ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

最強に興奮した。
本当にもう興奮した。
最後のシーンは発狂した。
オタキ

オタキの感想・評価

4.2
結末がわかった瞬間がつらい
とてもしんどい名作
田村豪

田村豪の感想・評価

3.8
スターウォーズを観てないと訳わからないと思うが、知ってればとても良い作品でした。ジェダイもライトセーバーも無さそうで期待してなかったが、要所要所で大事なキャラを使い、楽しめた!

このレビューはネタバレを含みます

外伝でここまでのクオリティはさすがスターウォーズだな!
所々でのファンサービスもあって最後まで飽きずに魅入ってしまった。
最後のシーンでドニー兄貴がライトセイバー出すのかとワクワクしてしまったぜ!
K2といいサムライ風のおっさんといいキャラがまたグー
物語の運び方が神すぎる これに尽きる
弦

弦の感想・評価

3.5
スター・ウォーズ」シリーズの「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ、これまで語られることのなかった物語を映画化。「エピソード4 新たなる希望」でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図は、いかにして反乱軍の手にもたらされたのかを明らかにする物語となり、一匹狼のヒロイン、ジン・アーソが、反乱軍の仲間とともに、帝国軍からデス・スターの設計図を奪う決死のミッションに挑む姿が描かれる。主人公ジン・アーソ役はフェリシティ・ジョーンズ。監督はギャレス・エドワーズ。

内容は、普通に面白かった。
スターウォーズを知らない人が観ると話についていけないと思う。ダースベイダーの描き方が凄く好きだった。
少ししか出てないのにあれだけのインパクトを出す演出は素晴らしいと思った。

フェリシティ・ジョーンズの演技は、素晴らしかった。助けたくなる演技は、良い。

映像は、とても良く、CGも良かった。
素晴らしい世界観なんだから、もっと、カメラワークを良くしたらもっと面白くなったと思いました。
今までのスターウォーズ史の中で最高傑作。Warとは。hopeとは。
ストーリーもキャラクターも地味だし、中々宇宙のワクワク感みたいのも味わえないけど、これを見てこそ、スターウォーズを語れるのかな、と。
ラスト10分が本当に感慨深く、これを見てからダース・ベイダーに本格的に惚れ込んでしまった。間違いなく最高の悪役。これからもスターウォーズには惜しみない愛を注ぎ続けます。
jonhomu

jonhomuの感想・評価

3.5
旧三部作最低でもEP4見てないとすごい地味な話だと思うんですが、見てるのですごい面白かったです!

脇役の個性がどれも良くて特にK2とチアルートみたいなキャラは日本映画とかにもいそうな性格のキャラで、R2D2とC3POのような黒澤映画から影響を受けたみたいなキャラなのかなと思ったり…

これ見たらEP4見たくなりますね…
あ

あの感想・評価

4.4
なんだこれめちゃくちゃ面白い…
やはりスターウォーズ面白い……
ちゃんとBlu-ray買って勉強しよう…
この映画が存在するだけでエピソード4が格段に面白くなるし深みがでます。スパイス的な映画ですね。

正直フォースの覚醒が全然面白いと感じなくてむしろ冷めてしまったのでスターウォーズはエピソード1〜6で終わりだと勝手に思ってましたが、今作の素晴しさたるや…。

もちろんスターウォーズといえばジェダイ、ライトセーバー、フォースの力。全く出てこないのは残念なのですが、人間ドラマに主軸を置いたのは斬新で面白かった。
もちろん最後のアクションも大迫力、言うことなし。

しかし、キャラクターに特別感情移入するものではない。そりゃあだって前後のストーリーを知ってれば登場人物たちがどうなったかなんて容易に想像がつくし、それまでのキャラクターなんだから当然だと思います。不確定要素の多い“希望”を命をかけて次の者達へと託していく。絶望的な状況でも、死ぬとわかっていてもなんとかその場を生き抜いて“希望”のバトンを渡す。さすがにこの展開は熱くなりました。
結末がわかってるが故に切なくなるし胸が熱くなる。

この後登場するルークがいかに“希望”の象徴であるかよくわかりました。

そしてそして、感動もつかの間、あのダース・ベイダーの迫力に全てを持って行かれます。やっぱりベイダー卿の圧倒的な強さ。あんなにも赤のライトセーバーが似合うとは。絶対的な存在で帝国軍の恐ろしさがよく伝わってきました。
最後にファンサービスするかのような展開。


熱が冷めないうちにBlu-ray買ってしまおう……。
卑怯だよなぁ繋げ方がうまいからもう一回シリーズ見直そうってなるやん。
今までのSW実写映画で一番面白い。デス・スターの破壊力は無茶苦茶だし、ターキンは権力泥棒だし、ベイダー登場シーンの絶望感は凄まじいけど、相手が所詮兵卒っていうのがちょっと小物っぽいし。補完映画として最高中の最高。
STAR WARSファンは見て損はないです。スピンオフだけど金かけてます。脇役が主役よりも目立ってます。個人的にはK-2SOが良かった。

次のスピンオフも期待です☆
>|