ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

上映時間:134分

4.0

あらすじ

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

結末決められてるのに凄い出来!!
ep4がより楽しめる気がする!
おざ

おざの感想・評価

4.5
EP3とEP4の間のお話。
いかにしてレイア姫の元へ
デススターの設計図が渡ったかという
前日譚のスピンオフにもかかわらず
僕はSW史上歴代最高作に
位置付けられると思う。
遥か昔の銀河の戦争のお話である
このスターウォーズにおいて
もっとも戦争らしい残酷さと
非常さとそれでも大義を見つけ
己のやるべきとことを全うしようとする
人間像がたくさん見えた
ある種滅びの美学のようなものを感じた
全員で繋ぎ紡いだ〝希望〟こそが
後の4.5.6につながる
彼らなくしてはスターウォーズが
なかったといえるような
創作物だった。
中でも粒揃いのメンバーが
寄せ集めから選りすぐりになり
皆で戦いに向かう様は痺れた。
しかもジェダイでもなく
スカイウォーカー家のものでもなく
一般市民たちの魂のリレーは
見てて感動しました。
大サビともいえる
最後の戦闘シーン、大傑作だと思います。
く

くの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

 久しぶりに。
いっちゃんスタウォーズしてるスタウォーズ。
戦争映画。
ディエゴ・ルナやっぱり大好き。
最後のダースベーダー無双シーンはカッコよすぎ‥
8月にから始まるキャシアンのドラマもなぁ楽しみ
んー、1つの映画としては面白いけどスターウォーズとしてだといまいちかも。。。
スピンオフだから仕方ないけど登場人物が初出だから思い入れもなくなんかやってんなぁくらいにしか思わなかった(笑)
でもCGの技術の進歩は凄い感じたから自作が楽しみ
シリーズで一番良い。スター・ウォーズは宇宙空間だけの戦争ではない。地上戦の大迫力。デス・スターの残虐性。ジワジワ星を破壊していく様は見てられない。レジスタンスの奮闘と自己犠牲。K2の最期で泣いた。希望を胸に戦い、迎える残酷なラスト。そして『新たなる希望』へ。
時系列的にはオビワンより後
反乱軍がデススターの設計図を手に入れるまでの話。

こんなに面白いと思わなかった。
ヒカル

ヒカルの感想・評価

4.0
スターウォーズシリーズで一番おもしろい!
ウジウジする主人公とかグダグダなジェダイとか、そういうのが出てこなくてサクサク展開が進んで楽しい!
主人公サイドがただの兵士だっていうこともよかった。フォースとかがないぶん各々の力で戦わなければならない、その緊張感が見ていて伝わってくる。
個人的には推しのマッツとドニーイェンが出てて好き

このレビューはネタバレを含みます

179/220702 Disney+

スター・ウォーズシリーズ
スピンオフ作品(1作目)

マッツ・ミケルセンだ!
最初汚れてたからわからなかった!笑

ジン、、
お父さんと再会できたと思ったら
目の前で失ってしまうの悲しすぎ
お母さんも目の前で失ってたよね…
育ての親もじゃん…

後ろ姿でC3POとR2が…!
いつのなんだっけ今。笑

ローグ・ワン…
悲しすぎて言葉失うラストだったけど
レイアに繋がったぁー!!!

ここがエピソード4に繋がるのかぁ
最高でした
ありがとうローグ・ワン
くま

くまの感想・評価

4.1
ライトセイバーとジェダイ無しでここまで面白いストーリーにできるのがすごい。
スターウォーズらしい派手な戦闘が無い分最後のダースヴェイダー登場シーンは絶望感がすごい。
父親が残したわずかな希望を娘と反乱軍が繋いで死んでいくのがかっこよすぎる。
DY

DYの感想・評価

4.2
ジンの言っていた、
希望があるからこそ反乱軍はある

希望が繋がった作品

最後の暗闇からのライトセーバーで照らされるダース・ベイダーはめちゃくちゃカッコいい登場

C-3PO、R2-D2、LO-RA59、NED-B
今まででたドロイドの中で
K-2SOが一番好きになった
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品