ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

れぼこ

れぼこの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

エピソードⅢの後に鑑賞。
フォロワーさんのアドバイスがなければこのタイミングで観ることを逃していたであろう作品。

キャストからもうテンション上がりまくりです!
フェリシティ・ジョーンズにフォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、ドニー・イェンまでいるなんてもう、それだけで泣いちゃいました。
キャラクターのバランスが絶妙!
メインキャラの個性がいい塩梅で、大好きになりました!それはもう儚いくらい…🙈

ストーリーが進むにつれて、とめどなく溢れる悲哀成分。
どうなるのか分かってしまいますもんね。
だからこそ涙ボロボロ流しました。
終盤のダース・ベイダーのシーンでまたテンションが乱れる。
エピソードⅢの後だからこそ。

見事な付線回収を経てエピソードⅣへ希望を託すストーリー。
エピソードⅣを観ている時に、彼らの功績を思い出すのでしょう。
素晴らしい作品でした。
ARB

ARBの感想・評価

3.2
よかったけどこれは予習が必要だと思った。どこがどう繋がって、どういう状況の話か把握するのに時間がかかった。今度3、ローグワン、4と見ます。
Yui

Yuiの感想・評価

2.0
話がわかんなかった🙀💦
シリーズをもっと色々見てからもう一回改めて見ます。
hyuGa

hyuGaの感想・評価

5.0
地獄と化した世界に希望を照らす、きらめく星くずと仲間たち。

これほどまでに感動したスターウォーズシリーズはありません。ただ、この感動は新旧三部作がなければ起きなかったでしょう…
各キャラクターごとにストーリがしっかりあり、全員に感情移入して泣けてくるし、応援したくなる。
そしてなんと言ってもラスト3分は衝撃的すぎて大号泣でした。この作品を見ると、スターウォーズが好きでよかったとつくづく思う。
テロリスト目線って感じ。
自爆テロを美しく描いているような…なんとも言えない気持ちになりました。
tekito

tekitoの感想・評価

4.4
2017.劇場にて観賞 思い出し

登場人物の名前が、後世に、つまりEP4以降に一言も出てこない時点で分かってはいた。
分かっていたつもりでも、実際に命懸けで戦う姿を見たら、そりゃ泣くでしょ。。

一番胸熱なのはダースベイダーに追われる中で希望のバトンを渡し続ける反乱軍兵士達!
ジンやキャシアンもその後の歴史においては名もなき英雄だけど、劇中に名前すら触れられない一兵卒でさえも大義のための自己犠牲を厭わない。
その結果勝ち得た帝国への勝利だと思うと、自由への闘いって並大抵じゃないよなと思い知らされる。

これはもちろんSWユニバースのフィクションなんだけど、実際の地球上の歴史においてもそういった名もなき英雄によって今の社会があるんだよなと思うと、感慨深い。

キャシアンの、後ろめたいことによって手を汚してきたと打ち明けるシーンも涙なしでは見れない。。

みなさんおっしゃる通り、SWで一番好き。
傑作だと思う。
なつこ

なつこの感想・評価

5.0
最初から結末はわかってたけれど熱くなった。スターウォーズシリーズの中で一番すき。
xyz

xyzの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

繋がった!新三部作と旧三部作が繋がった!
シリーズ上は決して重要ではない、謂わば名も無き戦士たち(もちろんK-2含む)の戦いぶりに涙!
彼らの死は無駄ではない!
そして、まさかの若きレイア姫の登場に涙!←これは技術の進歩に感謝。

また旧三部作を一から観たくなりました。
#2016-119 IMAX3D
スターウォーズシリーズは苦手だし、フェリシティジョーンズは苦手で、ハマるか不安要素しかなかった。
が、結果こういうのが見たかったし、一年の締めにふさわしい一本だった。

フタをあければスターウォーズのカケラもなくて、シリーズに位置するただの戦争映画。
名もなき人々が、フォースを信じ、愛を信じ、希望を信じ、仲間を信じ、闘い散っていく。かたや中間管理職の悲劇。
そして圧倒的絶望体現するダースベーダー。
こんなの涙なしに見れようか。
Reina

Reinaの感想・評価

3.0
中盤までストーリーを理解するのがとても大変だった。
スターウォーズシリーズを全部見たらまた見てみたい
>|