ボーン・アイデンティティーの作品情報・感想・評価・動画配信

ボーン・アイデンティティー2002年製作の映画)

The Bourne Identity

上映日:2003年01月25日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ボーン・アイデンティティー」に投稿された感想・評価

つのだ

つのだの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

名前はジェイソン・ボーン…

自分が誰なのか
何をして生きているのか
何者なのか

何をしても正解に感じれない

自分の存在が明らかになることで
回りが傷つくのは辛いし

お決まりの場所で
好きな人と会うことすら
許されないんだよな…

暗殺者だとしても
優しさを知ってしまったら
捨てきれない思いも分かる

マリーが新しいお店で
ボーンからもらった
カバンを使っていたことが嬉しい

銀行のカバンだとしてもね(笑)


ヒーローあるあるだけど
絶対に好きな人の居場所を突き止めて
会いに来る

離れていても
守られているような

ヒーローの相手は危険だけど
愛はめちゃくちゃ感じるだろうな~
花花

花花の感想・評価

3.5
過去記録

マットデイモン、アクションもできるんだ!って驚いた。
情報が紙ベースだったり、みんな小さいガラケー持ってたり、時代の流れを感じる…
ヨーロッパの色んな街並みが見れて良かった。
よとり

よとりの感想・評価

2.8
うーん、なんか物足りない
アクションシーンとか戦闘シーンはかっこいいんだけど、ストーリーに派手さがない分、淡々としている印象が強い

人間兵器なのに少し強めの人間レベルだなっと思ってしまった
My

Myの感想・評価

3.5
洒落ている。
ハードなスパイアクション。続編が気になる。
マット・デイモンかっくいいねえ。あのコートほしい。
mickey

mickeyの感想・評価

4.3
マット・デイモンの代表作ジェイソン・ボーンシリーズの一作目。

リアル寄りのスパイアクションで、ダニエル・クレイグの007など多くの映画に影響を与えましたが、ハリウッドらしくないヨーロッパ映画のような雰囲気も含めて非常に好きな作品です。
まぁ、リアルといっても実際のスパイがどんな感じかなんて知らないですけど。それに、冒頭に大きなツッコミどころがあるんですよね。

皮膚の下に個人情報のマイクロカプセルが埋め込まれているってどうなのよ!
しかも瀕死状態の時には光るわけでしょ。
そこは、トンデモ設定じゃなく普通にできたんじゃないか。
とはいえ、鑑賞中は記憶喪失のマット・デイモンの謎が気になってそこまで気にならなかったですけど。

個人的には、ナポリから陸路でチューリッヒ、パリへの道のりがとても現実的で好きですね。これが大味なアクション大作だと、やけに世界中を巡るじゃないですか。見た目には楽しいですけど。
ヒロイン役がチューリッヒにいそうなタイプのフランカ・ポテンテで、この行きずりの恋がまたリアルに感じられて良いです。
「忘れっこないだろ、君しか知らないんだ」
台詞も洒落てるし、こういう極限状態ならこうなるだろうなという二人の距離感に納得できるんです。

アクションは派手ではありませんが、戦う時は身の回りの物を使い、逃げる時は地図や案内図で逃走経路を確認する。そして、何ヶ国語も操る姿からも分かるように、ボーンの最大の武器は知性。
無用な衝突は避け、避けられないとなったら常に敵の一手先を行く、スナイパーとの対戦もそう(クライヴ・オーウェンがまたクールで印象に残ります)。
他のスパイアクションでは主人公が無茶な行動をすることがありますが、ボーンの場合は行動が全て理に適っているので、彼の強さやプロフェッショナルさが際立って見えます。
マット・デイモンの話す外国語も必見です。
あき

あきの感想・評価

3.8
自分が何者か分からないのに身体が勝手に動いてしまうところがかっこいい。
アクションがひたすらかっこよかった。
たす

たすの感想・評価

4.2
めめめちゃくちゃかっこいい!!
初めての視聴だったので何もかも面白かった!記憶喪失の主人公が自分のことを探っていくこと自体はよくある設定だけど、ディテールのこだわりがすごい。
要所要所で出てくる戦闘シーンやカーチェイス。ありがちなシーンのようだけど使っているのはかわいいミニの車やボールペン、狩り用の鉄砲など、戦闘用ではないもの。でもボーンの圧倒的な戦闘能力でそれらが最強の武器に変わる。でもわざとらしくなく、静かに無駄なくサッとやっちゃう感じ。シビれた。イケメン。

ボーンは何者かわからないし、戦闘能力高すぎるし、やっていることは常軌を逸してる。なのにボーンの優しさや人間味が安っぽくさせない。マリーの髪をザクザク切ったあとにキスするシーンは釘付けになってしまった。そのあと逃げた先で子どもを見つめて「もう自分が何者か知りたくない…」と弱音を吐くシーンが自然と入ってくる。作戦が失敗してしまった原因にも繋がってくるので納得感がすごくあった。

かなり好きなアクション映画だった。
次回作もたのしみ!!
ぎー

ぎーの感想・評価

4.0
『この先は段差がある。』
アクション映画としては史上最高とまではいかないかもしれないけど、アクションシーンは間違いなく史上最高!
特にアクション映画好きにはたまらない出来栄え。
スピード感やド派手さで勝負するアクションシーンが沢山作られている現代において、リアリティっぽさと独創性を極めたボーンシリーズのアクションシーンは、特に沢山のアクション映画を見ている人にとってたまらないはず!

チューリッヒの領事館で海兵隊員から逃れる場面で、この映画がタダモノじゃない事に気付かされる。
007やM:Iシリーズだったら、非常階段の上から確実に飛び降りてる。
ボーンは違う。
近くの段差に飛び移って海兵隊員の目を盗み、一段一段着実に降りて行く。
全く迫力はないけど、そのリアリティのある超人性と緊迫感に目を奪われてしまう。

アクションシーンは全部印象に残っていてベストを選べないくらい!
パリで自宅に侵入してきた工作員との素手のやり合いのスピード感、ペンで返り討ちにする衝撃。
リヨン近郊でマリーの元彼氏宅に侵入してきた工作員を猟銃で返り討ちにするクールさ。
特にこの流れでは燃料に火をつけて目をくらませたり、空砲を撃って雁を飛ばして草むらで工作員を先に動かせたり、ともの凄いスピード感の中で全く無駄のない計算し尽くされた動きが素晴らしかった。
本作の敵役コンクリンとパリで初めて対面した後に、螺旋階段を死体を下敷きに飛び降りながら射殺するシーンはインパクト強すぎる。

でも、やっぱり一番印象に残ったシーンはパリのカーチェイスの場面。
映画史に残るカーチェイスだと思う。
少なくとも、ミニが一番活躍した映画。
『この先は段差がある。』って、段差なんてもんじゃない。
これもこの映画の特徴だと思う。
セリフがとにかく少ない。
主人公のボーンはともかく、周囲のCIAの面々も含めて皆にどちらかと言うと口数が少ない。
でも、その事がより一層リアリティを高めていると思う。

アクションがとにかく格好良いけど、映像の色の濃淡がハッキリしていて、音響もベースが効いている映画が多い中、モノクロで無音の時間が長い異色の映画。
公開当時学生だった自分にとって、ベスト映画だったのをよく覚えている。
流石にCIAが人の命を軽くみすぎていたり、一般人にも被害が出まくっていたりと、設定に荒いところはあるし、アクションシーンの切りつなぎのようなストーリー進行も気になってしまうところはあるけど、それらを補って余りあるほどのアクションシーンのインパクトだったと思う。
凄く良かった!

◆備忘ストーリー
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ボーン・アイデンティティー
jtcawest

jtcawestの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ハラハラどきどき、迫力満点
アクションシーン、カーレースおもろい
アクションシーン特に半端ない

後部屋の中の立ち振る舞いとか暗殺者としての心持ちとかかっけえ、絶対に追い込まれないように立ち振る舞っている
>|