• Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想・レビュー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    ギャレス・エドワーズ
    脚本
    クリス・ワイツ
    キャスト
    フェリシティ・ジョーンズ
    ディエゴ・ルナ
    ベン・メンデルソーン
    ドニー・イェン
    チアン・ウェン
    フォレスト・ウィッテカー
    マッツ・ミケルセン
    アラン・テュディック
    リズ・アーメッド
    あらすじ
    スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

    「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・レビュー

    ボロロボ
    ボロロボの感想・レビュー
    16時間
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    SWファンです。
    あまり期待せずに観たのですが、ちゃんとEP4「新たなる希望」に繋がっていたし、悲しい展開ではあるけど、再観賞したいと思えた作品でした。
    結局仕事が忙しくて映画館では2回(吹替版とIMAX3D字幕版)しか観られなかったけど、予約してBlu-rayが届くのを楽しみにしてます。
    マラソンマン
    マラソンマンの感想・レビュー
    22時間
    2.9
    世間の評判も上々で、正直めちゃめちゃ期待しましたが、あまり乗れませんでした…映像や美術は超一流だと思うんですが、お話が…

    とくに重要なポイントの「仲間」の結成までの描き具合が致命的に描き足りないので、せっかくのアツいシーンである、俺の屍を越えていけ!の部分が、どうでもいいわ!ってなりました。

    あとラストのディスクうんぬんのくだり…他の映画で何回も見た!こんなシーンを丁寧に描くなら、せっかく美しい海岸線があるんだから、そっちでのドンパチをもっとみせてほしかった。

    エンタメとしての完成度はep7の方が断然上だと思います。

    ベイダー卿は良かった!
    ネクサス
    ネクサスの感想・レビュー
    1日
    4.7
    あれ?スター・ウォーズで1番面白い?笑

    昔の戦争映画っぽい。
    「〜の要塞」とかタイトルがついてそう。
    イーストウッド主演でもいけそう。

    ラストは感涙ものですね。エピソード7の100倍は面白いと思いました。
    やま
    やまの感想・レビュー
    1日
    4.2
    スピンオフっていうけどスターウォーズ史上一番面白かった。
    いつもだったら兵士とか倒されても死んじゃったんだとか思うくらいなのにそれが今作は違った。一人一人が英雄であって希望だったから最後のシーンは特にジーンときたね。そしてEP4につながるシーンでは今までにみた設計図とは違う重みがあった。
    Masumi
    Masumiの感想・レビュー
    1日
    3.5
    IMAXで観てたら涙が出た。もう一度観たいと思っていたのに...行きそびれたのは残念😓
    momo
    momoの感想・レビュー
    1日
    4.8
    THE 原点回帰!!
    スピンオフでありながらフォースの覚醒で消えつつあった元祖SWの世界観を完璧に再現している上、ファンを虜にするシーンをこれでもかというほど詰めたこの完成度はもう圧巻としか言いようがない…。

    SWを全部観ているからこそ隅から隅まで理解できるストーリーと懐かしのキャラを登場させたりなどのファンサービス。監督のSW愛をひしひしと感じることができ、本当に最高の作品に仕上がっていると思う。

    キャスト陣の役のハマり具合もよかった。
    フェリシティはフワフワした可愛さがあるかと思いきや強くたくましい "闘う女性" を見事に演じていて一気にファンになった。
    ディエゴ・ルナはインタビュー動画ではパッとしなかったけど演技を見るとかっこよく、ジンを支える立場を担って仲間をまとめるカシアンにとても好感を持てた。
    ドニー・イェンは本作で初めて見たものの武術のスキルが半端ないアクションに思わず見入ってしまうほどインパクトが強かった。

    そしてジンとゲイレンの親子愛にはいくら感動してもしきれず、知らぬ間に目から大粒の涙が。
    マッツミケルセンはやはり偉大。

    エピソード8よりもこのシリーズの続編への期待の方が大きいかもしれない。
    >|