ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

vivi

viviの感想・評価

2.9
盲目の人がすごく良かったです。
キャラも戦闘も良かった。

でもハマんなかったなー…。
オリジナルトリロジーにあんまり思い入れないからかなー…。
いいところはたくさんあったんですけど…。

◆前半は好き、後半は嫌い
密命を帯びた同行者がいる緊張感。
集まって行く仲間はそれぞれ事情があって多彩で、
目的に近付くのと同時に主人公の過去に迫って行く。
前半は結構好みの筋書きです。
ジンは最初は両軍が敵だったのに、反乱の動機を見つけて奮起するとこも良く描けてました。
後半はドンパチしてるだけですね…。
それが観たい人には良いのかも…でもあんまり爽快感もなかったので退屈しました。
たぶん戦闘機の空中戦に興味がないからです。

◆Ep4への繋ぎはカンペキ
ベイダーを小出し(大出し!?)にしつつ、このまま続けてEp4観たくなるように仕上がってて、こだわりを感じました。
各所のファンサービスもかなり充実してます。

◆ストーリーラインが微妙
ぐっと来たり熱くなるシーンは結構あるんですけど、その間でダレてた印象。
飽きたなーっと思い始めた頃には次の山場が来るんですけど、やっぱり集中力散漫気味でした。ファンサービスとの兼ね合いもあるので仕方ないけど。
後はこれも設定上仕方ないけど、
ライトセーバーはもっと観たかった…!
序盤はちょっと退屈だったけど、終盤の戦闘シーンは
真にSTARWARSという感じで、
とても胸が熱くなった。

主演の2人のバックグラウンドも
きちんと説明されていて
応援せずにはいられない。

他の登場人物たちとも
強い絆を感じたし、
スターウォーズいいなーと思った。
mikioart

mikioartの感想・評価

4.0
SWってジェダイいなくても面白いの作れるのかと感心しました。
えり

えりの感想・評価

3.8
この映画のドニーイェンさんの役が好き・・・
最期も美しかった
安易な恋愛描写とかじゃなくて友情描写がよきかな・・・
スター・ウォーズのソリッドで良き部分がつまった作品だったと思う。めちゃめちゃ泣いてしまった。オーベイビースターダスト。たくさんの人が関わりすれ違い去っていくけど繋いでいくものがある。レイア姫の凛々しさ頼もしさがすごく心にしみた。それはそれとして、マッツ・ミケルセン強そうすぎてあの程度では死なないよね?とは思った(2017/6/26
Aris

Arisの感想・評価

3.7
スターウォーズシリーズは、フォースの覚醒を見るまで一度も見たことなかった私😅ヨーダって何…⁉︎というレベルw
それが今はスピンオフまで楽しめるくらいに✌️😆
『デス・スターの設計図』を手に入れるまでにこんなに壮絶な戦いがあったとは!本編に負けず劣らず、ハラハラドキドキで面白かった✨
面白かった〜〜
外伝にしておくには濃ゆい内容だし、続いてEp4を見返したくなる流れが胸熱。
でもちょっと切ないね…
SW詳しくなくても楽しめたけど、詳しければ何倍も楽しめたんだろうな〜

ていうかピーター・カッシング!思った以上に出番長いし台詞も多くてビックリ。故人も蘇らせるとか、もう何でも出来ちゃうんだね。
あとベイズ役のチアン・ウェンって、姜文かいな!あの「紅いコーリャン」の!すごい大物を引っ張ってきたもんだな…てか漢字で書いてくれなきゃ分かんないよ!笑

技術進歩のおかげで、Ep7や今作で迫力ある戦闘シーンが描かれるのを見るたび、相対的に、
イウォークめっちゃ つ よ い !!
ってことになるんじゃ…?って心配になる。
(日本公開時のレビューです)
kumakura

kumakuraの感想・評価

5.0
ディズニーが生み出したスターウォーズの中で1番面白い‼️いや映画では唯一か❓2番は勿論、アニメシリーズの反乱者たち❗️
ボブ

ボブの感想・評価

4.5
2016/12/16鑑賞。ep3とep4の間が舞台の今作は、デススターの設計者を父にもつ娘ジン・アーソの物語。冒頭の20世紀FOXのファンファーレもSTAR WARSのテーマも無く、寂しさを覚えます。ep4に繋げる為に必要だとは分かっているのですが、それでも前半の展開は退屈です。それらが相まって正直「あ、これハズレかも…」と少し落胆しました。ところがラスト30分ですよ。もうSWファンは絶対に見るべきです。宇宙戦も地上戦もベイダー無双も大興奮でした。 90点。
つな

つなの感想・評価

4.5
SW本編が偉大な血筋の物語なのに対し、ヒーローではない名もなき者たちの戦い。それにまずぐっときたし、ジンとキャシアンという孤独なふたりが出会って、反発し合うけど、そういう者同士にしかわかり合えない分かり方でお互いを受け入れて癒されていく、そこがものすごく良かったです。
ふたりのラストシーンは最近見た中でも屈指の美しいシーンでしたね。
>|