プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命の作品情報・感想・評価

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」に投稿された感想・評価

RYAN

RYANの感想・評価

5.0
まずはじめに記念すべき500レビュー目です!
去年の3月から始めて1年間で500本。なかなかよかったのではないかとおもっております。
これも全てユーザー様方のおかけです。
これからもよろしくお願い致します。
500レビュー目ということで1番大好きな作品を再レビューしようとおもいます。

ストーリーは旅をしながらサーカスで働く無口な男。そして、新米警官。この2人の物語からこの2人の息子へと受け継がれていく3つの物語をギュッと凝縮して2時間に収めた作品。

1番大好きな作品
もちろんDVDももっており、この作品からライアンゴズリングを大好きになりました。このときのゴズリングの無口さ、そしてバイク、そして無口なのにも関わらず圧倒的な演技力。僕はやられました。そして、まだ売れる前のブラッドリークーパー。売れていたがハングオーバーなどコメディ色が強いと思われている中でみせたこの演技。泣けます。最初はブラッドリークーパー目当てでみたのに作品が終わる頃にはライアンゴズリング大好きになってました。そして、エヴァメンデス。デインデハーン。デハーンもこの作品で好きになりました。デハーンでよかったなとおもいました。
こんな斬新な作品でうまくまとめられておりなにより音楽もよく映像と音楽が本当にあっていて感動して泣いてしまいました。泣き続けましたw
時間があれば1度でいいのでみていただきたいです。損はさせないとおもいます!
ntm723

ntm723の感想・評価

3.8
観てて辛くなる展開が続くけど、最悪の結末にはならなくてよかった。
サングラスとか、アイスとか、所々に出てこなくなってからもライアンゴズリングを思い出させるヒントがあって、脚本のよさに気づく。
50Kenzo

50Kenzoの感想・評価

4.0
父親とその息子達のお話。

R・ゴズリングの存在感が映画の最後まで余韻を残す、不思議な映画でした。

ささやかな希望を感じさせるラストシーンもなかなか(-_-)
冒頭のサーカスシーン以後
気持ち右肩下がり
長谷川

長谷川の感想・評価

4.5
家族愛と逃れられないカルマを描いた作品。
緻密に心境を描く素晴らしい脚本と構成が各キャラクターへの感情移入を見事に誘う。全員が自分の人生をただ生きようと必死なだけなのだが、その糸は複雑に絡み合い縺れ思わぬ結果を生んでしまう。

タイトルの「The place beyond the pines」
ここで示す「松林」とは宿命のメタファーであるように思う。宿命を超えた先にある場所。ジェイソンとAJには何があるのだろうか。
最後になるがデインデハーンは猫背過ぎ。
デインデハーンの目がキレイ✨
みはじめてすぐ以前に観てたことを思い出すパターンでしたが中々どうしてこの作品2回目でも楽しめました😃
ねね

ねねの感想・評価

5.0
ただただ、その運命が悔しくて泣いた
maki

makiの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最後の家族写真が出てきたところで涙が出てきた。
音楽とかカメラの感じからか、緊迫感のあるシーンが多かった。映画は三部構成になっていて、主人公が変わるのはおもしろい。
自分の子どもを見てバイクのスタントマンをやめて町に残ろうとするLuke、お父さんの存在を知ってAJやRobinを殺そうともしてしまうJason、どっちも存在を知っただけでそんな行動に出てしまう、これも家族愛なのかなー
最後、AJがお父さんを見て笑うシーンとJasonがバイクで走り去ってくシーンは2人が変わるきっかけのように見えた。そうなるといいな。
タイトルの”beyond the pines”はニューヨークのSchenectady市のことみたいだけど、それ以上の意味があるんだろうなぁ。
KADFILM

KADFILMの感想・評価

3.7
494投稿目

このレビューはネタバレを含みます

とてもよく練られた3部構成の素晴らしい作品でした!

劇中には、ルーク&ルークの息子のジェイソン&エイブリーを中心とした対比的なシーンが多くあり、作品のテーマでもある運命(宿命)を綿密な構成で表現していたように感じました。
すべての物語は狭いコミュニティの中で起きており、登場人物たちは皆が本当に欲しいものを望みつつ、もがきながらも生きています。

そんな閉塞感と緊張感が常に張り詰めた物語は、
見晴らしの良い美しく広々とした風景をジェイソンがバイクで走り去る姿にて終わりを迎えます。
この映画はバイク乗りだった父のルークがバイクショー(閉ざされた空間をグルグルと回る)をしているシーンで始まりますが、父とは違った未来を予感させる素晴らしい対比でした。
作品名の「松林の向こう側」も、よりこの作品を味わい深いものにしていると思いました!

・・・それにしてもライアン・ゴズリング格好良すぎる!!
>|