エロ将軍と二十一人の愛妾の作品情報・感想・評価

『エロ将軍と二十一人の愛妾』に投稿された感想・評価

Genichiro

Genichiroの感想・評価

4.5

まず冒頭コンドームもって誕生からの子供が描いたような絵でダイジェストなのがやばい。そこからの「おはぎうめえなぁ、お前も食わせろ❤️」で爆笑。よがり豆やばすぎ。毛澤山とか陳萬紅とかふざけすぎやろ。めち…

>>続きを読む

これはすごい。とんでもなく馬鹿げた話だが、語り口が素晴らしい。乱心した将軍が大奥を歩くショットは震えるほど恐ろしい。清の使節団のギャグがくだらなすぎて笑える。日中国交正常化が72年9月29日、この映…

>>続きを読む
シネマQ

シネマQの感想・評価

4.0
自分をどんどん見失っていく林真一郎が念願だった池玲子を抱くという性欲だけかろうじて保ってて泣ける。カメラがぐるぐると旋回するラブシーン。
大奥での大乱交も凄まじい迫力。
タイトルに惹かれて見た。前半は概ね期待通りの展開だったが後半で一気にシリアスに。エロ目的で見たが思わぬ名作に当たった。
sarumane

sarumaneの感想・評価

3.5
『デーヴ』じゃんと思ったら気が狂っていく。池玲子が「上様」と声をかけるところなんかグッときてしまう。

2023/08/26 prime video 東映オンデマンド

絶対権力は絶対に崩壊するではないが、オーガズムの本質である自己崩壊と権力崩壊をかけた傑作で、冒頭から動かないカメラによる「これしかない」と思わせるショットの連続に度肝抜かれる。ラストのぐるぐる回るカ…

>>続きを読む
肉鹿

肉鹿の感想・評価

3.7

徳川将軍史上最大の好色家、家斉。生涯で53人もの子供をもうけたが実は瓜二つの農家の男と入れ替わっていたとしたら…

まずタイトルが素敵ですよね!
エロ将軍ていう尊敬とバカにされてる要素がぐちゃぐちゃ…

>>続きを読む

一見倫理観を全捨てした馬鹿映画に見えるのに井戸に落ちて死ぬカットの連続からシリアスな空気感に侵食されていき、家紋を切り付けるところは哀愁すら感じる こういうバランス感覚がめちゃくちゃ良い ただの勢い…

>>続きを読む

鈴木則文監督「徳川セックス禁止令 色情大名」(1972)に次ぐポルノ時代劇大作第二弾。蓮實重彦が傑作と評価。

東映時代劇の大セットを使ってポルノが展開されるのが少し面白い。天皇制を暗喩した徳川の血…

>>続きを読む

後の「大奥十八景」のオリジンであり、「時代劇ポルノ」のひとつの頂点でもあろう絢爛豪華な馬鹿エロ絵巻(誉めてます)。
史実にある十一代将軍の子沢山をネタに、池ちゃんをねずみ小僧に仕立てた辺りが見事。体…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事