死霊伝説の作品情報・感想・評価

「死霊伝説」に投稿された感想・評価

dude

dudeの感想・評価

3.8
テレビ映画で3時間もあるのでどうしても冗長に感じてしまうが、後半がかなり面白いので何だかんだ良い印象が残る。フーパーは人をギョッとさせる間合いが分かっているし、館の美術がこれ以上ないほど良い。鹿の角?が突き出た赤い壁なんかは完全に『悪魔のいけにえ』だったが。
ネット

ネットの感想・評価

3.0
長い。
土地に染み込んだ悪、というキングのモチーフと、即物的映画のフーパーの相性ってどうなんだろう。
ドアを閉めるという暴力は「悪魔のいけにえ」と同じ。館の内装美術は「悪魔のいけにえ」のアップデート。壁からして禍々しさがすごい。ノスフェラトゥの造形も普通に怖い。
タルい時間がうまく落とし込めなかったなー(自分の中に)。登場シーンの呼吸とか本当凄い。『メイド・イン・USA』みたいな映画。
めっちゃおもろかった。
今まで見た吸血鬼ものって怖くはないだろ。って感じだったのだが、(ドライヤー除く)本作はクソガチ怖い。
特にこどもの入った棺を開けるシーンの恐ろしさたるやなんなんだ~

ラストの館んとこ。日が落ちる焦りをサスペンスとして使いつつ背景の暗闇から浮かぶ死霊の怖さたるやなんなんだー

あとあれ。タンス?に隠れた男が突然タンスをどこかにぶっ飛ばしながら画面に出現! 流れるような運動で主人公をぶちのめす一連のアクションの凄さは『悪魔のいけにえ』の鉄の扉から現れるレザーフェイスの運動を彷彿とさせた。
ものすげぇ。
フーパー的な技術に裏打ちされた外連味と、キング的なズーンという空気感が上手く合っていたのではないかと思います。
tmtkhzm

tmtkhzmの感想・評価

3.4
何とも言えない独特な雰囲気。
子供の頃ならトラウマ決定の
窓を叩き部屋に入れろと煙の中を浮遊する吸血鬼。
悪魔のいけにえを思い起こさせる
館の中の鳥の羽や動物の剥製

チープな中に味がある。
チェケ

チェケの感想・評価

3.0
展開がかったるいが、吸血鬼の疾風迅雷の登場は良かった。ドラキュラよりノスフェラトゥに近いデザインも不気味で気に入った。ラスト近辺のむなしさはなかなかよくできている。
cinefils

cinefilsの感想・評価

4.0
悪役がジェームズ・メイスンというのが豪華。

他にはイライシャ・クックとかマリー・ウィンザーとか50年代のB級スターが出ているのが興味深い。フーパーが好きだったのか、他の要因なのか。

吸血鬼がノスフェラトゥ風だったり、古典的な怪奇映画を現代アメリカでどうやって再現するかというテーマをほぼ完璧にやってのけた傑作だと思う。

でも、マーク少年の両親の死に方はどうかと思うが。
【完全版(米国TV放送版): 3h04m】
●'91頃 WOWOWにて放送
〇'02 2/8 DVD発売及びレンタル
●'16 10/12 ブルーレイ発売
TVサイズ モノラル
'17 9/24 ブルーレイ観賞
HD1080p 2chモノラル


【初公開: 1h50m】
〇'82 1/23〜 地方のみ公開
配給: 日本ヘラルド
ワイド(ビスタ) モノラル
フィルム上映
ちょっと長くてだれるけど、トビーフーパーのホラー好きぶりが見えるのが良い。吸血鬼がノスフェラトゥタイプなのがこだわりを感じる。子供の頃観てたら絶対トラウマになってるであろうシーンがちょいちょいある。ツインピークスのような牧歌的な街で起こるミステリー仕立て群像劇な前半の空気もよい。
>|