• Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    ギャレス・エドワーズ
    脚本
    クリス・ワイツ
    キャスト
    フェリシティ・ジョーンズ
    ディエゴ・ルナ
    ベン・メンデルソーン
    ドニー・イェン
    チアン・ウェン
    フォレスト・ウィッテカー
    マッツ・ミケルセン
    アラン・テュディック
    リズ・アーメッド
    あらすじ
    スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

    「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

    AK
    4.4
    シリーズ知らない人も見るべき 大感動
    takibi
    4.0
    うむ。
    別段感動はないが、単純に面白かった。

    このレビューはネタバレを含みます

    エピソード4につながるストーリー
    観る前に期待しすぎてしまったのか
    観始めても気持ちの高ぶりは全然なく
    それでも終盤の盛り上がりには高まりましたけど
    ネタバレしてから観たのでバタバタと死んでいくのは微妙でした
    主人公も死んでしまうし、ていうか作戦に関わった人達全滅してるし
    後から関わってきた反乱軍は多少は生き残ってるっぽいけど
    ストーリーが雑で作戦がデタラメなのはスターウォーズらしいと言えばらしいですけど、それにしてももうちょっとなんとにらなかったのか
    自分は全然クリエイティブでは無いと思っていますが、主人公の設定やストーリーなど、こうなれば良かったのになあって妄想しました
    ようじ
    4.2
    「遠い昔 はるかかなたの銀河系で・・・」っていうオープニングがスターウォーズの好きなところのひとつ。
    yama
    1.5
    飛行機乗ってピュンピュンやってるのは飽きた。
    ep7ってなんやったんやカイロなんたらってベイダー卿どころかクレニック長官にも劣るなと気づける作品。チームまぁまぁ人数おるけどキャラたってていい。話のテンポも悪く無いし結末わかってんのにいちいちどーすねんどーすんねんってなれた。

    戦闘シーンもウォーズ感あってよかった。反乱軍一般兵意識高すぎる。たぶん総合職正社員。でも帝国軍も最後らへんはめっちゃ強かった。エリア職の正社員。あいつらと比べたらep7の敵は登録制アルバイト。

    でもまさか主人公らが命がけで送ったデータが普通のSDメモリみたいなんでリレーされていくと思わんかった。ベイダー卿が舐めプせんと普通に走ってきたらSW完結してた。
    >|