徳川セックス禁止令 色情大名の作品情報・感想・評価

「徳川セックス禁止令 色情大名」に投稿された感想・評価

menoki

menokiの感想・評価

4.6
皆さんは5月16日が何の日かご存知だろうか。そう、「性交禁忌の日」である。
どうやらこの「性交禁忌の日」は気の流れ的にセックスをするのに適さない日らしく、もしセックスをすれば3年以内に死ぬとされているようだ。

この事実を知ったのは私が学生寮から大学に通っていた頃であり、その頃は毎日のように寮生以外の友達を学生寮に呼び、酒を飲みながらゲームや麻雀をしながら過ごしていた。
一応、寮内では学生寮の人間を入れてはいけないという規則にはなっており、以前私が犯した「ウサギ事件」や「下痢トラック混入事件」などから舎監に恨みを持たれ、更に何度か寮生以外の友達を学生寮に入れた事がバレてしまい、何度も注意されたのだが、当時の私は右から左に受け流すばかりで微塵も反省をしていなかった。

そのような日々が続いたある日、いつものように学生寮の私の部屋で友達5人と酒を呑みながら「スマブラX」をプレイしていた時であった。
その友達の一人に、常に如何なる時でも性欲的な事を第一に考え、歩行中にでも射精する事が出来る「歩く射精機」ことファッキンペニス(仮名)という人がいたのだが、このファッキンペニスが私のパソコンでエロ動画を観ながら、

ファッキンペニス「menoki。今日何の日か知ってる?」

私「ん・・・?いや、分かんね。」

それを聞いたファッキンペニスは不敵な笑みを浮かべ今日が「性交禁忌の日」である事やその解説をしてくれた。
その話を聞いた時は皆がかなり出来上がっている状態であり、色々と会話をした結果、ノリでAVを観ながら集団オナニーをする流れになってしまった。

最近、知性や品性の欠片もないアホが通行人に胸を触らせるなどして警察に捕まってしまったが、時代が違っていたら集団オナニーを撮影し、「「性交禁忌の日」にオナニーしてみた」という動画をYouTubeに投稿し、わいせつ電磁的記録記録媒体公然陳列罪で捕まっていたのかもしれない・・・。

とりあえず、かなり出来上がっている状態ということもあり、ヌキポイントクイズや誰が一番早く射精出来るかなどの勝負をしたり、皆一心不乱にシコったり、一部の友達は自らの男根をあらわにしながらシコったりと、今考えるとかなりカオスな状態であったと思う。

そのカオスの状態がしばらく続いた後、一人の人物がノックもせずに般若の形相で私の部屋に侵入してきた。
そう、舎監である。
何故突然入ってきたかの真相は不明だが、恐らくは滅茶苦茶五月蝿かったからだろう。
入ってきた瞬間は般若の形相であったが、友達が男根をあらわにしてシコっている姿を見たからか、一瞬珍獣を見たような表情になった事を私は見逃さなかった。

その後、般若の形相に戻り友達は学生寮から追い出され、私は舎監室に連れていかれかなりの説教をくらい、寮生以外の生徒を学生寮に入れたという事で退寮一歩手前まで事が進んでしまった。

これが私が経験した「集団オナニー事件」である(10年近く前の事なので台詞などは多少脚色してます)。


前置きが長くなってしまったが、セックスをする事による悲劇(私の場合はオナニーだが)を底抜けの明るさで描いた傑作コメディが本作の「徳川セックス禁止令」である。

あらすじを書くと、時は江戸時代、世間知らずで異常なほど気が強い姫様(清姫)と女嫌いで気が強く世間知らずの藩主(忠輝)が政略結婚をし、初夜を迎える。
ここら辺までは「ふたりエッチ」の展開に似ているのだが、何しろ気が強い2人がゆえ全く上手くいかない。

お互い布団に入るやいなや、清姫は股を開き


清姫「何をしておる!はよー入れんか!!」


と、童貞相手に前戯も一切なく挿入するといったかなり難易度の高い要求をするし、頑張って挿入すれば、


清姫「痛い!ふざけんな、下手くそ!!」


と罵声を浴び、挙句の果てには清姫の近習から、


近習「情けない奴!」


と罵られる始末。
頑張って童貞卒業した忠輝に対して言いたい放題言っているが、清姫サイドも忠輝の男根の長さを調べてる時間があるんだったら愛撫の一つでも教えてやれよ!!

まあ、後に清姫が性行為について一生懸命学ぼうとするのだが、これが各キャラクターの設定を上手く活用し、実に面白く描いている。

例えば、近習1がイケメンと行為に及んでる時、半径1mもない場所から覗きをしている清姫と近習2といったシチュエーションでは、


近習1「あ~んあーん♪死ぬ死ぬ♪」

清姫「近習2、近習1が死ぬ死ぬと申しておるぞおるぞ!!助けねば!!」

近習2「姫様!!ご安心ください。女子は絶頂のおり皆あのように申すのでございます。」


また、清姫と近習3がエロ落語を聞き行くといったシチュエーションでは、


落語家「そうじゃ、もっと攻めておくれ!!イクであるぞ、イクであるぞ!!」

清姫「近習3、あのイクイクとはどういう意味じゃ??どこに行くのじゃ??」

近習3「はい、女子は喜びの頂上で皆あのように申すのです。」

清姫「近習3、そなたも申すのか??」

近習3「え??いえ・・・(*μ_μ)σ| モジモジ・・・」


などと、かなり面白く「ドラゴンボール(無印)」のエロギャグが好きな人であれば、腹がよじれるくらい爆笑するだろう。

因みに、忠輝サイドも経験豊富な爺が太鼓を鳴らし、その音に合わせてピストンをするといった作戦を実行するもそのような付け焼き刃が通用する訳がなく清姫サイドから、


清姫「よくもズケズケと人の膣に入る。恥を知れ、俗物!」

近習1「あんたの存在そのものが鬱陶しいんだよ!!」

近習2「それでも男ですか!軟弱者!」

近習3「はっはっは、ざまぁないぜ!」


の様な罵詈雑言を浴びてしまい、忠輝はふてくされてしまう。

世継ぎの事も考えて、これ以上女嫌いになっては困ると、超絶テクニシャンのフランス娘サンドラを当てがい、忠輝はセックスの虜にされていく。
セックスの快楽を知った忠輝は、以前よりも遥かに傲慢な性格に変貌し、城に戻るやいなや、清姫にサンドラがしたことと同じ行為をさせようとする。
が、ブチギレられ逃亡されてしまう。

当たり前だ。
この前まで処女だった女性にハードプレイを強要したらブチギレるに決まっている。
恐らく忠輝は、AVで女優が見せる反応をリアルな女性もすると勘違いするタイプなのだろう。

この事でいじけてしまった忠輝は、側室の一人とセックスをするのだが、自分以外にも庶民がセックスをヤリまくっている知ってしまう。
衝撃を受けた忠輝は城下を視察すると言い、弁慶のような不審者丸出しの服装で覗きを働くのだが、そこら中でヤリまくっている姿に憤怒してしまう。


忠輝「下々の者が遊楽の巷に女子を抱き、藩主たる世が下々の者が抱く快楽さえ許されるのじゃヽ(`Д´)ノプンプン」


と藩主が庶民に嫉妬するという、国会で総理が答弁したら内閣支持率が3%を切るような情けない爆弾発言をした後、


忠輝「藩主として命ずる!!今後一切、男女の交わりを禁止いたすぞ!!」

爺「殿!!(駄目だこいつ…早くなんとかしないと…)」

忠輝「黙れ、爺!!藩内あらゆる男女の営みと禁止する。このような法令は徳川では思いつくまい( ̄^ ̄) ドヤッ!」

爺「!!?」

忠輝「ハァーハッハッハッハッ!!( ゜∀゜)」


いやいや、こんなバカげたこと誰も思いつくわけねーだろが( ゜Д゜)ヴォケ!!

これにより藩内に「セックス禁止令」が発布される。
男性は男根に検印を押され、消えていたら禁を犯したという事で打ち首の刑といった如何にも非リア充が考えそうなものである。

とりあえず、男根に検印を押しても、場所が場所だけに結構蒸れるだろうから普通に行動していただけで消えちゃうんじゃないか??
いや、自分の男根に検印を押したことがないから分からないけど・・・。
てか、風呂に入ったら一発で消えると思うのだが・・・。

以上が、本作の本題に入るまでを大雑把にまとめたものだが、タイトルだけ面白いパロディ・ポルノと違い、キャラクターのセリフや状況設定によるコメディの部分が非常に優れている。
また、ただ単にエロくて面白いだけではなく、意外と中身や脚本もしっかりとして真理を突いたものとなっており、色々と考えさせられるものともなっている。
特に、国家による性への介入への痛烈な批判やキリシタン弾圧などが上手く描かれており、時より心に刺さるようなメッセージも込められている。

思った以上に予算の掛かった作品なので、大名行列のシーンなどは大人数のエキストラを使っているし、秀逸なカメラアングルとフレーミングによりダイナミックに感じるようになっている。
役者も演技と思わせないような自然な演技をしているし、権力に翻弄される庶民の怒りや悲劇性も上手く描かれている。
庶民の不満が爆発して、亀頭のような丸棒で門をぶち破ろうとするシーンは爆笑ものだったが・・・。

また、己の欲の為に作った法だったが、その法により苦しむ事になる点も面白い。
最終的には余りにも情けなく不名誉すぎるオチを迎えるのだが、個人的には一番笑えるシーンだった。

基本的にはバカバカしい喜劇なのだが、時折シリアスに切り替わるのだが、切り替わり方が自然で上手い。

内容が内容なだけに女性におススメする事は出来ないが、高校生以上の男性なら爆笑必死で色々と考えさせらると思うので、余程の潔癖症な人以外の男性には強くおススメ出来る作品である。
山岡

山岡の感想・評価

3.1
やらせろ一揆、ヌード切腹、葵紋が入った張形、栗鳥巣…噂に違わぬアホらしいシーンの乱れ打ちに失笑しまくり…セックスに狂った殿が最終的に腹上死するというオチもしょうもなさすぎて笑えた…。

過剰に性をタブー視する風潮が進む2010年代においてこそ、有効に機能する映画だと感じた。
ピカチュウに癒された後は…(笑)

栗鳥の巣…(笑)

やらせろ一揆(笑)

木製道祖神(笑) 葵の紋所入りバイブ(笑)

山城新伍のちょめちょめ(笑)

太鼓の音にあわせて抜き差し(笑)

フォトギャラリー、サンドラジュリアン特集(笑)

ラスト、田舎大名は腹上死(笑)

シリアス場面のBGMおかしい!コミカル過ぎる!(笑)

上様はお盛んなり(笑)

死にまする~死にまする~(笑)

エロいシーンを外せば、意外にまともな時代劇…。エロをいれるだけでここまでになるとは…! お庭番衆の絡みも観たかったなぁ!くノ一とかさぁ!由美かおる…は違うね~(笑)

ミ○ビちゃーん、観たよ~(笑) 素晴らしい映画のクリップ、ありがとう!

余談

これ、借りるのにTSUTAYAの行きました。(ピカチュウ観たその足で(笑)) 邦画ドラマコーナーにあるはずなのにない!店員に『徳川セックス禁止令 色情大名、ないんですけど!』と詰め寄ると、『あ~、少々お待ちください…』とクスクス(笑) なんと!『忘れてはいけない日本映画』というコーナーにトラック野郎とかと一緒に置いてありました(笑) 確かに後世に残すべき映画かもしれないなぁ…と思いました(笑)
滝和也

滝和也の感想・評価

3.8
東映の70年代を彩るは
方や任侠・実録路線!
その極北に位置するは
東映ポルノ、エログロ
路線。どちらも本気の
気合で勝負です(笑)

「徳川セックス禁止令 色情大名」

最近60~70年代の東映作品に凝ってますが、うちの近所のTSUTAYAは地方にしては、邦画の所有量が半端なく、これも何と暖簾の手前に置いてある豪胆ぶり(笑)。ええ、未成年の方はお引き取り下さい(笑)

中身の爆発ぶりは音に聞こえたカルトの傑作だけに、爆笑必至の艶笑喜劇。やはり、シモの話をクソ真面目に話されますと笑わざる得ないんですな。

女嫌いの殿様がいる辛島藩。子沢山の11代将軍家持の娘を御台所として押し付けられたっつ〜事で持ち出される大騒動。いい年こいた殿様と姫様だが、最初から上手く行くはずありゃーしません。その挙げ句、下手を打った殿様は拒否られ、味を覚えた殿様にとったらたまらん状況に。自分ができないなら下々のものもしてはならん!と言うお触れを出したから大変だ(笑) 民、家来衆、異国の美女を絡めての、お家を奥に手前に動かす大騒動。お題は見てのお楽しみだ〜。

瓦版や調でストーリーを書きましたが、制作陣は本気で作ってます。やたら作り込まれた構図、カットやセット、美術は流石東映。そもそも東映の時代劇で使用していた着物やセットが任侠路線へ人気が移り、余って回したそうなので当然です。また木村則文監督はえらく器用な職人さん。緋牡丹博徒も脚本し、監督もやってますからね。プロデューサーと共にヤクザの後はエロだ!と名物社長に言われて始めましたから。

兎に角、気合を入れた映像で見事なエロスとブラックユーモアの毒をもった喜劇をぶつけられると凄いわとしか思えない。フランスのサンドラ・ジュリアンを入れて異国の伴天連まで絡め取り、カソリックすら、批判するブラッキーな展開は宗教におおらかな日本ならでは。アメリカじゃ、とても上映不能…(笑)

ま、エロはエロなんだけどね(笑) そっちもばっちり。やっぱりうまいんだよなぁ、女性の裸を撮るのも、全然違う。(何と比べては聞かないで…)流石大手五社の中で本格的に参入しただけある…(笑)(大映・松竹・東宝・日活・東映が大手五社)綺麗かつ豪華絢爛です。

女優さんは東映ボルノを支えた面々ですし、最近女囚さそりを見てましたから、あぁあの方と言う感じでした(^^) たださそり関連でこれにも出ている方で強烈なのは渡辺文雄さん。おーいさそりの刑務所長と全くおんなじキャラだぞ〜。やられ方まで同じだし(笑)

これは侮れないです。東映のB級プログラムピクチャーはここ何年かで映画秘宝の再評価が高まりましたが、見てみるとそのハチャメチャさも真面目に気合が入った作風なんですよね。他も見てみるかな…(笑)
yurry

yurryの感想・評価

4.3
やらせろ一揆に参加したい
この映画は一見コメディ風味のポルノ映画という感じでそれはそれとして面白いのだが同時に優れたディストピア映画でもあると思った。

独裁によってセックスが禁止された世界で人々は生きる楽しみを失い、欲望の発散ができなくなってしまう。言いつけをやぶってセックスをすると最悪打ち首。人々の不満も膨れ上がり一揆も起こる。よく見るとめちゃくちゃ怖い。
まこー

まこーの感想・評価

5.0
切腹ヤバし
シズヲ

シズヲの感想・評価

3.5
「セックス禁止令ってなんやねん」感あるが実際セックスを禁止しているので仕方無い。端的すぎるタイトルでもうオチが付いてるので強すぎる。武芸一辺倒だった田舎藩主(九州の大名なのに織田信長を尊敬という微妙ないい加減さに味わいがある)が嫁入りした徳川家の娘を相手するべく性技を学び、気が付けば性欲の虜になってしまうという快楽堕ちっぷりが最早切なくなる。超グダグダな初夜(太鼓で爆笑)や城中でのクソ真面目な下ネタ会話、挙げ句の果てに文字通りのセックス禁止令など序盤は特に滑稽で笑ってしまう。

色情の過剰な抑圧などメッセージ性めいた要素こそあれど、中盤を越えた頃には寧ろ見世物的な絵面の方が強烈な印象を残してくる。妙にねっとりした切腹シーンの変態性が凄すぎて度肝を抜かれたのに、その後の姫とサンドラの同性愛的イメージ映像も先鋭的すぎて色んな意味で面食らう。性的な事柄に対する執念的演出が異様な輝きを放っている。時おり流れる妙に間の抜けたBGMも相俟ってナンセンスなムードがとにかく充満している。

異様にテンポの良い序盤で加速してからはどんどんセクシャルな描写や妖しげな美術をぶっ込んでくるし、更には宗教まで取り込んでくる圧倒的背徳性にビビる。そのくせ時代劇としての体裁も十分に保っているのが憎めない。「結局ヤることが人間の性だが、だからといって抑圧を強いてはならないのだ」と言わんばかりの物語といい、キワモノ根性満載なのに何だか深かったような気さえしてくるズルい怪作だ。
ピュアゆえの猪突猛進すれ違いセックス!
今回はタイトルにもなってるから伏せ字になんてしないぞ♪

くわまんさんオススメ、1972年製作とんでもエロティック・コメディ時代劇です☆

くっそ~ぅ、面白い( ´∀`)
突っ込み所満載の怪作でした!!



徳川十一代将軍は、シモが元気過ぎて嫁と子供が出来まくる。

この度、34番目の娘、清姫は九州の田舎大名に嫁ぐことに。
しかしこの大名、女嫌いの童貞だった!

さて初夜。
ぎこちなく頑張るが不発な殿に、じいが太鼓で指導する。
ドン!ドン!ドン!ドン!
前!後!前!後!

なんとか初夜は乗り越えたが、楽しくなかったことから、姫はその後の営みを拒否した。

ならば殿を教育せねば…
じいは、殿を娼館へ3日3晩通わせ、いざ実戦!

しかし、姫はちんこを舐めるのを拒否、さらに殿に脚払いを食らわせる。

流石にキレた殿。
みんなセックスしてるのに、なんで儂だけ出来ぬ…
せっかく色々勉強してきたのに!
ならば、みんなもヤるな!!!

てなワケで、城下にセックス禁止令が発令されてしまった。

これで良いのか九州藩ww?!?!



ぶぱポポ♪ぶぱポポ♪

この間抜けなBGMはなんなのだ(笑)

あ~楽しかったぁ(//∇//)
基本的にエロスではありますが、姫も殿も色々知らないので、いちいちピュアで可愛いw

初夜不発の言い訳が
「草深き所ゆえ、どこがどうなってるか分からんのじゃ」
って、おーい(笑)

姫は姫で
「「イクイク」って何処に行くのじゃ?」
とか!

そんな2人にきちんとしっかり真面目に教える方々が、優しいというかなんというか…(笑)

そして禁止令。
ヤってないか確かめる為、チンコに検印をして、翌日消えてたら打ち首じゃ!
毎朝チンコ改めとか、色々イヤだ!!

で、2ヶ月禁止したら鼻血がぶー…
あらまぁ…
男性はそんなことになるのですねぇw

途中、京唄子や山城新伍が色々ヤらかしたりして、とにかくずっと面白い作品♪

88分に詰まりに詰まったエロスと笑い、是非皆様もご堪能あれ( ´∀`)
色々な女性が栗鳥の巣へのエサを欲しており、テクニシャンの山城新伍兄貴が見事に給餌してました。大笑いの連続の後はしんみりとしたストーリーへ。「たとえ神であっても人間の性の営みを規制してはならぬ」という則文監督のメッセージがよい。
>|