光をくれた人の作品情報・感想・評価

光をくれた人2016年製作の映画)

The Light Between Oceans

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:133分

3.7

あらすじ

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは…

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは、正しいことをするべきだと悔い改め始めるが、イザベルには娘のいない人生など耐えられなかった。娘の本当の幸せは、夫婦の愛の行方は? 苦悩の果てに二人が選んだ道とは──?

「光をくれた人」に投稿された感想・評価

7

7の感想・評価

4.2
60本目

妊婦中なので胎教には悪かった…笑
とっても印象に残る映画だった。
チクっと心が痛く美しい、心象風景みたいな映画。
SAKU

SAKUの感想・評価

3.9
すごい刺さる話
誰も悪くないし、それぞれの立場全てわかるけど、それはそれで辛い
ファスのなにかを堪えるような表情ってなんというか痛い
ばっちり泣ける話です
ちろる

ちろるの感想・評価

4.1
皆が心のどこかで傷ついているから眼差しは寂しげで清らかだ。
そこは小さなお家と海を照らす灯台だけの2人だけの小さな島。
2回の死産を経験したせいでひな菊のような可憐で明るいイザベルは暗く塞ぎ込み、そんな折り、島の周りを漂流していた小さなボートにドイツ人の男性と泣き叫ぶ女の子の赤ちゃんが寝そべっている。
まるで現代の御伽噺のような展開に戸惑いつつもその後の3人だけの穏やかな暮らしの情景は完璧で美しいから、後半この赤ん坊の謎が解明されるあたりからの運命の残酷さは辛いし、その出来事の裏にあるハナのエピソードもしっかりと描かれていてとても切ない。
レイチェル ワイズ演じるハナの険しい顔の中に沢山の背負いきれない悲しみが溢れていてそんな彼女の目線に立って観返してみればまた、違った複雑な感情が見えてくるのもこの作品の良さでもある。

実直すぎるトムが、運命の糸が引き合うかのように出会ったチャーミングなイザベルに恋をして、やがて愛に変わっていく2人の文通の言葉たちがとても詩的で好きだった。
映画作品であらゆる恋文を目にしてきたつもりだけど、ここまでうっとりとロマンチックな文章は見たことがない。
むしろ手紙だけではなくまるで悟りを開いたかのように始終穏やなトムの台詞全てが美しくて、なにもかもを一度諦めた男が光を見つけてまた命を与えられたような喜びが滲み出ていた。

この手の色んな作品で観てきた感情とはまた別で、描かれてるのはトムの無償の愛そのもの。
この共演をきっかけにしてお付き合いして結婚した2人とだけあって息もピッタリな2人のなんでもないシーンでの表情が微笑ましくてずっと観ていたかった。
Koichiro

Koichiroの感想・評価

4.0
めっちゃ難しい話や
他の人のレビューではイザベルが悪いみたいな意見多かったけど俺が誰も責めれんなあ〜
それぞれが誰かを愛していてほんまに無償の愛やと思う
みんな人格者やし清い映画やと俺は思う
とっても心苦しいところですが、あんまりピンと来…。
デレク・シアンフランス監督、皆さん大好きな『ブルー・バレンタイン』も、正直自分の状況の方が遥かにヘヴィだなーって具合で、それでもまあ『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』は大好きでした。そもそもライアンが好きでたまらないし。物語自体に命を宿そうとする大変な意欲作だと思いました。
で、今作は…。

100年程前の話。孤島で灯台の守りをする実直な男とその妻。幸せな結婚生活も、度重なる流産をきっかけに暗雲が立ち込め始めます。ある日、二人は波間を漂う小さなボートを見つけ救助します。ボートの中には赤ん坊と、既に事切れた父親らしき男…。赤ん坊に接する女の、久しぶりの心からの笑顔に、男はある決断をします。罪悪感を心の奥に抑え込んで…。

厳しくも美しい島の自然を舞台に、繊細な演技と演出で描かれる心の働きは、しかしとてもシンプルです。なので、心の働きは隅々まで見渡しやすく想像し易い反面、ちょっと図式的に感じてしまいました。なんというか…心の奥底から生まれたというより、頭の中で生まれた物語みたい。自分が醒め過ぎているだけなのでしょうけど…。やたらと導こうと鳴り続ける劇伴にも反発したくなります。
全く個人的な意見ですが、人間ドラマを描くのに、心をやられてしまった人物が出てくると“なんでもあり”になってしまう気がして没入出来ません。もう、考えるだけ無駄だな、と思ってしまう。
結末、美しいけれど、きっとそう長くは覚えていられない気がしました。例えば『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のラストシーンなら、いつだって(勝手に)思い出せます。良し悪しの問題ではなく、忘れられない物語があるのです。

ファスベンダーは相変わらずの良さです。雰囲気があり過ぎて、ストーリーをミスリードしてしまいそうでした。
あと、邦題は悪くないと思いました。

灯台守、物凄く魅力的な仕事に見えますね!でもwi-fiなさそうだしなー。ツタヤとタワレコは有るのかな?
Haruki

Harukiの感想・評価

4.5
前半は心に傷を負った元兵士と爛漫だが苦悩も抱えた女性の交流が深い世界観を作っている。

子どもを授かってからは、彼らが幸せと苦悩の狭間で揺れ動き、苦しくも愛のある決断を強いられる。
その悲しくしかし希望のある感動が胸を貫く。

「赦し」というテーマも一貫されている。

マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズの演技が素晴らしい。
Alice

Aliceの感想・評価

4.0
何が正しいとかは分からない。
ただ、誰かを思うって、やっぱり素敵。
ありー

ありーの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

みんな演技がうまくて、より感情移入してしまって全体的にめちゃくちゃ悲しかった。きついわぁ、途中まで夫の選択に腹がたって仕方なかったよ。子供の気持ちもめちゃくちゃにするじゃん...そりゃあ最初っからそんなことしなきゃ良かったんだけど。もうやっちゃったことは取り戻せないし、みんなの気持ちめちゃくちゃにする形になっちゃって。でもラストみて納得できた。実母の人もいい人で良かった。私ならもっと怒り狂うよ
海を照らす光

とんちんかんな邦題が多いけど「光をくれた人」は凄くいい邦題だと思う。原題よりもわかりやすい。とってもいい映画でした。

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てることに。しかし、娘の生みの親のハナと出会うことによって・・・。

トムとイザベル。お互い愛する人に巡り合えた。お互いが光をくれた人。
流産に深く傷つき光を無くしたイザベルの元に赤ん坊が流れ着く。まさに天使。神様が与えてくれた光。亡くなった赤ちゃんの生まれ変わりのような存在。たとえ血が繋がっていなくても愛さずにはいられない。それが、過ちだろうと。大切な光だから・・・。

一方、娘の生みの親ハナは夫と娘を亡くし光を失っていた。そこに娘は大切に育てられているとういう紙切れ。それは希望という光。どんなに嬉しかっただろうか。希望さえあれば、この世界は光輝く。どこかで生きている光を取り戻すためハナは奮闘する。それは、大切な光だから・・・。

誰の目線で観るかによって、この映画に対する感情が変わる。自分は男なのでトムの目線で観ていた。多分、自分も同じような行動をとるだろう。母親が生きてると知った時点でトムは決意した。これからずっと続く後悔という暗い光。それがずっと続くなら、正直に生きた方がいい。娘は光だけど、イザベルも大切な光。その光が消えないように、いつまでも光輝くように生きていこう。

ラストに映る海を照らす夕日という光が眩しく美しい。

wowow
真実を語る事が全ての人を不幸に…とも思いましたが、行き着く所まで行かないとわからない愛の真実もあるような。いい映画でした。
>|