光をくれた人の作品情報・感想・評価

光をくれた人2016年製作の映画)

The Light Between Oceans

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは…

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは、正しいことをするべきだと悔い改め始めるが、イザベルには娘のいない人生など耐えられなかった。娘の本当の幸せは、夫婦の愛の行方は? 苦悩の果てに二人が選んだ道とは──?

「光をくれた人」に投稿された感想・評価

kyohei

kyoheiの感想・評価

4.0
初めは、ぼーっと観ていたのですが、事件が起きる嵐の夜のあたりから二人の演技に引き込まれました。

遠い誰かの希望になる灯台の光を守るのは、大変なんだなぁと思ったり、その裏で奥さんが大変な事になって閉まったりして…

この秘密をどこまで守れるのか…
戦争で心に傷をおい、島で行ったこと罪に耐えられなくなったトムと二度との流産を乗り越えてルーシーに希望を見いだしたイザベル、海で夫と娘を失った悲しみをおうハナとこの3人の心情を思うと…

久しぶりに良いヒューマンドラマを観ました。

ヤヌス島の壮大な自然とラストの夕日に黄昏るトムが印象的。

成長したルーシーが来た時には、うるっときましたよ…

それぞれ人が光をくれる人を求めていたのかなぁと思ったりしました。

このレビューはネタバレを含みます

「ティッシュ会社の株価が上がるほど、観るものは涙するに違いない!」
のコピーに誘われ鑑賞。

まんまと泣きましたよ。

愛と正義が時として鋭く対立することもある。
そこでは「正解」など存在しない。
幸せそうなシーンでも、どこか苦しそうなトムの表情と不気味な音楽が、この映画をよく物語っている。

ハナの寛大さはもちろん素晴らしいけど、ルーシーグレースがちゃんと育ってくれたのが何よりやね。
もっと純粋な話しかけろよを期待してた

イザベルやばいよ
kurumi

kurumiの感想・評価

3.6
素晴らしい洋画タイトルにとりあえず拍手👏

「愛」がテーマの作品だった。
最初の夫婦の行動に至る過程は、罪の意識を妻にももう少し持たせられたら、自己愛によるものではないということを強調できたのではないかな。
mami

mamiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンド?なのかなぁ…
イザベルの「marry me !」にキュンとした。
乗馬してる辺りから花冠作ってるとこ凄く好きだな♪
saco

sacoの感想・評価

3.0
物語の冒頭、激しい波が押し寄せる寒々とした海に浮かぶ孤島、その佇まいがこれから起こる悲劇を暗示しているようだった。
戦争で心が深く傷つき、帰還してからも人との関わりを避けて孤島の灯台守に着任するトム。その寡黙で影のある誠実な男をマイケル・ファスベンダーが魅力的に演じている。妻となるイザベル(アリシア・ヴィキャンデル)も快活で美しい。
ロマンチックなラブストーリーを思わせながら、2度の流産の後、偶然目の前に流れ着いた他人の赤ん坊を自分たちの子にしてしまうところから物語は急激にミステリーの様相を呈する。。。

赤ん坊と一緒に流されてきた男の死体を隠したり、途中で本当の母親(レイチェル・ワイズ)が分かったり、トムの裏切り(と言ってもそれが真っ当な行動なんだけど)で全てが露見してしまい夫婦の間に深い溝ができたり....非常にドラマチックなのだけど、どうしてもどっぷり話に入り込む事が出来なかった。
閉鎖的な孤島で流産が続き、精神的にも理性を優先する事が出来なかった状況は分かるのだけど。。。
届け出ようと強くすすめるトムを強引に説き伏せて、死体まで遺棄させるのは普通は考えられない。それほどまでに目の前の赤ん坊を求めていた事も分かるのだけど。。
中盤に本当の母親が分かったあたりから、イザベルが単なる我儘にしか見えなくなる。結局、妻と本当の母親との板挟みになって思い悩んだトムの真っ当な行為によって、子供を手放すことになり、その時点でトムを恨んだ妻は虚偽の証言をしてトムを牢獄へと送ってしまう。
映画を見ている間、ずーーっとトムに同情してしまって、感動どころじゃなかった。

似たような境遇に置かれる子供と親の複雑な心情は『八日目の蝉』や『そして父になる』で傑作を見せられているので、今回の『光をくれた人』は、恋愛物としても子供の問題としても、表面的で掘り下げ方が足りないと感じた。
ただ、映像の美しさ、前半の手紙のやり取りはとても良かったと思う。

自分のエゴを貫く事と、自分を心の底から深く愛し続けてくれた夫を取り戻す事と、どちらを選択するのか、目を覚まし正気に戻る瞬間が見どころなのかもしれない。
物語の肝にもなる「一度赦すだけでいい」という言葉はレイチェル・ワイズにだけ通用すると思った。
ナナ

ナナの感想・評価

4.3
あーーー、誰も責められない。
誰が得したわけでも損したわけでもない。
ただ、みんな傷ついて苦しんで、どの涙の重さも測れない。

心がずーんってなったけど、
費やすべき2時間だと思う。
nhk0810

nhk0810の感想・評価

-
泣いた。
人間の真価が問われる。
悪人なんてこの映画には1人もいない。

レイチェル・ワイズのことあるごとに下す決断が素晴らしく。
人間てここまで尊くなれるのかしら。

2人の母親が1人の子供を取り合って、王様が、それならこの子供を剣で2つに切り裂いて分け与えようって言ったら、1人の母親がそれなら、この女にこの子を渡しますって言って身を引いた話を思い出した。
そっちが本当の母親だって話。
きよこ

きよこの感想・評価

3.9
「一度赦すだけでいい」

夫婦愛が子供の存在を越えられるのか?…なんて難しいテーマが見栄隠れしていて登場人物それぞれに何度も感情移入して感涙してしまう。

人は誰かを照らしたい。
誰かに照らされてまた光が増す。
それが…生きていく証となる。

互いに光となるなら…
どんな罪も赦しあえる。
何度も何度でも。

そばにいる限り。
愛を紡いでいく。
すわん

すわんの感想・評価

3.0
普通にイザベル悪いやつじゃない?悪いやつというか、イザベルだけ最後まで子供のまま一切の成長を見せない。最後の手紙もひとりよがりに見える。
周りの人たちがひたすらに優しくイザベルを見守る映画。
>|