今そこにある危機の作品情報・感想・評価・動画配信

「今そこにある危機」に投稿された感想・評価

ハリソンフォードのライアン。

パトリオットゲームから一転、
サスペンスっぽさは去り、
がっつりな安定アクション。

コロンビアの麻薬カルテルとの
ジャングル戦かますデフォー。

この時のデフォーの装備を真似て、
エアコキのM16を分解して、
再起不能にした小学生時代。

ライアン作品としては、
かなり火薬とジャングル強めで、
特殊舞台がやたらかっこよく見える作品。
tkami

tkamiの感想・評価

3.8
いや〜面白かった。ライアンが着てたカーキ色のコートカッコいい(そこ?)
Lazy

Lazyの感想・評価

4.0
久しぶりに観ましたが、安心して楽しめます。
コロンビアの人は楽しめないでしょうね。
ふと、ジャックライアンシリーズを観ようかななんて思ってしまいます。
デフォーが良い役ですね。
もうやってることがほとんどヤクザの抗争とかわんないよ・・・車列にロケラン襲撃する場面が好き
MKT1138

MKT1138の感想・評価

5.0
なんというか、王道感があった。往年のハリウッド映画という感じ。面白い。
欠伸

欠伸の感想・評価

-
ジャックライアンシリーズ
演じるのはハリソンフォード
安定して面白い
吉田

吉田の感想・評価

-
少し長い。ハリソンフォードただのCIA職員のはずなのに身体能力がすごい。
リホ

リホの感想・評価

3.4
後半のやり取りやアクションから面白くなるけど、それに対して前半が無駄に長い…
本当時代と共にホワイトハウスも進化するものです(^^;)
この時代は……大統領含め、大国アメリカを動かす奴らがアホ過ぎる。

今作も見事に正義のおとこジャック・ライアンが炸裂!
大統領のお友達が麻薬カルテルに殺され、端を発したおバカな作戦。何だろう、本当皆んなアホだし程々にしとけ💢
この点数を付けさせてもらったのは、クラークに扮するウィレム・デフォーの渋さ、良い歳なのに、ひたすら正義を貫く青いジャックに敬意を評して。

リッター曰く、グレーだ!
世の中善し悪しじゃない!グレーなんだよ!
そりゃそーだ(笑)

ある意味本当に
「今そこにある危機」でしたε-(´∀`; )
シリーズものとは知らずに観たけど、今作だけでも問題なく鑑賞できた◎

ジャンルとしては、ヒューマンとアクションを足してハリソン・フォードで割ったって感じ(?)。
権力者達の茶番劇に対してある種の不感症に陥っている現代社会には、ライアンの「ボーイスカウト」のような誠実さは、それこそフィクションでしかない…のだけど、今観てもハッとさせられるような印象的なセリフも多く、心に残る映画だった。

特に病床に伏す上官の、君が誓いを立てたのは、大統領ではなくその雇い主だ。大統領の雇い主である、国民に誓いを立てたのだ、というセリフは、とてもよかった。

あと、ウィレム・デフォーが最高だった。
領収書を見たあとの顔、めちゃくちゃいいわ…笑

諸々のテクノロジーはもちろん、時代を感じたのが、映画のテンポ。
近年のスパイもの、アクションものは本当に展開が速くなってるんだなぁと実感。

序盤は、重厚な政治ドラマになるのかな…?と感じるほど、進み方がのんびり。途中から急にバタバタしはじめて、あれ?これってアクションだったんだ……??と気付く。アクションパートに入ると、ああ〜90年代のアクションってこんなだよね〜うん……!という感じのテンポに。

近年のアクション映画のドキドキを期待すると冗長に感じられるけど、90年代だと思えば、まぁこんなもんでは?って感じだったかな〜。

ウィレム・デフォーは良い。
>|