エージェント:ライアンの作品情報・感想・評価・動画配信

「エージェント:ライアン」に投稿された感想・評価

あんまり期待しないで見たら面白かった

監督兼出演のケネスブラナーは「オリエント急行殺人事件」がいまひとつだったけどこの作品では重厚な演技が良い!

ケビンコスナーはこのあたりから脇にまわって存在感が出てきた
場合によっては若い頃よりカッコいい!

アクションは最後のほうにあるけど、だいたいが頭脳戦って感じだった
ケネスブラナーとキーラナイトレイの会食時の会話とか面白いと思った

主役のクリスパインがちょっと受けつけなかったかな
ってそこ重要だよね、主役だからね
MM

MMの感想・評価

3.2
面白いけどありきたりかなー

クリス・パイン以外と背が大きい
ちゃき

ちゃきの感想・評価

3.6
ストーリーがサクサク進むから飽きずに最後まで楽しめた。スパイ系のアクション作品って、派手ではないけど緊迫感を感じられるから好き。
巨大な陰謀というほどでもない。

ドラマシリーズみたいな感じだった。

キーラナイトレイ劣化しててもやはり綺麗。

ケネスプラナーの黒幕大物感はすごいが『テネット』の方が闇が深くてより気持ち悪かった。
随你行

随你行の感想・評価

3.3
それなりに面白かった。ジャック・ライアンという設定なので、そこまでのアクションはなかったし、妻との展開が若干強引すぎるのがダメ。
ケネス・プラナー監督作品。しかし、シェークスピア俳優がアクション映画の監督とは、なんとミスマッチ。キーラ・ナイトレーが痩せたストーカー女で面倒くさい。夫婦CIA物語みたいでかっこよくない。リブートばやりなんですが、話の流れが、アメリカとロシアの対立を発端にロシア企業が金融恐慌を引き起こしてアメリカの地位を脅かす話。その辺の説明が稚拙な感じで、阿藤海なみに「なんだかなー」。アクションシーンが目新しくないし、「24」と比べて差があるかと言うと全くナイ!デート映画には、ちょうどいいかも。
ブルー

ブルーの感想・評価

3.6
とにかく主人公が凄い…頭の回転、早いし分析能力、高いし身体能力も高い。王道のジャック・ライアンシリーズは殆ど観ましたが正直、こちらの方が面白かったです。彼女が浮気では無くCIAだと知って喜ぶのにはちょっと驚きました。
RINGO

RINGOの感想・評価

3.0
ジャック・ライアンと言えば、ハリソン・フォードでしたねぇ。
今作品はリブート版とのことだけど、新ジャック・ライアンにクリス・パイン。良いじゃんと思いました。
ケビン・コスナーも還暦過ぎて、こういう脇にまわる役が増えてるけど、存在感あって良いね。
配役は良かったと思うけど、それなりに良かったかな?と思ったけど、監督の名前聞いてびっくり!
ロシアの実業家を演じたヴィクトル・チェレヴィン役のケネス・プラナー。彼が監督なんですよ😱 
なぜびっくりしたかと言うと、彼はイギリス出身のシェイクスピア俳優で、シェイクスピア作品に出演したり監督することが多いのだけど、こうした現代物の監督はかなり珍しい。
2011年のマイティソーも彼が監督と聞いてびっくりしたし。

となると、ちょっと辛口批評したい意地悪な私。
スパイものとしてはツメが甘い。ドキドキワクワクがない。ジャックがキャシーに安易にCIAエージェントと告白するとか、ストーリが中途半端に感じたなぁ。
大学生から海兵隊→CIAへの展開も早すぎる。いろいろ詰め込みたかったけど、しきれなかった感じ。
こんなアクション映画、なぜケネスに撮らせたのかなぁ…。
パ

パの感想・評価

3.5
内容はありきたりだけど、経済戦争ってとこでそこそこ楽しめると思う。

案外、評価が低いのが残念
海軍にいた兵士が任務中の大怪我で辞めることになるも、その頭脳を買われてCIAに所属。ウォール街の銀行に就職し、あるロシアの企業が何か企んでいることを掴み、ロシアへ調査に行くが…。
経済戦争をめぐる米露の話が面白かったなあ。ケヴィンコスナーがなんか役所広司に見えたw
あとキーラナイトレイはおじに効く
>|