アウトローの作品情報・感想・評価・動画配信

「アウトロー」に投稿された感想・評価

りえ

りえの感想・評価

2.0
ハードボイルド小説「ジャック・リーチャー・シリーズ」を映画化したアクション大作。
トムクルーズ演じる主人公が何でも出来過ぎ。こういう映画はだいたい主人公に弾当たらないが本作品は特にひどいw
楽しめなかった。
ブルーノが出てきてからは何とか面白くなってきたけど、ジャケット詐欺すぎるだろ。爆破シーン1個もないし。
真夜中

真夜中の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

犯罪組織の一員として、その世界に足を踏み入れたら最後、取り返しのつかない事態になってゆく主人公の姿は製作総指揮を務めたレフンの「プッシャー」の主人公にも重なります。
登場人物のキャラ立ちや人間関係の整理も上手いし、ストーリーも破綻なくまとまってる。
絵にかいたようなスタイリッシュな演出も悪くないし、特にラストなんて最高。
監督デビュー作としては文句なしの出来ですが、突出する要素が感じられないのも確かで、もうひとつオリジナリティが欲しい所でした。
ベン

ベンの感想・評価

3.3
5人の無差別殺人。
ジャックリーチャー来る。
再捜査。
怪しい陰謀が、、

 イーストウッドでもジャック・リーチャーでも無い北欧映画のアウトロー。しかもジャック・リーチャーの方は年も同じだからややこしい。どっちも原題違うんだから、なんとかできなかったのか。ということで、間違えて見た人のせいで感覚的に低く評価されてそう。
 酔っ払って喧嘩して逮捕されちゃった、どうしよう、助けてと偶然出会った昔の友人に泣きついたら闇の世界の住人に。気づけば、裁判のことよりもその世界で生き抜くこと、好きになった女のことしか考えられなくなってる転落もの。
 途中から出てくる悪役ブルーノの悪さったらないし、そこは良かった。ラストがあまりにも示唆的というか語らなさ過ぎて、結局その666のついた腕2つはいったい…という疑問は残るが、まあ楽しかったしいいか。
酷評が過ぎる…
ドラッグとエロとバイオレンスの破滅的お話としては佳作だと思うけどなー

製作にニコラスウィンディングレフンが絡んでいて、監督作のプッシャーみたいな感じ。
ニコラスで唯一面白い映画。
ありきたりな話だけど、良かったよ。
観ました。

例えば、あいうえお順で映画を観ていくとしたら、トム・クルーズのアウトローの次にこの映画を観ることになる。いや逆かもしれないけどね。
華

華の感想・評価

2.0
ひょんな事からギャングの一員となった大学生が麻薬、強盗などの犯罪の世界に足を踏み入れて行く様を描いた実話を基にした作品。

北欧の寒々とした閉塞感漂う雰囲気、主人公目線でテンポ良く進む展開は、好感が持てるのだが、肝心なストーリーが劇的に面白くない… (実話なので仕方はないが)
また、登場人物に魅力がないので感情移入が出来ず早い段階で飽きてしまう…

ノンフィクションドキュメンタリーなら良い作品だが映画としては、残念…
LUKESIS

LUKESISの感想・評価

3.5
ブルーノがひたすら気持ち悪くてハマり役でステビがレントン的な立ち位置でよかった。
2012の割りに時代設定がミレニアムてことでストーリーに新鮮さはないものの、この時代の映画をいくつか思い出す様な懐かしさとアイスランドの新鮮さがあった。
筋トレのとこ笑えるw
駄作感満載だけどアイスランド感じれた!寒っそ
Netflix