プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命の作品情報・感想・評価

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」に投稿された感想・評価

RYAN

RYANの感想・評価

5.0
まずはじめに記念すべき500レビュー目です!
去年の3月から始めて1年間で500本。なかなかよかったのではないかとおもっております。
これも全てユーザー様方のおかけです。
これからもよろしくお願い致します。
500レビュー目ということで1番大好きな作品を再レビューしようとおもいます。

ストーリーは旅をしながらサーカスで働く無口な男。そして、新米警官。この2人の物語からこの2人の息子へと受け継がれていく3つの物語をギュッと凝縮して2時間に収めた作品。

1番大好きな作品
もちろんDVDももっており、この作品からライアンゴズリングを大好きになりました。このときのゴズリングの無口さ、そしてバイク、そして無口なのにも関わらず圧倒的な演技力。僕はやられました。そして、まだ売れる前のブラッドリークーパー。売れていたがハングオーバーなどコメディ色が強いと思われている中でみせたこの演技。泣けます。最初はブラッドリークーパー目当てでみたのに作品が終わる頃にはライアンゴズリング大好きになってました。そして、エヴァメンデス。デインデハーン。デハーンもこの作品で好きになりました。デハーンでよかったなとおもいました。
こんな斬新な作品でうまくまとめられておりなにより音楽もよく映像と音楽が本当にあっていて感動して泣いてしまいました。泣き続けましたw
時間があれば1度でいいのでみていただきたいです。損はさせないとおもいます!
しんや

しんやの感想・評価

3.9
ゴズリング目当てで見たが
見応えがあり、面白かった
見終わっても色々な感情が湧くし
こういう作品、好きだな。

銀行強盗、警察官、そして彼らの息子たちがそれぞれ主人公となる3部作。

登場人物の心情がとても丁寧に描かれているので、完全なる悪人も善人もいない
善と悪、光と影の部分を誰もが持ち、
その間で苦しみもがく姿は、見ている私たちにも重なるから、しんどくもあるね〜

ラストも色々な受け取り方があるかもしれないなぁ〜
私は父と同じようにバイクにまたがって走る姿にどこか希望を感じた
自分と同じようになって欲しくないとルークは言っていたが、彼の想いは届いたと信じたい!
mktknk

mktknkの感想・評価

4.0
アイムユアファーザー
がい

がいの感想・評価

3.8
驚き
①後半にもベンメンデルソーン登場‼︎このお得感
②コフィ役は「ムーンライト」の人じゃんか‼︎しかもベンチに座り、もろムーンライトしてるし‼︎んでSWの真似かよ‼︎しかも相手はデインデハーンて‼︎このパートだけの映画化希望
③ベンさんとデハーンの場面のベンさんの台詞回し最高。しかしベンさんとゴズがワンコと一緒に踊る場面も捨てがたい←このワンコの伸びきった手が可愛すぎる
④途中流れる曲が「キャメロットガーデンの少女」と同じでエンディング曲が「君と歩く世界」と同じじゃんか‼︎どっちも好きな作品 かぶってるー‼︎
⑤ゴズと彼女は実生活でもデキてたんかー‼︎お子ちゃままでー‼︎←今更知る今日の最大の驚き。
tottsun

tottsunの感想・評価

3.8
個人的にライアン・ゴズリング祭り開催中6⑥
私が最近見た映画129
「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ /宿命」
移動遊園地でバイクショーをするルークは元恋人のロミーナと再会する。
そして彼は彼女が自分の子を産んだことを知る。
彼は彼女と子どもを養いたいと決めたものの、お金の余裕の無さからある人にそそのかされ銀行強盗をするようになる。天才的なバイクテクニックで捕まらずにいた彼だが、何度目かの時いよいよ新米警察のエイヴリーに追い詰められる…
「ブルーバレンタイン」の監督の作品です。
最初のシーンでルーク(ライアン・ゴズリング)がナイフを振り回している姿を見て「あぁ、また私の苦手分野の予感…」と思ったけど途中から引き込まれました。
最初の出だしで140分をこれでどう描くの?って思ったけど途中あるシーンで更に「え、これ残りをどうやって描くの?」って思わず気になるんです!
そこからは色んなことがリンクしてそのまま引き込まれました。
にしても「ブルーバレンタイン」同様彼の役は…自分のことは棚に上げて相手のことは非難するけど、相手に自分のことを非難されると俺は悪くないんだと主張…「まったく…」ってそりゃなりますよ!
でもアイスクリーム屋さんの前で撮った家族写真は良かったな。
私的には☆☆☆.8かな。
SZissie

SZissieの感想・評価

3.0
I am your fatherと笑う義父が素敵だった。全体を覆う重い空気がつらく、もう少し光が欲しかったな
otom

otomの感想・評価

4.7
内容は違えども、安堵できるラストは前作と共通している様にも思える。スタインベックを読み終えた時みたいな感じ。メタリカTが異常に似合うゴズリングから始まる物語は因果とは云うものの、子供の代まで不幸な地雷を踏みまくる。が、終わってみると脇役以外は良い奴ばっかりだったと云う気持ちの良い一本。最後のボン•イヴェールが沁みる。傑作。
テーマが掴めないため

私には難しい作品でした。

ルークの息子への愛が伝わっていた事が救いの作品?
>|