アメリカン・アサシンの作品情報・感想・評価

「アメリカン・アサシン」に投稿された感想・評価

ははは

はははの感想・評価

3.4
全体的に容赦無いところが良かった。

話も変に凝ってなくて
最初の幸せな空気感から
「あっこれは」って展開を察した。
ディランオブライエンがカッコいい。
メイズ・ランナーの時とは印象が違って、渋カッコいい。
jody

jodyの感想・評価

3.7
主人公命令に背きがち

最初の感じがパニッシャー感あったけど面白いね
いつものスコアドが拝めるスパイ・アクションw
兄貴はいつまでこのポジなのか…

でも、アクションもスマート、ガンアクション、カーチェイス、拷問もあり♪
ラストの『バトルシップ』味も楽しかった~

ただ、あの解決方法で良いのか…とも思いますけどねw
『トゥルーライズ』から変わらんなぁ(笑)



ミッチ(ディラン・オブライエン)は、テロリストによる無差別殺戮により、プロポーズしたばかりの恋人を殺されてしまった。

18ヶ月後。
ミッチは1人、テロの首謀者への復讐計画を練っていた。
が、CIAに捕まり、協力するか刑務所か選べと言われる。

協力を選んだミッチは、ハーリー(マイケル・キートン)の下で訓練を受ける。

そこへロシアから15kgのプルトニウムが盗まれたと知らせが。

ハーリーは、ミッチとスコット・アドキンスを連れ、プルトニウム奪還任務に向かう。
しかし、"ゴースト"と呼ばれる凄腕傭兵に行く手を阻まれ……



ディラン凄い(//∇//)
ただ走るの速いだけじゃなかったのねw

復讐に燃え、ただひたすらに己を傷め鍛えてきた動きは、細いながら確実スマートで見事でした!!!!

ストアドは文句無しのアクション☆
が、扱いには文句ぶーぶーですよ、もうっ(笑)
こんな弱いわけないでしょーがー
ボイカだぞ?!

あとは…
爪剥がしの拷問はなかなか♪
剥がしたあともがっつり見せてたし~
あんなに一気に剥がれるのかな?とも思いますけどねw

そうそう、喉はかき切らず、突き刺す!っていうのも良かった。
抜くとぶっしゃあ~ってなるから、刺したまんまなのも良し。

CIAが間抜けだし、都合良く進み過ぎだし、ラストも大丈夫なのかな?とも思いましたが、さくっと楽しめる良作アクションでした☆
sabonis

sabonisの感想・評価

3.4
あんな素敵なフィアンセを殺られたら、おれもアサシンになってしまう。
たける

たけるの感想・評価

3.4
数多くあるアクション映画の中で中堅に位置するであろうクオリティーだったと思う。個人的にこれまで見てきたアクション映画の中で上位に位置するのは、MIシリーズと007のカジノロワイヤル!!
【言うこと聞かない系主人公】

情にあついイメージがすっかりついてしまったディランの新たな主演作は、死んだ目で上司からの命令は全無視の、おれがやったるで系アクション。

オープニング、ショッキングなシーンから始まり、にこやかなディランは数分で終わる。そこからは、アメリカンなアサシンになる。
スマート感、テクノロジー感はなく、いやテクノロジーは使ってるんだけど、男臭い演出と戦闘だから、すっごいゴリゴリ。


展開は中盤までは良かった。
わりとふつうのアクション映画。
いまさらふつうのアクション映画?
サプライズ展開もないし、アクションがすごいわけでもない。どうした。
ラストの爆発だけよかった。
めっちゃ派手。あれやりたりたかっただけなんじゃないかってくらいの、大爆発。
すっごいCGだな〜。

新シリーズ作ろうとしたのかな?
メイズ・ランナーのディラン・オブライエンが、かなりワイルドになってました。髭面タフガイ!アクションもカッコいい!
テロシーン、キッツい。あんな幸せいっぱいのタイミングで。でもだからこそ、主人公の復讐心の強さがわかる。でも一般人からあそこまでなるって、凄すぎる。
劇場は観そびれて、配信で観賞。
期待ほどではなかったな。。。。

ディラン・オブライエンに関してはメイズ・ランナーの時より男臭くてナイスでした。ただ脚本が。。。

わかりやすいセリフ。
このセリフで何でも説明させるから話にリアリティが感じられない。。。
また、どこかで聞いたような、見たような。セリフや設定の詰め合わせで凄く安っぽい作品になってるなぁ。。。と(笑)
それぞれの立ち回りや映像は悪くなかったので凄く勿体ない作品でした。
(特に最後のシーン)

ただ、アニカ役のシヴァ・ネガーさんが良かったです。
イラン出身の女優さんみたいですが、あまり作品には出てないみたいですね。
今後が楽しみな女優さんです!
watch

watchの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アクション映画で、スカッとしたい人向け。ポップコーンを食べながら楽しめるアクション映画、という印象。

中身を紐解けば、恨みを持つ主人公が、恨みを糧に強くなって、結果として、ただただCIAの犬になってしまう話。
>|