パーフェクト ワールドの作品情報・感想・評価

「パーフェクト ワールド」に投稿された感想・評価

sachi

sachiの感想・評価

5.0
この映画は泣いた!!
凄くいい映画。今までの映画で一番良かった!!何度でも見たいと思った。
ラストシーンは超感動。
Koyu

Koyuの感想・評価

-
クリント・イーストウッドらしい人情に溢れた作品でした!
人は見た目で判断してはいけないと改めて感じました。
Mako

Makoの感想・評価

4.4
最後は泣ける!
結構すき!
ケヴィン・コスナーがかっこよすぎた
espoir

espoirの感想・評価

3.5
警察に追われてただ離されて終わり、だと思っていたので「まさか!」な結末だった。

どちらも父親がろくでなし(なのかな?)という共通点があるからこそ芽生えた親子のような絆に感動した。

一番好きなシーンはオバケの格好をして食糧をもらいにいくところかな。
MoeNegishi

MoeNegishiの感想・評価

4.0
フィリップの可愛さにもんぜつ。。。
フィリップがブッチの手を取るところがもうなんとも言えない感情にしてくる。。。
いい味しかない!!
くぅー

くぅーの感想・評価

4.2
子供との逃避行って、ある意味、ズルい設定なのだが、いつも最後は涙目になる。
クリント・イーストウッド監督の親と子を意識した友情の描き方が絶妙で、そこに尽きて・・・自身も二人を追う保安官役で出てるのだが、どことなく見守る感が巧い。
そう、ハロウィン近くになると、本作を思い出してしまう。
個人的には、俳優ケヴィン・コスナーの代表作はこれです。
2003年1月3日、鑑賞。 

クリント・イーストウッドの監督作品を観て、いつも思う事なんだが、観た後に必ず「良い映画だった」と思うのだが、『どこがどういうふうに何故か』ということを記載しようとすると、それを拒むような作品が多い。 
良いものは良い、のだが、語りづらさを感じるのだ。 
この映画もそう。 
良い映画である。
まろん

まろんの感想・評価

3.8

刑務所を脱獄したブッチは逃亡の先で偶然フィリップを人質にする
家の宗教上の都合でハロウィンが出来なかったフィリップ……
ブッチはフィリップを一人前に扱い…
1日遅れのハロウィンをしたり……
いつかやる色んな事……そんな夢を抱かせながは男同士はアラスカを目指し逃亡するが……まさかの結末が待っている

逃亡者がケビン・コスナーそれを追跡するベテラン警察署所長にクリント・イーストウッドー………
そんなベテラン二人の映画
それぞれの役割だからこそ思う最善があるけど、全員にとっての最善にはならない。

2人を繋いだTシャツの破れから託したお金が溢れていく構図がとても切なかった。
「そっちから見たらな」も風刺がとても効いてる一言だった。
シモン

シモンの感想・評価

4.1
家族を大切にできているか。些細なことでも当たり前だと思わずに。

今までのこと家族に感謝できているか、それから未来の家族へも思いやれるのか。

クリント・イーストウッドは見終わった後、なんとも言えない気持ちになるんだが、今回はそんなことを考えさせられる映画だった。
>|