ドッグ・イート・ドッグの作品情報・感想・評価

ドッグ・イート・ドッグ2016年製作の映画)

Dog Eat Dog

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:93分

3.1

あらすじ

長年の刑務所勤めを終え、シャバに出てきたトロイはムショ仲間だったコカイン中毒のマット・ドッグ、巨漢のディーゼルと再会。お先真っ暗な人生とサヨナラしたい3人は、イカれた地元ギャングの首領から、ある仕事の依頼を受ける―。それは借金を返済しない男の赤ん坊を誘拐すること。一見、簡単に見えた報酬75万ドルの大仕事だったが、辞退は最悪な展開を招き、3人は追われる身となってしまう・・・。まさに“喰うか、喰われ…

長年の刑務所勤めを終え、シャバに出てきたトロイはムショ仲間だったコカイン中毒のマット・ドッグ、巨漢のディーゼルと再会。お先真っ暗な人生とサヨナラしたい3人は、イカれた地元ギャングの首領から、ある仕事の依頼を受ける―。それは借金を返済しない男の赤ん坊を誘拐すること。一見、簡単に見えた報酬75万ドルの大仕事だったが、辞退は最悪な展開を招き、3人は追われる身となってしまう・・・。まさに“喰うか、喰われるか”の状況のなか、果たして、生き残るのは誰だ!?

「ドッグ・イート・ドッグ」に投稿された感想・評価

Usay

Usayの感想・評価

2.2
アート系やしシンプルにおもんなすぎ
20分で観終わった。
うーん、話が進んでいくほどつまらなくなっていく
20171120
yusuke

yusukeの感想・評価

3.0
そんなみんな言うほど悪くないんじゃと信じて鑑賞。

始まりはこれはすごい映画になるのかもと思いきや、そうでもなかったり。
好きなシーンはそれぞれあるものの、演出もうまいと思えるとこもあるものの、イマイチのところが多かったり。
もう少し何かインパクトとアイデアがあれば!
なんか時間軸をいじるとか、音楽を有効に使うとかさぁ。

タランティーノ絶賛てお金もらってるんじゃないよね?
それでもウィレムデフォーは大好き!!
安定のサイコ具合!
後半へ行くほどドンドンつまらなくなる…
ニコラスケイジ好きなんだけどな…。
序盤で挫けた。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.3
長年の刑務所勤めを終え、シャバに出てきたトロイ(ニコラス・ケイジ)は、ムショ仲間だったコカイン中毒のマット・ドッグ(ウィレム・デフォー)、巨漢のディーゼルと再会。お先真っ暗な人生とサヨナラしたい3人は、イカれた地元ギャングの首領から、ある仕事の依頼を受ける――それは借金を返済しない男の赤ん坊を誘拐すること。一見、簡単に見えた報酬75万ドルの大仕事だったが、事態は最悪な展開を招き、3人は追われる身になってしまう…。
 オハイオ州・クリーブランドの裏社会を舞台に、まさに“喰うか、喰われるか”の状況を描いた息詰まるクライム・サスペンス『ドッグ・イート・ドッグ』。原作はクエンティン・タランティーノも絶賛した、エドワード・バンカーの同名小説(ハヤカワ文庫NV)。
「タクシー・ドライバー」の脚本家ポール・シュレイダーが監督なだけに、タランティーノ張りの過激なバイオレンス、リアリティーのある犯罪者の描写、後がない前科者の突破口を見つけるために足掻く野良犬のような悲哀、厄介者のマッドドッグを切り捨てることが出来ないトロイたちの非情に成りきれない弱さ、救いのない乾いた後味、タランティーノ監督の映画が好きな人なら気に入る傑作フィルムノワールです。クールなトロイがはまっているニコラス・ケイジ、ヤク中でイカれているがどこか愛嬌のあるマッドドッグを演じるウィレム・デフォーが、印象的です。
四隅

四隅の感想・評価

3.0
内容に反する映像美。反しているようで、逆にマッチしているようにも感じる。不思議。バラの壁紙のお家に住んでみたい。かわいかった。
最近ハズしまくっているニコラス・ケイジの最新作。
こちらもやっぱりダメでした(´Д`)

せっかくウィレム・デフォーも出てるのに…

面白いのは冒頭10分くらいかな。
色使いやイっちゃってる感じが良かった♪
たまにモノクロになったりするのも素敵☆

が、その後は失速するのみ(´-ω-`)
バイオレンスな展開も、どこか的外れ。

そんななのでストーリィはさらっと…


トロイ(ニコラス・ケイジ)の出所を祝う、マッド・ドッグ(ウィレム・デフォー)とディーゼル。
3人で荒稼ぎだ!と仕事を請け負うが……


冒頭のデフォーは最高です(〃∇〃)
完全にイカれたヤク中駄目親父♪

そのノリのまま行くのかと思ったのになぁ…
あとはずっと眠かったです(´Д`)

喰うか喰われるか!
そんな緊張感は全く無い残念アクションでした。
象煮

象煮の感想・評価

1.5
面白くなかった…マッド・ドッグ、冒頭以外全然マッドじゃない。
ペイン

ペインの感想・評価

4.3
名作『タクシードライバー』の脚本を書いた“暴力キチガイじじい”ことポールシュレイダーの監督作!

“タランティーノ絶賛”という

またこのキャッチコピーのせいで観るハメになってしまったのだがこれが良かった!

最近、もはや不調が当たり前になりつつあるニコラス・ケイジだが、今作は非常にハマり役だし作品もドラッギーでアヴァンギャルドで常にラリっているようなテンションの映画で最高。ウィレムデフォーも最高。

流石はポールシュレイダー監督!暴力描写にも躊躇が無く破壊力抜群!

ラストのニコラス・ケイジのある幻想が切なく胸を打つ。
>|