スティーブン・キングの悪魔の嵐/ストーム・オブ・ザ・センチュリーの作品情報・感想・評価

「スティーブン・キングの悪魔の嵐/ストーム・オブ・ザ・センチュリー」に投稿された感想・評価

hideharu

hideharuの感想・評価

2.7
2018.11.11 DVDで再見。
再見と言っても最初から最後まで見たのは今回が初めて。初見はイギリスでテレビ放送されているのを2話から見た。

ティムデイリーはイケメンなのにあまり出世しませんでしたね。すごく残念です。

本作はスティーブンキング原作(オリジナル脚本?)によるテレビのミニシリーズで3話合計で4時間以上の長いさ。そして最近のアメドラと違い地上波放送だったのでホラー描写はソフトです。

今世紀最大の吹雪に見舞われて外界と隔絶された孤島が舞台、住民の対立、後味の悪さは同じくキング原作の映画化「ミスト」と似ているかも。ただ後味の悪さはこちらの方が上ではないかな。

邪悪な者の手により島民が1人また1人と死んで行く。邪悪な者は言う「私が望むものを差し出せば島から去る」と。

その「望むもの」は島民が差し出さねばならず、苦しい選択に葛藤し対立する。
その結果として「ミスト」では1人呆然と後悔に苛まれたのに対して、このドラマでは秘密を抱えた多くの人が後々まで苦しむ事になると言う点で後味が悪い。

チョッと長いので上手くまとめて映画にすれば名作になるかも。
Yukariyama

Yukariyamaの感想・評価

4.1
テレビでたまたま一話観て、続きが気になっておかしくなりそうだった記憶。
ソッコーでレンタルに走ったな。
とても面白い。
寂々兵

寂々兵の感想・評価

4.0
吹雪で閉ざされた島に突如現れた男が老婆を殺害して以降各地で不審死が相次ぎ、住民の秘密が続々と暴かれ、子供たちには異変が起こるという考え得る限りのあらゆる不穏が群れを成して襲ってくるSFスリラーで、スティーヴン・キング原作『STORM OF THE CENTURY』のTVMだが、これがあまりに面白くて4時間30分ぶっ続けで観てしまった(長えよ)。平和な共同体をぶっ壊すのが大好きなキング先生の集大成じゃないか?ということで『ミスト』よりもかなり好き。後日談もまったくもって不気味かつ意味不明でとても良い。「島民は何か知っていそうだったが――彼らは口が堅い」
ISAO

ISAOの感想・評価

3.5
テレビ映画故できるジワジワジワジワと恐怖が染み込んで行くような演出。山場が弱すぎるという欠点はありますが終盤に向けて着実に追い込まれて行く島民の様子はとてもリアルで狂気的でした
ソミス

ソミスの感想・評価

4.0
NHKでやったのをワクワクしながら見た記憶。

嵐で封鎖された港町。
得体の知れないおっさんによる恐怖で追い詰められる町の人々。

厄災の前では人は無力なのだと思い知らされます。

緊張感溢れる傑作!
Yoshi

Yoshiの感想・評価

4.5
当時……なのか、深夜テレビにて三夜に分けて放送していたものを途切れ途切れに鑑賞。
後日兄がVHSに録画していたものを鑑賞したところ、衝撃的というか、恐ろしくて脳裏に焼き付いた作品。

実家に行く機会があり、再度鑑賞。

町の会議のシーンやラストのシーン、
やはりくっきりとはっきりと覚えていた通りでした。

スティーヴン・キングはこれ以外はスタンド・バイ・ミーしか見たことがなく、
有名な他作品と比較等できませんが、異色なのではないのかな?なんて思いました。
なんというか救われないエンドだと思うのですが、心に焼きつくのはなぜ???

あの歌、観てからしばらくはトラウマのように離れません。
私には16ヶ月になる娘がいますが、
もし自分の娘がいなくなるなら
いっそ島ごとなくなったほうがいい。
どの親もばかばかりで腹が立ちました。
あいつは檻から出ずにいたほうが
より不気味だったのでは?
なげーーー!なげーーー!なげーーー!最後は結局それかーーーい!!息子に牙が!!
面白かったですね♪
吹雪のシーンを思い出すだけで凍えるようです。
静かな雰囲気でミステリアスな作品は大好き♡
充分に最後まで惹き込まれました。
また観たいな☆
4時間は長い。
自分も島民の立場なら、きっと同じ決断をしたに違いない....
>|