ドッグ・イート・ドッグの作品情報・感想・評価

ドッグ・イート・ドッグ2016年製作の映画)

Dog Eat Dog

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:93分

3.0

あらすじ

長年の刑務所勤めを終え、シャバに出てきたトロイはムショ仲間だったコカイン中毒のマット・ドッグ、巨漢のディーゼルと再会。お先真っ暗な人生とサヨナラしたい3人は、イカれた地元ギャングの首領から、ある仕事の依頼を受ける―。それは借金を返済しない男の赤ん坊を誘拐すること。一見、簡単に見えた報酬75万ドルの大仕事だったが、辞退は最悪な展開を招き、3人は追われる身となってしまう・・・。まさに“喰うか、喰われ…

長年の刑務所勤めを終え、シャバに出てきたトロイはムショ仲間だったコカイン中毒のマット・ドッグ、巨漢のディーゼルと再会。お先真っ暗な人生とサヨナラしたい3人は、イカれた地元ギャングの首領から、ある仕事の依頼を受ける―。それは借金を返済しない男の赤ん坊を誘拐すること。一見、簡単に見えた報酬75万ドルの大仕事だったが、辞退は最悪な展開を招き、3人は追われる身となってしまう・・・。まさに“喰うか、喰われるか”の状況のなか、果たして、生き残るのは誰だ!?

「ドッグ・イート・ドッグ」に投稿された感想・評価

ニコラスケイジ とウィレムデフォー の原人顔コンビ
こんなA級原人俳優セットの時点で内容はどんなでも良いくらい

で、観てましたらなんか既視感…よく考えたらワイルドアットハートでとっくに共演してましたね、A級原人ズ
すっかり忘れてました

主人公グループはこの2人にもう1人加えた3人組
そのもう1人はパッケージで省略されちゃうだけあって見たことある気がするよーなしないよーななかんじの人
それが結構な悪人顔の人なんですが、なんか不思議と男前に見えたのは原人ズに囲まれてたせいかもしれないです

この2人を横に置いて歩けば今すぐあなたも男前
PG12

PG12の感想・評価

-
うーん、パッケージから受ける印象の映画では少なくともなかった。最近のニコラス・ケイジ映画のクオリティ。イカれてはいるけど、同時にバカか!とイラつきもするからバランスって難しいね。
イカれたデフォーさんを堪能できる映画。
見所はそこだけですかね(;^_^A

オープニングからデフォーさんのイカれ具合がMAXでこれは!って思ってワクワクしながらみてたんですけど中盤からダレてきてラストはポカーン(゜д゜)
内容自体は悪くないんだけどなんだろ…編集のせいなのかそもそも構成のせいなのかそのへん難しいんだけどなんか中途半端で分かりにくい。
役者さん達はよかったと思うんだけども。
主役はニコラス・ケイジになるのかなーそれよりもデフォーさんが濃すぎて印象が薄い( ¯꒳¯ )ᐝ
なんだか惜しい映画でした。
Chop

Chopの感想・評価

3.5
クズな奴らのハードボイルド。

メンツが良いよね。
ウィレム・デフォーのイカれっぷりがええ感じ。

画のセンスが好き。
哀愁感とか。
Koichiro

Koichiroの感想・評価

3.2
キャストそこそこ豪華やけど内容は大したことない
かもなく不可もなくって感じの映画やな
ムショ帰りのどうしょうもないクズ3人がつるんで犯罪で生計を立てている。
また捕まるのが嫌でグダグダと無計画な犯罪行為を繰り返す。そして死んで行く。
なんかたまにクズ過ぎて笑えるとこがあるのは憎めないところ。
ニコラスケイジもウィリアムデフォーもやっぱり上手いからね。そこが余計に笑える。ウィリアムデフォーなんてこんな歳なのにまだこんな役するんだってのがすごい。
命乞いしてるとこなんかノーメイクなのにロードオブザリングのゴラムに見えてくる。凄い顔のインパクト。俺なら撃てない
嫌いじゃないけど好きでもないそんな映画
タイトルから,同士で喰らい合う壮絶な裏切り劇を期待したが激しく裏切られた.よくもまぁあんな欠陥人間3人が裏社会で生き残ってこられたなと関心した.
OPのトリップ映像で「あ.これ外れだわ」って判断できちゃったので視聴が大変しんどかった.残り時間の確認を5回くらいやった.ニコラスいい加減にしろ!!
デフォーのイカレポンチキャラと最後の黒人夫婦に免じて若干点数甘めにしておく.
ほしの

ほしのの感想・評価

4.7
ただ死んでいくだけで、とても良かった。まわりにひたすら大迷惑をかけて。

ずっとドラッグでラリってばかりいて、そのまま夢を見るように死んでいくような人間についての映画。

銃とドラッグと車とセックスが映画を作る。アメリカ。ただ死ぬだけで、とても良い。
黒味噌

黒味噌の感想・評価

3.0
うーん、、、って感じ
ただ、仲間を守るために警官を迷いなくぶち殺したシーンだけはよかった
物語だけを追っていけば、よくある「犯罪者がドジ踏んで破滅する」って感じの映画に思える。しかしながら個人的にはそんなことが気にならないくらいに映像表現が特徴的で、観ていて楽しかった。
まず全編にわたって家の壁紙やネオンライトなどを通して毒々しい色が随所で発せられ、幻想的な光景を見ることができる。これは本作がタランティーノ監督だけでなくレフン監督のフォロワー作品でもあるかのように感じさせられるし、実際そうなのかもしれない。
また”夜の撮り方”というのが特徴的で、暗い光景のなかで街灯やネオンがぼんやりと光っている様子が何とも艶めかしい感じで70年代や80年代の映画を思い起こさせるので、個人的にはオイシイ要素だった。
登場人物の描写に関しても、一人ひとりを単なる犯罪者として描くのではなく、それぞれの悩みやコンプレックスを丁寧に描いていたのが良かったと思うのだが、どうやら本作はあまりいい評価をされていないようで...
個人的にはそれなりに好きな映画である。
>|