光をくれた人の作品情報・感想・評価

光をくれた人2016年製作の映画)

The Light Between Oceans

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:133分

3.7

あらすじ

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは…

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックで暮らす、灯台守のトムとその妻イザベル。ふたりは強い絆で結ばれていたが、イザベルは2度の流産に傷ついていた。そんな中、女の子の赤ん坊が乗った謎のボートが流れ着き、自分たちの娘として育てたいというイザベルの懇願にトムは折れてしまう。それから4年、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた夫婦は、娘の生みの親のハナと偶然出会うことになる。絶望の中を彷徨うハナを見たトムは、正しいことをするべきだと悔い改め始めるが、イザベルには娘のいない人生など耐えられなかった。娘の本当の幸せは、夫婦の愛の行方は? 苦悩の果てに二人が選んだ道とは──?

「光をくれた人」に投稿された感想・評価

ねね

ねねの感想・評価

4.3
善い人しか出てこないのになんでこんなに悲しくなるのか。どの立場に立ってみても辛い。ラストはとてもしんみりしました。
maisie

maisieの感想・評価

4.7
最初はすんごいイザベルにいらいらしたし、身勝手で子供だなあとか、ハナに対して娘態度悪すぎ、イザベルはハナの人生壊したんだとか思うけど、だんだん見てるうちにハナの人間としての器の大きさと優しさ、そしてトムのイザベルへの深い愛が本当に伝わってきて、たまにハナが回想する死んでしまった夫のフランクが本当に素晴らしい人すぎて、ルーシー・グレースの周りには愛に溢れる人が沢山いたんだな、と思った。最後泣きっぱなし。だけどイザベルの両親は可哀想すぎました。
くぼち

くぼちの感想・評価

3.8
誰の視点に立っても心苦しい話だった。
キリスト教的な「赦し」がキーワードになっていると思う。
実際にハナのようにどんなに憎たらしい相手でも赦すことはいかに難しいかを考えると、この話の結末はまだ救いのある方なのかな…。
くるみ

くるみの感想・評価

3.8
灯台守という設定がいいなあと思いました
戦争で家族や大切な人を亡くして、
そこに新たな命やってくることはまさにその人にとって光で、その光に誰もがすがろうとする姿に観ていて胸が痛くなりました🤦🏻‍♀️
最終的にみんな、愛のある行動をとったことが感動ものです。中でもトムと本親のハナと旦那さん素敵

演技と思えないほどリアル🤭
特にイザベルが赤ちゃんを見つけてからの様子が絶妙にリアルで恐怖を感じたくらい。
リリーのすべてでも思ったけどアリシアさんすごく素敵な女優さんだ…
あやか

あやかの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

儚くて美しい映画。
正しいことが何かはわかるけどそれが出来るかはまた別なのかな。
全体的に画が綺麗でわたしはすきだけど結構救いようがないよね、2回目はないかなあ。
主役2人がとても素敵。リアルでは幸せになってくれたので少し救われました!
こんな旦那さんがいいですね。。
妻への手紙にいたく共感し涙がでそうになったが、きっと2度はみないだろう。
それでいいと思える、そんな映画。
Minori333

Minori333の感想・評価

3.6
いい映画だとは思う。アリシアヴィキャンデルの役どころにどうしても感情移入できず。
伯言

伯言の感想・評価

4.5
理不尽を乗り越えようとして、罪を犯し、罪を償い、無私の愛が様々なものを救う映画。
神はなぜこんな試練を与えたのか。

ヒゲを剃るシーンが愛おしい。

✳︎一度赦すだけでいい
KRSK

KRSKの感想・評価

3.4
お子絡みだと泣いてしまうな〜。
イザベルがちょっと不安定でやらかしてしまうのだけれど…。そこは踏ん張ってほしかったな。あの場所だったからの選択なんだろうけど、よくないね。
あとご主人がいいひとすぎて、こちらも泣ける。こんなステキな殿方いないよ、もっとはやく気づいてほしかった。
あと、中盤観てる間つらすぎてつかれた。ブルーバレンタインもそうだけど、カロリー消費する映画ですね。
>|