光をくれた人の作品情報・感想・評価

光をくれた人2016年製作の映画)

The Light Between Oceans

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは…

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは、正しいことをするべきだと悔い改め始めるが、イザベルには娘のいない人生など耐えられなかった。娘の本当の幸せは、夫婦の愛の行方は? 苦悩の果てに二人が選んだ道とは──?

「光をくれた人」に投稿された感想・評価

設定もストーリーも若干寓話っぽいのですが、それもまた良しです。
救いようのない状況の先にあるのは許すことと必要な人の光になる決断。
この映画、何だかいいなぁっとずっと思っていたら、そう、登場人物皆んなが好きなんだって事に気がつきました。
Lizzy

Lizzyの感想・評価

3.0
思ってたのと違った・・・少なくとも日本版ポスターほど明るくない笑

イザベルの気持ちも分かるしトムの気持ちも分かる・・・
大人の映画~~~
やっぱり私には早かった、、最後少しぐっと来ましたが、とにかくしっとりで長く感じたし、申し訳ないですが主人公の女性にちょっといらいら(^-^; それだけ演技がすごかったです。
出産終えた30代以降の女性とかならきっと何か思うことがありそうですけどね~、あとエリカ様のドラマ「母になる」が好きな人は好きそう、あれをぎゅっとしてもっと暗くした感じです。

それでももし自分が主人公と同じ状況だったらと思うと同じことしないと断言はできないし、かといって本当の親の気持ちも想像すると、、、
でも一番は子供が可哀想、、映画では立派に育ってたけど、あんな幼少期過ごしたら精神に問題抱えるに決まってます、、
やっぱり母になるには、自分より何より、子供のことを考えないといけなそうですね、、私には無理だ(T^T) ほんと子供産もうと思える人ってすごい、、
めっちゃいいじゃん。泣くでしょ、こんなん。

島の描き方も素晴らしく、孤立している"島"に光が満ちてくるのが、画面からビシバシ伝わってくる。美しいカットの連続が、観ている僕たちの心も満たしてくれる。
すず

すずの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

あなたは赦せますか

灯台守をしていた夫婦は子供を授かるも2度も天に召されてしまう。悲しみにくれる夫婦に天からの贈り物なのか赤ちゃんが島に流れ着く。夫婦は赤ちゃんを育てていくが────。


子供が流れ着くのに1時間、彼女たちの心を丁寧に描いたからこそその後の行動もわからなくもないが、私は赦せない。

育ての親と産みの親。

どちらが子供にとって幸せなのか。

罪と罰。

ラストで救われた。
だってそれまでは育ての親に共感できないんだもん。
いくら子供が欲しかったからって流れ着いた子の母親の気持ち考えなかったの?
産みの親に何て仕打ち。母と認めてくれない娘とのやりとりが辛すぎる。

光と海が綺麗だった。
登場人物それぞれの「光をくれた人」

旦那さんが正義感があって良かった
のどか

のどかの感想・評価

3.7
映画を観ながら、人間関係図を頭の中で思い描くのが好きで、作品に入り込めば入り込むほど、そういうことをしてしまう。

序盤でイザベルが「子供を亡くしてもお母さんはお母さんのままなのよね」みたいなことを言っていた。それだと、子供を亡くしたと思い込んだレーチェル・ワイズはいつまでも母親のままな上に、夫まで亡くしていつまでも妻のまま。

だけど、そんな彼女に知らせずに流れ着いた子供を育てているイザベルも流産を経験しているから、もし子供を育てなければ、レーチェル・ワイズと同じ辛い気持ちをしていたわけだ。

誰かに不幸になれなんて言えない。そんな葛藤ができました。
2017年8月12日、下高井戸シネマにて鑑賞。

この映画、観ていても全く心動かされることのない無感動の作品だった。
何故か?
登場人物(特に、島で住む夫婦)の気持ちや考え方が明確に伝わってこないのだ。

観に行く前に、予告編は見てから行ったのだが、物語は予告編そのまんま。
二度の流産の後、海に流れ着いた赤ん坊を夫婦で育てるが、本当の母親がわかって…というもの。
まるで、あの佳作『最愛の子』の逆バージョンである。

では、登場人物の行動で「特にありえない」と思われたのが、自分たちで赤ん坊を育てているのに、実の母親の家のポストに「あなたの娘さんは生きています」なんて手紙を入れたりするだろうか?
有り得ない。

その他、多くの有り得ない行動が、この映画の愛を偽物にしてしまっていると感じた。

<映倫No.47041>
Maiko

Maikoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

美しい景色と役者の、静かな狂気が恐ろしかった。許すことは難しいが、それで救われるのは自分だというお話しかな。
kyo

kyoの感想・評価

-
遠く離れた島で二人っきりで暮らす灯台守の若い夫婦。
子供の命を授かるが二度も流産で失う。
身も心も傷ついた二人のもとにある日ボートが漂着する。
中には父親と思しき男と幼い赤んぼがいた。
父親と思しき男は既に息絶えていたが赤んぼは奇跡的に助かっていた。
職務からすぐに報告をしようとする夫を押しとどめて、
妻は自分らの子どもとして育てようと主張する。
子供は二人から親の愛情をたっぷりと受けながら
島ですくすくと育っていったが、
ある日、海で夫と子供が行方不明となったまま
悲しみにくれている女の存在を知り、夫は罪悪感に苦しめられる。
さて、この物語の行く末は……?
こんな話でした。

自分ならば一生秘密にしたまま父親としてその子を育てるけど、
それでは映画として物語が進んでいかない。
悲劇的な話にならないようにという自分の願いとはうらはらに
話はどんどん悲劇的に進んでいくので、途中で観るのが辛くなりました。

海や島の風景がこの世とは思えないほど美しくて
なおさら胸が締め付けられるような思いになりました。

灯台守の夫は第一次大戦に従軍した英雄、ということはたくさんの人の命を奪った経験を持っている。
ボートで死んだ男は敵国のドイツ人で日常的に回りから白い目で見られている。
話の底流に戦争の傷あとが見え隠れしています。

映画はハッピーエンドではないけどバッドエンドでもなく
静かな結末を迎えます。
悲しく切ないけど暖かな余韻が残る映画でした。
言葉にすると気恥ずかしいけど愛を感じる映画でした。
立場は違えど
血の繋がった我が子を失った2人の女性。
片方は流産、片方は失踪。
そして時が経ち、ふたりの間で翻弄する幼子と愛するが故に犯した罪の重さに苛み、愛するが故に独り罪を背負う夫。

時代が時代とはいえ1度流産した娘を両親がサポートしてあげていればもっと違う方向に進んだいたかもしれないお話し😭

お久しぶりにスクリーンでみたレイチェル・ワイズのなんとお美しいことか😍
>|