ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

Yukimin

Yukiminの感想・評価

3.0
刑務所内ってこんな施設あるのかな? エリートサラリーマンが生きる為、家族の為にギャングになって行くストーリー。もっとハラハラするのかと思いきや、静かにストーリーは進んでいきます。山場とかは無いけど退屈はしなかった。
こやち

こやちの感想・評価

3.8
「これがアメリカの刑務所の現実だ」ってウソ〜ん。あんな刑務所ホントにあるの?怖すぎる。交通刑務所って無いの?あんなモンスター達と一緒じゃ更生なんて全く無理でしょ。
刑務所に入ったら何はともあれ身体鍛えないと。_φ(・_・ 頭脳が一番大事だって言ってたけど、最終決戦はバトルになってたからねぇ。

実際はどうあれこの映画観ちゃったら刑務所には絶対入りたくない。昔、アメリカのフリーウェイでスピードオーバーで捕まったのを思い出した。事故らなくて良かった〜。
TD

TDの感想・評価

4.6
圧倒的重厚感。

生々しい痛みと絶望的な切なさ。

しかし一人の男の覚悟と生きざまに心震えさせられる。
小結

小結の感想・評価

3.5
覚悟のあるやつはかっこいいな。
主人公の変貌ぶりがゾクゾクします。
刑務所での乱闘シーンがよかった。
pero

peroの感想・評価

3.6
ギャングは恐ろしい。
主人公は、元からその才能がありそうだったけど。
ドラマ10話ぐらいでしたら、傑作になったかも。
いろいろ、駆け足だったので。
short

shortの感想・評価

3.6
ニコライ・コスター=ワルドウ(名前が難しい)あんなにかっこよかったのに!
これ、特殊メイクでもしてるん?それとも役作りでこんなにキン肉マンにしたの?どちらにしてもすごいイメージチェンジ!
物語的には切なくてカッコいい、ギャングの世界に身を置かざるを得なくなってしまった男の、哀愁漂う人生を描いてある。
しだいに主人公の身に何が起きたのかが明かされる、回想部分も興味深い。
内容は違うけど、ドラマ『ナイトオブキリング』を思い出した。
映画とは関係ない話だけど、情報バラエティ番組で、海外、たぶんアメリカのどこかで、少年たちに刑務所の見学をさせたところ、非行率が減ったと言っていたような記憶がある。
この作品のように、刑務所に入ってしまったら、更正どころではなくなるのだろうか。それを周知するのは、少年犯罪の抑止に繋がるという意見にも頷いてしまう。
ともかく、ある種の刑務所はとんでもなく怖いところであり、自業自得とは言え主人公の人生があまりにも違ってしまったことには、気の毒すぎて、なんとかできなかったのだろうかと思えてならなかった。
655321

655321の感想・評価

3.5
良きパパが刑務所の中でママにならないために筋トレをしたら、オジキになりオヤジになってしまうお話。

主人公の損得勘定の速さは尋常じゃない。
元金融マン“マネー”なだけあって損切り。損切り。損切り。
だがこの泥沼からは抜け出せない。
損得勘定はこの刑務所で生き残るためには必須の能力だが、この倫理なき能力によって表舞台が遠ざかる。
刑務所という存在の矛盾を炙り出す。

刑務所は司法の手前にある。
それでも最後の手紙は気付かせてくれる。
家族は司法の先にあることを。
結局のところ、ある時点で人生投げちゃってた、ということかと思う。自分を売る責めすぎなのかなと。
mochikun

mochikunの感想・評価

3.7
プリミティブな暴力ばっかりだったので、いちいちギャーギャー声出しながら見てました。
なにしろ刃渡り10センチちょいくらいのナイフでサクサク刺すシーンばっかりだもんで、死に至るまでの苦痛時間を想像すると、意に反して笑っちゃいますよこんなの。
そして伝説(と言って良いと思います)のラストバトルは、もっと短いカミソリの刃で戦うわけですが、あんなん見せられたら大歓喜ですよ。しかも首の頸動脈からブシュブシュ血が飛び出るの最高でしたよね。
あれだけ大量の銃を取引しようとしてた人たちの決着のつけかたじゃないだろこれ! とナチュラルにツッコミ入れてること必至。

家族愛を描いたストーリーもホロっとさせられるわけですが、このラストはハッピーエンドと呼んで良いんじゃないでしょうか。
息子も恨んでいないと手紙に書いていたわけですしお寿司。

このレビュー書いてる時点で3.7点なんですけど、ちょうど3.7点って感じです。おっぱいも見れたのもまた良し。
ote

oteの感想・評価

3.6
家族を守る信念があればの行動ですかね。
動物園の檻の中に入れられる刑務所はほんとにあるんじゃろうか
>|