光をくれた人(2016年製作の映画)

The Light Between Oceans

上映日:2017年05月26日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    デレク・シアンフランス
    脚本
    デレク・シアンフランス
    キャスト
    アリシア・ヴィキャンデル
    マイケル・ファスベンダー
    レイチェル・ワイズ
    アンソニー・ヘイズ
    レオン・フォード
    あらすじ
    オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは、正しいことをするべきだと悔い改め始めるが、イザベルには娘のいない人生など耐えられなかった。娘の本当の幸せは、夫婦の愛の行方は? 苦悩の果てに二人が選んだ道とは──?

    「光をくれた人」に投稿された感想・評価

    トムが善人すぎる〜😂
    つらかわいそう💔
    他者の灯り、他者への灯り

    海の表情だけで素晴らしいカットが幾つもあった。
    ただ、トムの心の雪解けが早過ぎる事、二度に渡る出産に対する準備不足、そして墓標を抜く時の葛藤が無い事などリアリティを感じられない描写が多々あった。
    また、終始イザベルに対して苛立ちを感じて鑑賞していたが、人生の晩年にて後悔の念があるなら構わないかと思った矢先に、どこまでも自己中心的な手紙が登場し呆れ果てた。
    ルーシーに赦しを乞える立場かね。

    その後に映る光の美しさに全く物語が沿っていない。
    葛藤する2人と周りを取り巻く環境。結局2人の愛が強かったけど、生みの親と育ての親。2人の母親がいてもいいんじゃないのかなーって。最後のシーンは心にぐっときました。
    人が人を愛し…人が人を求めた時…
    誰しもが「善良」で「最適」な選択ができるのだろうか?
    深い愛が満ち溢れていたからこそ…見ていて苦しかった…。
    映画らしいラストだったけど…私は…一目…会わせてあげたかったかな…✨
    愛と葛藤の交錯
    映画全体の情景は美しく引き込ませる。
    省略技法を用いる監督ということで、個人的にはもう少し深追いして欲しかった箇所もあったけど、ここは賛否両論か。
    非常に丁寧に作られていることに感銘を受けました。カメラワークも映像も実に素晴らしいと感じました。普遍的な愛がエゴイズムに変わり、人々を苦しめるところ、胸が締めつけられました。
    マイケル・ファスベンダー演じるトムが灯台守であることから、邦題のイメージが付いたと思われる。センスがいい。
    みなそれぞれに、自分を照らし輝かせてくれる光のような大事な存在がいる。その光をくれる人のために愛情を現そうとすると、時にそれは保身という歪んだ愛情へと変わることがある…。
    他に住む者が誰もいない2人だけの孤島の暮らしは、2人で大事に紡いできた生活が規範であり、不幸な出来事も相まって不可避的な運命へと向かっていくのは必然であろう。
    映画を観る前は、「『葛藤』という名の同情を誘う、いい映画」というイメージを持っていたのだが、実際観たら、母親になったイザベルの行動は、あまりに身勝手すぎて、怒りにかられて泣くには程遠かった。しかし、物語が終息に向かうにつれ、それぞれの人生の歯車はゆっくりと順調に回っていき、また、未来へと糸が繋がっていっていることがわかったので、ハッピーエンドとは言えないかもしれないが、安堵が感じられて良かったと思った。
    映画ならではの展開だけど泣かされた。
    今をときめくアリシアが観たくて鑑賞したけど、イザベルよりもハナの方に気が向いてしまう。
    ハナと旦那さんの優しくて心強い思い出。その思い出からの彼女の行動でラストが動き出す。
    後ほどちゃんと書く
    久しぶりにティッシュ一袋使い切った
    >|