ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

YokoOishi

YokoOishiの感想・評価

5.0
全てはここから始まった!
全部見直さないと!と思った!
スターウォーズ熱のスイッチがオンになった作品だった。
話的には3.5になる裏方が頑張る映画?
後ろの話に影響出ないようにみんな死んじゃったのが悲しいけど、その儚さがたまらない。
そしてジェダイだと結構落ち着いた雰囲気出てるけど、裏方だけあって世界を守るために必死こいて闘ってる姿がかっこいい。
なんかホース使ってる人いた気もするが結局どっちなんでしょうな
mayu

mayuの感想・評価

5.0
鑑賞中に二回泣かされた。
近年公開のSWの中ではこれが一番の良作ではないかと思う。

“反乱者たち”を観てる側にも嬉しいゴーストの船とか出てきてたみたいだし。(私は映画館では見つけられなかったw)
反乱軍は命懸けの作戦でデス・スターの設計図を手に入れた
そんな感じのエピソード4冒頭の1文が1本の映画になった。
歴史には残らない人々の戦いによって、歴史が動く。

盲目の達人、ジェダイ超えてませんか?
YukiNak

YukiNakの感想・評価

4.8
前半は入り込めずいまいちだったけど、話が進むにつれ、ジェダイのように特別な力を持ってなくても、未来のために命がけで尽くす登場人物たちの姿に泣きそうになった。そしてラスト、4へ続く流れが素晴らしかった。
シリーズの中で一番だと思う。
思わずレンタルしてた返却直前の4を再び見返してしまった…
すげー面白かったです!

4を見ているとすごく深みが増すと思います!

それにしても泣けるわ…

ベイダーかっこよすぎる
秋桜

秋桜の感想・評価

4.0
悲しいけれど、重要なストーリー。もう一度4~6を観ようと思った。
hase46

hase46の感想・評価

4.3
スターウォーズの3と4を繋ぐ番外編。

フォースやライトセーバー、ジェダイは出てこないものの反乱軍の活躍を見てるだけでスターウォーズの世界に浸れます。

活躍だけではなく、希望を未来に繋げるために命を落としていく者たちが多くいます。そのほとんどは歴史に名前すら乗らないような名もなき者たちです。その名もなき者たちの活躍により未来が繋がっていく。それは日本の歴史にも言えることなのかもしれません。

あと、スターウォーズはやっぱり魅力的なドロイドですね。今回も憎めない愛すべきキャラクターになってました。

2018.5.15.135本目
あん

あんの感想・評価

4.0
スターウォーズシリーズはあまりはまらなかったけどこの作品は好き。
メロー

メローの感想・評価

4.3
物語の時系列は『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前に当たり、同作の冒頭でも触れられた銀河帝国軍の宇宙要塞である初代デス・スターの設計図の強奪任務を遂行した反乱同盟軍の活躍が、同作の10分前まで描かれている。

前半は登場人物やデス・スター設計の背景説明などで少し長いように感じたが終盤の戦闘シーンなどは圧巻だった!

持たざる平凡な兵士たちの犠牲無しではデス・スターの設計図は奪取はなしえなかった、そして最後のシーン「希望です!」のセリフで映画が終わった時には思わず「おー」と言ってしまった!
>|