ハートレスの作品情報・感想・評価

「ハートレス」に投稿された感想・評価

こんなことになるほどの強いコンプレックスを抱えていたとは思えないくらい真っ当に暮らしていたように見えたが、一気に噴出するものなのかしら?
いち麦

いち麦の感想・評価

2.0
容姿に対する屈折した心が、生まれ変わりの夢と、悪夢のようなおぞましい代償をもたらす。J.スタージェスがいい身体してて驚いた。父親T.スポールの優しい台詞が良かった。ハートウォーム感とホラー感のブレンドがちと微妙。
山田

山田の感想・評価

4.5
バロック調の武器かっけ~
ラップミイラ
父ちゃんと母ちゃん、顔が似た系統のブスだな
顔にハート型の痣を持つ内気で心優しい青年が悪魔に魂を捧げてしまうお話☆

はぁ…エモくて美しい映画だった…♡

この作品を観て私のような感想を持つ人はきっと数少ないだろう。

「美は"恐怖の原点"」か…奥深くて良い言葉だな。劇中には他にも共感を覚える台詞がたくさん。

私が普段から思ってる事がそのまま劇中セリフに出てきて驚いた。たとえ容姿が醜くくても本人の心の持ち様なんだなって改めて思わされた。

「暗い世界に生きているかもしれない。けれども、だからこそ自分にしか見ることの出来ない世界がある。それは贈り物なんだ。」

究極にエモーショナルで心に刺さりまくった。

ジム・スタージェスってやっぱり演技が上手い。どれも心揺さぶられるけれど、特に泣きの演技が良すぎる。私好みの表現力を持ってる大好きな俳優さん♡

私ってすごく変わってるんだと思う。普通の人と違う人に惹かれる傾向があって、あえて言葉を選ぶとすれば、一般的に"醜い"とか"おぞましい"と思われるのものに美しさを感じてしまう。そういう人はきっと、他の人とは違う特別な魂を持ってるに違いない…って本気で思ってる。そういう私にしか愛せないような人がこの世にいる…とも♡

痣のある彼、とってもセクシーだった。
笑ったあの顔がとっても好きよ♡

自らここに抉り出した私の心臓を…あなたへ…

愛あふれる優しくて温かなラスト。
押し寄せる感動…*☆

彼が感じたあの神々しく美しい世界に同調して満たされる感覚。

悲劇は必ずしも悲しい思いをするものでは無い。時にそれは「愛」の気づきを与えてくれる素晴らしいもの。

感性萌ゆる独特な作風にメッセージ性の高い変わり種サイコスリラー、染みつくカルトファンタジー。

この映画を美しいと思える人。
私はこの先、そんな人と巡り合いたい。



星空が美しく輝く意味を心に刻み

特別に与えられたギフトに感謝して

自分にしか見えない世界を

これからも生きてゆく―――
dude

dudeの感想・評価

3.6
イーストエンドのスラムを舞台にした自警もの...と思いきや悪魔の契約やら何やらが絡んできて相変わらずクセのあるフィリップ・リドリー節。ラップの件なんかでさらっと天命感出してくるのが良いし、全身火傷で茶を啜るところも最高。しかし後半の感傷は意外に甘々で乗れず。聖痕が宗教モチーフから解放されるような快感は味わったが、男娼殺しを忘れてないか?とか考えてしまうわな。
ありがちな話ではあるけども、これ、途中経過での主人公ジェイミーへの仕打ちというか見返りが酷すぎる、悲惨。

こんな契約を交わしてしまうほど心に傷を持っていたんだろうけど、やっとの思いで約束果たしたら・・・・
ハッピーになれる・・・・と思いきや、ですよ。

しかも、(細かいことは書けないけど)一旦持ち上げといて突き落とす、が2回ありましたな・・・・
これ残酷で絶望ですな、ジェイミーにとって。

ジェイミーがこの仕打ちに対してどう出るかってのも
期待してたんですが、物語は「あっちの方向」へ。

おそらくこのオチは嫌いという人もいるでしょうね。

でも、私これはオチ云々ではなくて、
やっぱり途中経過がね・・・・・
悲惨なんですが、映画としてはそこが面白いというか。

ちょくちょく「???」なところもありますが
なかなか面白かった。

結局はコンプレックスに打ち勝てない、内気で孤独な青年の
心の病と捉えるのが妥当なところなのかな~

他にも解釈はできそうですが、
ラストにもう一つまさかの真相も用意されていて(はっきり言及はしてないけど)
鑑賞前の予想より面白かった映画でした。

スタージェスはホラー・スリラーも意外と似合うこともわかった(笑
ジャケットに惹かれてレンタルしました。
左上半身を覆うアザのせいで人に虐げられ、人生に希望が見出せないジェレミー。そこに世の理を超えた男が現れて、アザを取り除く代わりに世の中に混沌をもたらしてくれという取引をジェレミーと交わす。壁に落書きをするだけの簡単な契約のはずだったのに騙されて人殺しをさせられてしまう。それでもアザがなくなったおかげで愛する人もできて人生が明るい方向に向かうはずだった矢先、再び男が現れさらに人殺しを要求し…というお話。
望むものを手に入れるには代償がつきもので、何かを犠牲にしなくちゃいけないんだなぁと思いながら観てたら実はそうじゃなくて、人生に希望を持つことが大事なんだっていう展開になって驚いた。この映画のラストは少し悲しいものだったけど、外見ばかりを気にするんじゃなくて内面もしっかり大切にしないとダメなんだよっていうメッセージが伝わってきました。
ちょっとした伏線回収があり、悪魔なのかそれとも幻覚なのか、悪魔の手下なのかギャングなのか、最後まで分からない部分があってサスペンスとしても楽しめるようになってたかな。
悪魔の手下の造形が個人的にはとても良かったです。
riekon

riekonの感想・評価

2.0
全体的に地味で盛り上がりがないなぁ。
悪魔と契約して極悪になるのかと思ってたから期待ハズレ。
生まれつきの顔痣のせいでうじうじ不幸中の青年が悪魔と契約し幸せを掴むが、悪魔からの与えられる試練で四苦八苦。どうなっちゃうの~。

を、めちゃくちゃ陰湿で暗く描く。万人には勧められないし、何回も観たい訳ではないが、ラストの父親が主人公のハート型に見える顔の痣について、ゆっくり腰を落ち着かせた口調で「それはな、きっと……」とお話しするシーンで号泣した。前後の話も合わさり、まったく良いシーンなんですよ。

もし、レンタル屋さんや動画配信で見かけてお暇があるなら、ぜひ一度、観ていただきたいなぁ。
noroyu

noroyuの感想・評価

2.8
美と引き換えに、人の命を奪う...オスカー・ワイルド的な?

あらすじ読むと面白そうなんだが。
地味。特に真新しさなし。
>|

あなたにおすすめの記事