも一緒なんですけどね)といえるかもしれません。

しかし、確執が起きたのはエピソード6での製作作業のとき。ファンなら、最後の最後にベイダーがマスクを取り、ルークと会話をする有名なシーンがあることが分かるし、プラウズの顔を知ると、あれが彼ではないことは一目瞭然でしょう。その裏側で行った出来事を紐解いていくわけですが、そこで何があったのかは映画を見ていただくとして、、重要なのは、こうした負の一面(S.W.的に言えば、ダークサイドストーリー)ながらも、プラウズ自身が今でも謙虚にスター・ウォーズ・レジェンドを支える一員としてファンの期待に応えているということ。その真っ正直さがルーカスとの衝突を産んだ原因でもあるわけですが、そうした出来事が起きた後でも、彼は彼であり続けたことがダース・ベイダーという1つの突出したいるキャラクターを生み、今でも愛されている由縁だと思います。

ただ、こうした一面を有名なあのシーンをプライズを使って再現するという試みが、彼の隠されていた自尊心を揺り動かすわけになるわけですが、それがいいのか悪いのかは好き嫌いが分かれるところかなと思います。スター・ウォーズの爆発的なヒットはルーカスからディズニーに受け継がれ、それが今後も続いていくわけですが、今でも公式にはプライズを否定し続けるルーカス(もしくはディズニー?)側の対応が、レジェンドの1つの傷に見えなくもありません。
>|