恋につきものの作品情報・感想・評価

「恋につきもの」に投稿された感想・評価

恋愛モノのオムニバスかと思ったら!
一話 レズ
二話 性同一性障害
三話 ゲイ

っていう話。
映像的にはすごくいいのに娯楽性はないですね。
映画研究部が作りそうな感じ。
オムニバスって短編でオチが付かないと難しいのだから
もうちょっとヒネリが欲しかったですね。
個人的にはゲイの話が面白かったけど
幽霊ってw
以前にレンタルで鑑賞済みだったが、
松本花奈×伊藤沙莉 目当てで購入

三話のオムニバス
『いばらのばら』
『豆腐の家』
『恋につきもの』

原作は未読だが、
漫画家ふみふみこの世界の映像化とのこと
設定が面白くて個人的には好み

#伊藤沙莉、#葉山奨乃、#北香那
#趣里、#柳俊太郎

映画監督で活躍している#松本花奈 の出演でも満足かな
Y

Yの感想・評価

2.8
沙莉ちゃん目的で鑑賞。
設定が謎すぎるし、男子高生も流花も一方的すぎて、えぇ…ってなったけど好き好きオーラ出まくり沙莉ちゃんが可愛かったから◎
豆腐の家も見たけどちょっと難しかった、、
昧爽

昧爽の感想・評価

5.0
「豆腐の家」の強火ファンです

自分と向き合うのが苦手なので
とてもくるしいけどなぜか前向きになれます

谷口蘭さんの出で立ち、雰囲気に拍手です

このレビューはネタバレを含みます

マイノリティの題材にした作品が多い、ふみふみこさん原作を映像化した作品。

原作の持つ、ふんわりとした不思議なイメージをもう少し残してもよかったのかなと感じた。

個人的には豆腐の家が一番すきでした。
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

2.9
藝大の三人の学生監督が撮ったオムニバス映画。
キャスティングがそれっぽい。

わたしとしては趣里と柳俊太郎がでてる時点でグッド。
松本花奈さんから来ました。気になってしょうがないのです。

作品は、どうしようかなーと悩む作品。東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻(長い!)の学生さんの作品。「いばらのばら」、「豆腐の家」、「恋につきもの」の3話のオムニバス。ちょとコジレタ恋の話。前2作は題名からある程度想像するイメージ通りの話でした。

学生さんの作品を見ていると、演技下手とか、なんで突然?とか、その小道具の意味は?とかいろいろ突っ込みたくなりますが、映画を撮るって難しいのでしょうね。こっちは見て、批評しているだけですが、いざ撮るとなるとどうやっていいのかさっぱりわからないだろうな。(という機会も無いけど)

「いばらのばら」には今をときめく伊藤沙莉さんも出演しています。沙莉の演技はこの時から固まっていたのだと感心。「私の幸せは、私がいなくても幸せな世界を外から眺めること。」っていう「豆腐の家」での台詞は好きでした。
yuling

yulingの感想・評価

-
毎度毎度、五十嵐耕平作品の纏う空気に酔いしれる…

不気味〜でも思ったけど石田法嗣の背骨は国宝級だね!
Ryou

Ryouの感想・評価

2.3
3つの話 どれもいまいち

松本花奈って女優
若いのに監督業もやってるとかすごいな
伊藤沙莉と葉山奨之はさすがでした
かなみ

かなみの感想・評価

3.0
豆腐の家以外あんまり好きじゃないな、、原作と異なるのは好きじゃない。
>|

あなたにおすすめの記事