光をくれた人の作品情報・感想・評価

光をくれた人2016年製作の映画)

The Light Between Oceans

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは…

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは、正しいことをするべきだと悔い改め始めるが、イザベルには娘のいない人生など耐えられなかった。娘の本当の幸せは、夫婦の愛の行方は? 苦悩の果てに二人が選んだ道とは──?

「光をくれた人」に投稿された感想・評価

ぽり

ぽりの感想・評価

3.5
ストーリーの是非は置いておいて、個人的に好きなところを3つ挙げます。この場面たちのために、何度でも観たいくらい。
手紙で親交を深める、ベタなロマンティックさ。そしてイザベルがトムの髭を剃るカットから滲む、溢れんばかりの多幸感。そして何よりも、あまりにも雄大で圧倒的な海と空。
momo

momoの感想・評価

2.9
アリシアちゃん大好きなのに、この作品で彼女が演じるイザベルは好きになれなかった。
2回の流産で心にダメージを負ったとはいえ、夫トムの意見を聞かず、拾った子供を何がなんでも手放さないという自分の主張を押し通す言動には、身勝手さを感じざるを得ない。

イザベルに振り回された挙げ句、最後には罪を一方的に被るトムが可哀想に思えた。

イザベルよりも柔軟で大人な対応をしてくれる肉親の方に同情して、その意味では泣けたけれど、予告から期待させるような内容ではなかったので残念。
mi

miの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

今年見た中でベスト5に入るかも。
やっぱり母子ものに弱いなあ〜

アリシアヴィキャンデル最近良い作品ばかり出てる気がする。

最初の子の時、灯台の元まで走って行ったところ、なんか母親の強さというか本能的に必死に子どもを守ろうとする狂気のようなものを感じて震えた。

母子の愛だけではなく、夫婦の愛も描いていて素敵。出会いから丁寧に描いてくれたから、あれだけ妻の事を愛してるんだなあと納得させられた。
妻が壊れていく中、静かに、でもしっかりと支えてくれた灯台守りの夫にすごく愛を感じた。
きっと死んだような人生の中で、妻の明るい光に助けられて、その光を守る為ならどんな苦労も厭わない覚悟だったんだろうな。
他の人も言ってるけど、邦題が本作にとても当てはまってる。

すごく良い作品だったけど、感情が揺さぶられるのでまた忘れた頃に観たい。
泣いた…!原作を買ったけどまだ読んでない…日本語のも買わなきゃ…
obao

obaoの感想・評価

2.7
@パルシネマ
実話ベースなのだろうけど、あまりにも映画としては普通だった。
で、見せ過ぎの予告から想像した内容以上のものがなかったな。

そして、ちょっと寝ました。
すいません。
mist

mistの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

悪い人は出てこない。単体だとみんなきっと素朴でいい人で、なんでこんなことになっちゃうかなあ〜と不条理を物悲しむことしかできない。その不条理を引き立たせるのが離島の圧倒的な自然というか海の姿で、あの海なくてはこの物語は成立しなかっただろう…圧倒的な曇天と夕日と波。

とにかく、流産と死産のシーンがつらすぎる。子供を持つ感覚がわからないわたしでもなんか本能に訴えてくるものがある。ほんとうにつらかった。そりゃあ二度の悲劇のあとにぽんと赤ちゃんがボートで流れ着いてきたらあんな思考回路になっちゃうのかもしれん。ヴィキャンデルの壮絶なあの声…

ヴィキャンデルの、常時「胸がいっぱい」モードの演技がもうほんとに、すごいなと…感情ほとばしってる。そこに重量感のあるファスベンダーが組み合わさるそのバランス感覚がすごい。そしてレイチェル・ワイズの薄幸感は天元突破…彼女は彼女で、痛ましすぎた…

わたしとしては、俳優陣のお仕事ぶりもたいへん心に響いたけれど、あの海の音、荒波の白い飛沫、超俯瞰で撮ったときのあの波紋のようなゆらぎ、曇天を写した灰色、切り込んでくる圧倒的な夕日、その風景の数々になによりずっと心を奪われていました。あの自然の姿を観に行ってほしい。
Taul

Taulの感想・評価

3.0
灯台の島に暮らす夫婦の愛と罪。役者、風景、台詞、物語もみな端正な雰囲気。その出来過ぎ感や古い女性像からも文芸ものの味わい。編集で大分切ったらしいが確かに心情変化の表現が足りない感じも。でもこういう話しを陳腐に見せない演出や演技に浸る充足感があった。
きく

きくの感想・評価

5.0
すごく引き込まれた。
灯台守の寂しさ、夫婦の寂しさ、暖かい愛の姿。
YukiAzuma

YukiAzumaの感想・評価

3.7
音楽も良いし、灯台の景色も綺麗。アリシアヴィキャンデルの演技も良かった。誰も悪くないから余計に切ないストーリー。
R

Rの感想・評価

3.8
以前「ワンダーウーマン」レビューで
地方に住んでると
映画観るにはなかなか悲惨な環境なんですよ~ってことを切々と訴えましたが
( ´༎ຶㅂ༎ຶ`)ツライッス...

その願いがよく行くイオンシネマの社長さんにほんの少しだけ届いたのか?
とーきどき
気まぐれに
何ヶ月かに1回
都会の上映からすごーく遅れて
「1週間限定上映」ってのをやってくれます

これまでに「アイ・イン・ザ・スカイ」「お嬢さん」「雨の日はドウシタコウシタ」(←ジェイクのヤツです)など
フォロワーさんの評価も高いなかなかのラインナップ

が、しかし!!
何しろ1週間限定😢
しかも多くて1日2回上映😢
ポスター1枚ピラッと貼ってるだけで告知もほとんど無く気がつけば終わってる...😢

まるで私の映画愛を試してるかのようです

きっと社長さんはドSに違いない🤔

でも障害が多ければ多いほど愛は燃えるもの🔥メラメラ
「あさイチ上等やん!〜最後に愛は勝つ~♪」
ってほぼ寝起きのボサボサ頭状態で劇場に駆け込みました🏃


《すみません💧ここからやっとレビューです》

今作のポスターには「世界中が涙したラブストーリー」とあります
私だけかもしれないけどラブストーリーというとどうしても恋愛中心のお話?って感じがする
それだったら私はちょっと苦手なんだけど...

でも、そうじゃなかった

この作品で描かれる愛は恋愛だけでなく
さまざまな愛
そしてそれはとても深く切ない

人間は愛することによって救われることもあるし、生きる希望を見つけることも出来る

でも一方で

愛するが故に過ちも犯すし、どうしても許せないこともある

みんな良い人なのに、なぜこんなにも苦しい展開に進んでいくんだろう
ひとりひとりの気持ちが伝わりすぎて...静かに涙がこぼれます

それぞれの愛と苦しみが役者さん達のすばらしい演技でさらに胸に迫ります


ラブストーリーは苦手だってスルーしなくて良かった

自分がイザベルだったら?そして自分がハナだったら?赦すことが出来るだろうか

鑑賞後も余韻に浸って
「映画ってやっぱりいいなぁ...」って心から思えるすばらしい作品でした


1週間限定でも気まぐれでもドSでもいいから
イオンシネマの社長さん!!
これからも映画愛がメラメラ燃える😻良き映画をどんどん上映してくださいね〜♡
>|