光をくれた人の作品情報・感想・評価・動画配信

光をくれた人2016年製作の映画)

The Light Between Oceans

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:133分

3.7

あらすじ

「光をくれた人」に投稿された感想・評価

途中ちょっと狂気。。十字架を引っこ抜いたときに心に十字架を背負ってしまったよ。大切に愛情をかけて子どもを育ててくれたことには感謝です。とてもつらい灯台守のお話。最後に光で照らしてくれてありがとう。
yuuuui

yuuuuiの感想・評価

3.8
すぐに感情移入してしまう私は、胸が抉られそうになった(ᵒ̴̶̷̥́_ᵒ̴̶̷̣̥̀ )

誰も悪くない。

我が子に出会えない。絶望する日々からルーシーは光に見えたはず。
トムの窮地を救ってくれたイザベルもまた光に見えたはず。

そんな最愛の妻が悲しむ姿は見てられないよ。

そんな時に赤ちゃんがあらわれたら、光でしかない。。

ただトムも誠実だから。罪悪感に苛まられるのも仕方なくて。素直に喜べなくて。でもルーシーが愛おしくてたまらない。

ハナもグレースに出会えて嬉しいはずなのに、グレースから受け入れてもらえない悲しみ。

ルーシが困惑するのも無理はなくて。

どの立場もつらい。

命を捨てでも守り抜く愛。
それは本物。全て本物の愛。

運命とは残酷だ‪( ;ᯅ; )
eri

eriの感想・評価

4.5
ずっと前に映画館で予告編を見て見たいと思っていたのを見つけました。

流産を繰り返した灯台守りの夫婦が赤ちゃんを手に入れることは予告で知っていたけど、脚本がよく練られていて、話の流れがとても良かったです。登場する人達全員の気持ちに共感できて、どの人の立場になっても泣けて仕方なかったです。
Sayu

Sayuの感想・評価

3.7
マイケル・ファスベンダーが影のある役です。まぁこんな役も素敵😆💓
ちょっと重たい感じですが…アリシアの登場で明るくなります♪
でもこの運命は辛い・・・。
20世紀初頭、戦争で心を喪い、離れ小島で灯台守をすることになった男とその妻

幸せの絶頂から突き落とされた二人にその運命を左右する出来事が襲いかかる

アリシアヴィキャンデルの演技が素晴らしい

感情をこめすぎて演技のための演技に陥ってしまいがちな役柄でありながら、あくまで自然体で十二分に情感が伝わってくる

二人の暮らしをのぞき見をしているような錯覚さえ

全編を通し、それぞれの立場で悪い人間が一人も出てこない

ダメ人間からすると呆れるくらい真っ当な人の真っ当な苦悩、生きる歓びに満ちあふれていて疎外感すら覚えるほど

この共演がきっかけで結婚することになったアリシアヴィキャンデル、そういう感情が引き出したと思える鮮やかな閃きを数々披露してくれていて、これはもうハイハイよかったですねーとやっかむしかない領域

もう少し丁寧な幕引きでもよかったのではと思えるけれど、誠実に練り上げられた秀作

惜しむらくは

アリシアヴィキャンデルとマイケルファスベンダー、レイチェルワイズの二人の年齢差(11歳、17歳)がさすがに不自然

マイケルファスベンダーの決断に至る心情の描写不足

マイケルファスベンダーの濃すぎるメイク

終盤、赤ん坊を抱き上げる幸せなシーンで赤ん坊に涙の跡

あの猫どうしたの?


アリシアヴィキャンデル 10/26
サム

サムの感想・評価

3.8
かなり良かった!
主役の2人だけでなく子役の演技も素晴らしかった。
ROY

ROYの感想・評価

4.0
原作はM・L・ステッドマンの小説。日本では『海を照らす光』というタイトルで出ている。原題は”The Light Between Oceans”。

罪の懺悔と赦し

ヤヌス神(ローマ神話に登場する前後2つの顔を持つ守護神)

デレク・シアンフランスの作品はいつも2つ以上の人生を見せられるのに加えて、もう引き返せない状態に追い込まれる様を生々しく提示される。涙を流すシーンというか、涙を堪えるシーンがキツい。

アレクサンドル・デスプラのスコアも良かったし、美しくも残酷な自然を映す撮影も素晴らしかった。あと、なんといってもマイケル・ファスべンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ等の演技も見どころ。

世代超越系は完動する
茉由

茉由の感想・評価

5.0
透明感が凄い
女性2人の揺れる切ない感情が目に見えて...
人生を変えるくらい大きな愛に出会いたい
再生と赦し、そして愛。

スザンネ・ビア監督、ニコライ・コスター=ワルドウ出演『真夜中のゆりかご』を思い出した。
愛する人が望むものを与えるため、愛する人の幸せのために、一線を越えてしまう。

マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、(のちに)夫婦共演、そしてレイチェル・ワイズ。
実力のある3人が、それぞれ抑えた演技なだけに、かえって胸に染み入る。

「一度赦すだけでいい
人を恨むには いつも
そのことをかんがえていなくては
不快なことを決して忘れずに
疲れてしまう」
赦すことで、相手よりもむしろ自分が解放され、自分自身が幸せになれる。

耳に残るのは、波と風の音。
静かな、そして深い作品。
心の深いところで、ひそやかに息づく作品。
孤独に生きてきたトムの心を開き夫婦として暮らし始めたイザベル。幸せの絶頂から2度の流産で希望を失った2人のもとへやってきた赤ちゃんを2人の子として育て始めるも、やがて実の母親が現れる。
引き離された子どもは育ての親を求め、長年探し続けてきた母親は心を痛め、憎しみが増していく。でも彼女は許すことを選ぶ。憎しみからは何も生まれない。でも赦しは人を動かし、前進させる。夫婦の愛、とりわけトムのイザベルに対する愛にも心打たれるけど、赦すことを選択できた実の母親の姿に感動。
>|