ザ・ファーム/法律事務所の作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ファーム/法律事務所」に投稿された感想・評価

MASH

MASHの感想・評価

3.5
後半面白いが全体的に長い。
もっと短縮できるし、その方が見やすい。
主演のトム・クルーズ以外の出演者もジーン・ハックマンやエド・ハリスなど実力派揃いで演技は間違いないよね。ホリー・ハンターも個性的な役で「ピアノ・レッスン」と同じ人とは思えない。
ストーリーはハラハラするところもあるけれど、長くてちょっと見るのが疲れた。

2021-719
Kamiyo

Kamiyoの感想・評価

3.5
1993年 ”ザ・ファーム 法律事務所” 監督 シドニー・ポラック
ジョン・グリシャム原作の法廷サスペンス。
とはいってもこの作品には法廷シーンはありません

おいしい話には裏がある、それをサスペンスフルに描き出した
シドニー・ポラックらしい社会派サスペンス。
エネルギッシュで内に野心を秘めているような
若者役が似合っていたハーバード大学を優秀な成績で卒業した
ミッチ・マクディーア(トム・クルーズ)。
彼は破格ともいえる最高の労働条件を提示さした
テネシー州メンフィスにある少数精鋭の税務専門の
ベンディニ、ランバート&ロック法律事務所に
就職したのだが、そこには巨大な陰謀が待ち受けていた…。
実はこの事務所、実態はマフィアの隠れ蓑で
マネーロンダリングの役割を担うものだった。

いきなり二人の先輩弁護士が事故死したことに疑問を感じた
ミッチが動き始める。
彼の教育係りとして行動を共にする先輩が
ジーン・ハックマン演じるトラー。
事務所の黒さを悟られないようにといつも笑みを浮かべて近づいてくる。ちょっと怖い存在を巧みに演じていている。
さらには事務所を内偵しているFBI(エド・ハリスら)との接触
収監中の兄(D・ストラザーン)のツテで紹介された
探偵(ケイリー・ビジー)と接触していくうちに徐々に事務所の
背後関係がわかってくる。その見せ方もうまい。

マフィアの殺し屋たちが身近に現れるようになって
妻アビーとの関係もギクシャクし始める。
ミッチの動きを察知したトラーが、行きずりの女(実は仕込み)との
不倫現場の証拠写真でミッチを脅しにかかる。
次第に追い詰められていく状況をスリリングに演出する。

トム・クルーズの派手なアクションはないが、
FBIからの申し出を逆手にとって役員の信用を得たり
マフィアの大物達を丸め込み、かつ弁護士資格も失わない手法など
最後がご都合主義な感じがしたのがちょっと残念で
そんな子供騙しなやり方が通用するのか、かなり疑問でしたが
サスペンスあり、アクションありで楽しめました。

腐敗した弁護士役のジーン・ハックマンの演技は素晴らしい。
厚顔な弁護士でありながら、“自分はとっくの昔に死んでいる“と言い危険を承知で女を逃がす“素の男”になったシーンには感動すら覚えてしまった。
私立探偵秘書役のホリー・ハンターがキュート。色っぽいだけ
の秘書ではなく、有能ぶりを徐々に発揮していたのが面白い。

デーブ・グルーシンの音楽が長く記憶に残る作品だ。
fkr

fkrの感想・評価

4.2
@CS/BS 面白い。どっちつかずのサスペンスフルさが素晴らしい。若干長い。
Shun

Shunの感想・評価

3.5
思った以上にミッションインポッシブルだった。
ジーンハックマン◎
とし

としの感想・評価

3.2
弁護士の話ではあるけど、法廷で有罪無罪を決めたり、被告人の罪を軽くしたりといった話ではない。
新米弁護士が、法律事務所が不正を犯しているのか、それともFBIが彼を騙しているのかを暴いていく話。

たしかにミッチにとっては好条件過ぎるんよ。
実に怪しい事務所といった感じ。よくよく考えれば、だけどね(笑)法律事務所も怪しく見える。
でも、ミッチに近づいてくるFBIもなんとなく胡散臭くて怪しく見える。

アメリカでは、法律事務所で働きながら司法試験を受けるのかな。

ミッション:インポッシブルでなんとなくアクションのイメージが強いトム・クルーズさんだけど、アクション色が強くない作品でも格好いい。
でも、2時間半は長い。

21-201
法廷ミステリーだと思って見たのに全然違った。池井戸潤が書くような組織と戦うサラリーマンの話。夫婦のシーンがメインなみに尺とりすぎててバランス悪い気がする。半沢直樹だって夫婦シーンばっかりやってたらつまんないでしょ。
あとジーンハックマンの無駄遣いは有罪。
マスン

マスンの感想・評価

3.6
トム・クルーズ主演。隠された真実を知った新人弁護士が選択を迫られる法律サスペンス。
原作は800万以上の大ベストセラー小説。若き日のトム・クルーズが演じる会社の不正を知った青年弁護士が、警察やマフィアとのスリル満点の駆け引きを繰り広げる。
U-NEXTレビュー

若いトム・クルーズ。
一気に見てしまった。28年も前の映画には思えないくらい。
新人弁護士、たくさんの就職先から、これ以上にない最高の報酬、高級住宅、高級車を受けとることになる。
しかし想いもよらない法律事務所の実態が浮かび上がり、巻き込まれていく。

トム・クルーズのあの走り方は今も健在。
一気に見てしまった。
エド・ハリスも変わらず。
悪の強い、ジーン・ハックマンがこの映画では、いい存在だった。
Hiroyuki

Hiroyukiの感想・評価

3.5
古い映画だけど、CGではなく直接体を張ったアクションも多くて、想像以上に楽しくみれた。ストーリーもわかりやすく、途中ちょっと法律の知識もいる感じ。
ソラノ

ソラノの感想・評価

3.0
好条件の法律事務所に就職したミッチだったが、その法律事務所の闇を知ることになり、FBIからも接触を受ける。
面白いんだが、法律が絡んでくる後半は難しい。
アメリカは就職してから弁護士資格を取るんだね。
>|

あなたにおすすめの記事