スイートプールサイドの作品情報・感想・評価・動画配信

「スイートプールサイド」に投稿された感想・評価

Ally

Allyの感想・評価

-
押見修造がそもそもとにかく好き。
その実写化の中でも1、2を争うくらいよかった
(志乃ちゃんが今まで1位だった)

毛を剃るシーンにジャングルを開拓していくシーンを織り交ぜていくところが大好き。
エロを艶っぽくかつコミカルに描いてる。

この、清純なエロ、最高。
daruma

darumaの感想・評価

4.2
めっちゃ面白い!!個人的に大好き。須賀健太くんうますぎ!そしてこれ松居大悟監督でしたか…!(納得)脳内映像(?)の森との対比が超絶面白すぎる(笑)

押見修造さんの作品は好きでいくつか映像化を観ています(志乃ちゃんは自分の名前が言えない、惡の華、ドラマぼくは麻里のなか)。原作はどれも読んだ事ないですが、これは上位に来ると思う面白さ。性と青春を描かせたらピカイチの漫画家さんなんじゃないかと思います(読んでないから想像です、すみません)

なんていうか、変態性(すみません!)が妙にリアルでめっちゃ心に刺さります…(表現おかしい、語彙力が。。苦笑)
でも、考えてもあの選択肢になるよね、あれしかないよね、っていう妙な説得力。(私のほうがイカれてるのか…??)
突き詰め方がうまいのかも。

鑑賞のきっかけは中山先輩役の井之脇海くん。しょっぱなから出てきて嫌な役じゃーん!と思ったらなんかいいやつだった(笑)海くんのイメージ(=よく演じるキャラ)って割とクリーンな感じなので、初期の頃はこんなのもしてたのか…!と新しい発見。

ほかにも太賀くんとか落合モトキくんとか(好き!彼は観る前に出てるって確認してから観始めた)ゲスト的な感じで松田翔太さんとか!(昨日に引き続きだわ…^^)
モトキくんはちょっとドキドキするシーンがあって、ドキドキした(そのまんま、笑)

そして、須賀健太くん恐るべし。
舞台を観た事があるんですが(彼目当てではなく別の人だったんですが)、彼は脇でめっちゃ光ってて(言っちゃなんだが主演を喰うぐらいの勢いで!物凄く細かく動く役だったこともあり。ぴょんぴょんという擬音がぴったりな感じ)、いやーその印象まんまの凄さだった!!

後藤さん役の方は初めて見ましたが、彼女もかなりよかったです。今は活動されていないのかな…?
(誰かにお顔が似てるような…と思ったのですが、誰かは浮かばず)

松居大悟監督はバイプレイヤーズを観ていますが、やはりあのクスッとする感じに通ずるものがあります。あとアイスと雨音も好きです。
本作は冒頭に書いた空想と現実のリンクがめっちゃくちゃ面白かったのと、あと!途中で確か「太田綾子~!」(主人公の名字と彼女の下の名前をくっつけた状態)って叫んでたと思うんですが、それがツボすぎました。思わず「あれっ?」って巻き戻して名前確認してしまった(笑)
松居監督ちょっとファンになりそう。とりあえず私たちのハァハァが観たいと思ってたんだけど、ほかにも探してみよう。

Huluに1ヶ月限定で入っているので、何か他では観られなさそうな作品で観たかったものを…と思ってチェックしておいた中から選んだのだけれど、大正解でした!

このレビューはネタバレを含みます

何故か待ち遠しくなる月曜日の放課後


森を探検していく演出がとても好き
徐々に主人公が狂っていく様も面白かった

全体的に色彩・テンポがとても良かった
テ

テの感想・評価

4.8
自分の頭の中で主人公とゴットタンのときの劇団ひとりがダブってしまってうまく集中できなかった。

作品はとても好きだ。
だけど、「あぁなんて良い映画なんだ」とクレジットを見ていたら原作が押見修造で少しがっかりしてしまった。
押見修造作品、全部気にいっちゃう。
katsu

katsuの感想・評価

3.9
原作押見修造×監督松井大吾という素晴らしい組み合わせ。須賀健太の徐々に狂っていく様子が生々しくて良かった。

毛を剃るシーンをこれでもかと官能的に撮る。そしてジャングルを冒険する比喩。とても面白かった。

自分の持っている青春とは違うもっと濃くて生々しくて痛い青春だが、それが一瞬とてつもなく眩しく見える時がある。
kakoginie

kakoginieの感想・評価

2.1
あやこ、思わせぶりすぎて腹立つ。
変態とか、事件起こす人ってこうやって生まれるのかもな。
クラスメートの女子も、うざかったなあ。


私も水泳やってて、毛深くて悩んだから、
毛に悩むのわからなくはない。
がしかし、魅力的なキャラクターがいなくて、
いらいらして、あと何分で終わるかなって何回もチェックした。
まる

まるの感想・評価

4.0
観てよかった。すごい思春期って感じ、テーマも、心の荒ぶりも、行動のデカさも。

非日常を味わうと日常への物足りなさが尋常じゃなくなるし、またその非日常を求めてしまう。二人でいる時に二人以外のことはどうでもいいし、何かあったとしても気にしてられる心ではないんだよな。

好きな人なら、どれも美しくて綺麗だと思えてしまうな。

毛を剃るシーン、ゆっくりでドキドキした。森林にいる太田くんの演出も面白い。

刈谷友衣子ちゃんがバチくそに可愛いんだ若いんだ……すっごい可愛いんだ…原作欲しくなった押見修造は本当に天才。

このレビューはネタバレを含みます

ぐわ〜っと身体の中から何かが溢れ出しそうになって、苦しくてどうしても直視できないところがあった。それでいて、なんでこんなに見た目とか他人のせいで嫌な思いしなくちゃならないんだということに対する答え、というより救いみたいなモノがあるとも思えなくて、そこまで好みじゃない。だんだんエスカレートして狂気じみていく流れとそこに行き着くまでのフリの部分の可愛らしさ、それぞれのどうしようもない愚かな部分の描き方など好きだと思えるところもあった。
zume

zumeの感想・評価

3.0
脇毛の量には完全にひいた。

小学生の時、
鼻の下の産毛のせいで牛乳飲むと、
うっすらヒゲ見たいになる女の子が
いたことを鮮明に思い出した。
そんな、作品です。
思春期さながらの映画。
笑えるシーンしか覚えていないが、あれほど笑えるけどどことなく共感できるのも思春期ならでは。
友達と酒を飲みながら流す程度に鑑賞するならもってこいの作品。
>|

あなたにおすすめの記事