ブラック・スキャンダルの作品情報・感想・評価

ブラック・スキャンダル2015年製作の映画)

Black Mass

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:123分

3.3

あらすじ

アメリカ・ボストンで生まれ、幼なじみとして育った3人の男たち。70年代、固い友情で結ばれた彼らはギャングのボス、FBI捜査官、有力政治家として、大きな権力を握るようになる。しかしこの絆はやがて、アメリカの正義の根幹を揺るがす大事件へと変貌する…… マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリーは、イタリア系マフィアと抗争をくり広げるギャングのボス、バルジャ―に敵の情報を売るよう話を持ちかける。F…

アメリカ・ボストンで生まれ、幼なじみとして育った3人の男たち。70年代、固い友情で結ばれた彼らはギャングのボス、FBI捜査官、有力政治家として、大きな権力を握るようになる。しかしこの絆はやがて、アメリカの正義の根幹を揺るがす大事件へと変貌する…… マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリーは、イタリア系マフィアと抗争をくり広げるギャングのボス、バルジャ―に敵の情報を売るよう話を持ちかける。FBIと密約を交わし、情報屋の立場を悪用して敵対する組織を壊滅に追いやるバルジャ―。出世欲の強いコノリーと、名声を望む政治家のビリーもまた、彼と手を組み権力の座を駆け上がっていく。3人の利害が一致したのだ。 欲望と権力にまみれ、狂気を加速させる悪党たちは、どこまで腐りきっていくのか──? ギャング、FBI、政治家が手を組んだ、アメリカ史上最悪の汚職事件=スキャンダルがいま暴かれる!

「ブラック・スキャンダル」に投稿された感想・評価

俳優目当てで鑑賞。犯罪者の実録なのでストーリーは特に好みではないけれど、ジョニー・デップの役作りの凄まじさについて触れてある特典映像が良かった
「善と悪は紙一重」

Jデップ、Bカンバーバッチのお二方が出ているということでたまらず鑑賞。

とりあえずデップ様がぱないです。なんというか今まで感じたことのない恐怖感。「キチガイ」という言葉以外で説明しようのないやばさ、かなり難しい役どころだったはずなんですが、その難しさを全く感じさせないナチュラルな演技。デップ様だからこなせたんでしょうね〜

物語の構成自体は結構難しかったです。でもまあ実話ベースなのでしょうがないかな〜って…こんなフィクションのような話が実際アメリカで起こっていたとは…考え深いですな。

良い社会勉強になりました。

興味のある方はぜひ!
amy

amyの感想・評価

4.0
現役"マフィア"と一緒に観て
「そりゃ、やるかやられるかだったら、やるやろ」っていう感想

その凄み、一般的じゃないけど。

ストーリーもテンポ良く進むし
理解し易い映画だった
展開自体はTheギャングものって感じだが、わかっていても「コイツ消されちゃうのかなー、あー消されちゃうよー、あ~(>_<)」みたいな緊張感はやはり鉄板だなと。笑
全体に漂う70~80年代感が良かったのと、エンドクレジット映像が実話ならではという感じでゾクゾクした。
844

844の感想・評価

3.8
ホワイティマジで恐い、
弟権力もつ真面目君
サウシーは忠誠心。
男の世界は女には分からない
FBIとギャングとDEAの絡み合い。
スニッチと協定の違い、
金をもらって情報売るか金を払って情報売るかの違い。
なべ

なべの感想・評価

3.8
静かに淡々と進むが、それが史実に基づいていることを知った上で観れば、ストーリーの盛り上がりには期待せずに観られる。異常なまでに作り込まれたライティングや、線を意識した絵作りが結構好み。
ギャング、FBI捜査官、政治家
利害の一致した3人が結んだ禁断の協定(とか言って政治家殆ど出てこない)
対等な立場で協定を結んだはずが、いつの間にかギャング=バルジャーに利用されるだけのFBI捜査官…。彼のために全てを犠牲にして働く捜査官ジョンの姿に背筋が凍りました…。
恐ろしい映画でした。
派手なガンアクションで誤魔化したりはせず、腐りきった人間たちのドラマをじっくり見せてくれました。とても良かったです。また、ギャング=バルジャーのえげつない姿だけでなく、母や妻や息子を愛する一人の人間としての姿まで描けてて良し。
ホセ

ホセの感想・評価

2.5
もうジョニー・デップのメイクと変装は飽きました。たまには素で出演してくれよ。
ise

iseの感想・評価

3.2
マフィア物はゴッドファーザーくらいしか観たことないんだけどジョニデの禿げっぷりメイク?とディズニーとは真逆の世界をどう演じるんだろうと気になり鑑賞。人間関係が濃いぃ。重いすな。感想の数多いすな。みんな観てるんすな。
motcha

motchaの感想・評価

-
ギャング、FBI、上院議員の三つ巴の、命を賭けた成り上がりドラマ。

こういう男臭い話は嫌いじゃないけど、特に白人同士だと、登場人物の区別がつかなくて物語にのめりこめなかったりする。
これはその点、主要三役に個性的(ほとんどブサイク)な顔立ちの三人を配して、ヒジョーに分かりやすい。

ただし、この三人は身内なのでかばいあう関係。
この三人が殺しあうような展開なら、せっかくのキャスティングがもっと活きたんだけどなあ。
(180323レンタルBD)
>|