ボーン・アイデンティティーの作品情報・感想・評価

ボーン・アイデンティティー2002年製作の映画)

The Bourne Identity

上映日:2003年01月25日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ボーン・アイデンティティー」に投稿された感想・評価

なお

なおの感想・評価

3.2
最近マット・デイモン率高め
カーチェイスかっこいいしアクションもすごいんだけど1回でいいかなって感じ

てかあのわんちゃんどうしたの
あの眼鏡絶対許さん
ボーンシリーズの初回。根強い人気があるのは、現代風の理想のスパイ像になっているからなのか。でもまあ普通に格好いいっす。中盤はわりとだらける展開もあったけど、演出も脚本も太くて終盤は見所も多く見応えがあった。
スパイ養成のカラクリに関しては無理筋な面もあったがアクションの展開は終始楽しかった。
だいち

だいちの感想・評価

4.2
1作目 自分探し 編
トレッドストーン(踏み石作戦)
CIAが考案した長期の洗脳で暗殺要員を育成する工作員養成計画

リアルだから好き派と地味で嫌い派に分かれるシリーズ
僕は大好き

序盤の公演で「なぜ動けるんだ?」って感じのところやお店に入って出口に近い席や座ってる人は喧嘩が強いなどの情報はわかるのに自分の事は何もわからない!って所が大好き
ぴっぴ

ぴっぴの感想・評価

2.5
自分のことはわからないのに、
体は動いちゃう。
体で覚えるってすごいす。

上映されて20年近く。
初見でしたが
まったく時代を感じさせず
ハラハラの連続。
ヒロインに魅力を感じなかったのが
残念ですが、
評判通り、おもしろかった!
miyabi

miyabiの感想・評価

-
ジェイソン・ボーンと名乗りたい
これはMobyに軍配ありでしょう、完全に!
記憶をなくしてイライラしているのは分かりますけど、命の恩人に八つ当たりして、言い過ぎな
ジェイソン・ボーンさん鑑賞です。

CIAものなのでスパイ活動メインかと思ってましたが、ボーンさんがしくじり逆に命を狙われるハメになり、逃げまくるストーリーなんですね

3000万ドルかけて育成したスパイなだけに(金かけすぎ) 記憶を無くしていても襲われると条件反射で敵をバッタバッタ倒していくのは爽快でしたが、一般ピーポーのマリーさんを巻き込みすぎで可愛そうでしたね

こっちもボーンさん視点で一緒に記憶を辿り思い出して行きながら、敵から逃れていく所は面白く観れました、何か主人公を応援したくなる作品でカーアクションも良かったと思います。
たろう

たろうの感想・評価

3.7
マット・デイモンのスパイアクション映画。徐々に記憶を取り戻す展開と派手なアクションが良かった。
ウサミ

ウサミの感想・評価

3.9
ここのところ映画見れず、ただ皆様のレビューを読むだけの日々が続きましたが、久しぶりに観れました。

もっと映画観たい!!

とりあえず、サラッと観れそうなアクションをと思い名作を。

アクション映画でありながら、非現実感を極力排除した「地味さ」が最高にクール。
マットデイモンの演技力もあいまって、ただのエンタメアクションにとどまらない楽しい作品でした。

『ラン・ローラ・ラン』の彼女がヒロイン役で、
「この顔どっかで観たぞ!!」
とずーっと思ってました。

何でもかんでも非情に切り捨てるCIAの合理性にワクワクしながらも、謎多きまま追われる展開に引き込まれました。

格闘シーンの効果音が格ゲーみたいだったのは少し笑った。

分からないことをちりばめながら、そのミステリアスさを魅力に昇華しつつ話を進めるのが心地よい。
派手なアクションではないが、シックな格好良さがあり見応えも十分。

2も観たい!
火星のデイモンあまり好きじゃなかったけど、ジェイソンボーンはかっこいい。
このシリーズ好きや〜
イギリス版スパイ映画はジェームズボンド
アメリカ版はイーサンハントかジェイソンボーン!
でも舞台ほぼヨーロッパ笑
>|