ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.9

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

hsmt

hsmtの感想・評価

-
プリズンサバイヴと同様に最高の作品でした。
父親として家族を守るが故にギャングに染まっていく様は、環境によって人は簡単に変わっていくいうのが伝わってきます。
バイオレンスシーン多いですがオススメです。
かわわ

かわわの感想・評価

3.7
刑務所と外の世界がハッキリしていたのが良かった。10年って言う時間の流れも分かりやすかったし何より演者がかっこいいやつ多くて痺れました。
mmmm

mmmmの感想・評価

4.0
その髭似合わない
なーんてことを考えながらも楽しめた。
そっちの世界でサバイバル〜〜
ごろう

ごろうの感想・評価

3.5
父親としての責任を果たそうとすればするほど父親でいられなくなるという異常事態に放り込まれても狂気に陥らなかったのは彼が父親であったからという絶対的合理に痺れる。
刑務所内で生き抜くためにはギャングのシステムに組み込まれるしかなく、罪を償うために入った場所で犯罪に染まっていく矛盾。そしてそこでは頂点に立たない限り上の指示し従う他なく、実質的に自分でハンドルを握ることはできず、表に戻ることもできない悪循環。

何が上手くて辛いって主人公の刑務所での監房の番号と、出所後に滞在するモーテルの部屋番号が同じっていうね! 別に出所したからって何も変わらない、ギャングと縁を切ってクリーンになれるわけじゃない。世界の境目は刑務所の出入り口じゃないんだ……あの飲酒運転なんだ……。

原題は“Shot Caller”で、また妙な邦題をつけたなと思っていたけど、見た瞬間にこのシーンがあったからブラッド・スローン=血塗れの王座にしたのか……ってわかるシーンがある。
しっかし松竹エクストリームセレクションはいつもいいラインの映画を拾って来てくれる 『ロキシー』も見よう。
Hiros

Hirosの感想・評価

3.5
予告でメチャクチャ期待してた内容とは少し違ったうえにクソ眠たい状況で劇場鑑賞したため落ちまくり。
内容は嫌いでないのでいつか再鑑賞したい。
ムキムキマッチョの監獄バトル物かと思ったら全然違う、凄く深い映画だった。
現在と10年前の時系列をシャッフルした
ストーリー展開だが、タトゥーや髭の量で
時間経過が良く解るのはとても親切、
主人公マネーが悪の道に取り込まれる様が良く解る。
しかし、唯一変わらない信念がラストシーンで露わになると、揺るぎない愛を感じる。
見た目や事前の印象よりま遥かに深い映画
なみつ

なみつの感想・評価

3.7
監獄コロシアムデスマッチトーナメントを想像してたらぜんぜんちがった!一般市民がいきなりギャング共の巣食う刑務所に入れられたら?選択肢はほんとうに、少ない。
ひとつひとつ、失ってゆく。そのプロセスが、時系列の構成もあってとても切なかった。

この映画には、いわゆる「男の美学」がつまっていたと想像する!ハードボイルドというやつなのかな。男性がそこにぐっとくるのであれば、女性とは観たあとに沸き起こる感情がちがう気がします。
男の美学(わたしの偏見)→
矜持。譲れないもの。暴力。なめられたくない。巻き込みたくない。自分を犠牲にしてでも。

でも女性からすると、
どんなに惨めで嫌な思いをしたとしても、一緒にいる方法を考えてほしいんじゃないかな。これも半分、想像ですけど、奥さんのようすから。そしてその間にいる息子。

どうしても気になったこと!ハイレベル監獄に異動したあとのあの腕立てなんなん???めっちゃむずない?しゃがんで足を左右にして立ってカウント?ジャンプ??部活か!って、突っ込んでしまったよ。現地ではふつうなのかな。肩車スクワットの破壊力もやばかった!!
あと主演の方はキングオブエジプトで気になり出して、そんときは神ということで人間よりふたまわり、みまわりほどでかかったんで、ふつーサイズに若干の違和感。

他の方のレビューで見たのですが、エキストラには元ギャングや格闘家の方々もいたそうで…どうりで、生き残れない感に鬼気迫るものがあったよ。

サウンドトラックも、already deadやらdevil′s diceやら…タイトルが不穏!!けどそこが良い


気になる英語シリーズ
″Who's the cleanest?″
cleanで、前科がない、的な意味で、一番前科がないってことで、見張りとかしてもらうときに誰をあてがうかジャッジするとき、使うみたいです。うん、一生使わんな…

″shot caller″
原題ですが、調べてみると、その場で一番権力のある人、ボス、とかいう意味があるみたい。ショットが引き金とすると、その合図をする人で、始末する決定権があるからってことなのかな?まあ、これも使わないですね…

″forgive″
直訳は「許す」ですけど、字幕では「恨んでない」となる。ふーむ。ニュアンスって難しいなあ。
yuho

yuhoの感想・評価

4.1
予想外に深いというかハッとする映画だった気がする
観てきました。

映画館で上映される映画はどれも面白いものばかりではないし、限られた映画館でしか上映されない映画もある。
1日何回も上映され長い期間上映される映画ばかりではないし、その日にしか観に行けない映画だってある。
そしてこの作品は、久しぶりに観に行けてよかったと思えた。
誰にも決して見せない男の熱き想い。
>|