ユリ子のアロマの作品情報・感想・評価

ユリ子のアロマ2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:74分

3.1

「ユリ子のアロマ」に投稿された感想・評価

yamashit

yamashitの感想・評価

3.0
江口のりこさんの演技が良かったです。高校生の頃、あんな女性と出会いたかったなぁ笑
モヤモヤの残る映画だったけど、そういう映画なんだなって感じでした。
今や身近な2人だからみてみましたが、、
やっぱり2人とも上手だなって思いました。特に、染谷将太君に関してはほんとにすごいとしか言えない。
フェチも少年の性欲もわかるし、途中まではいろいろ共感する部分もあったのに、最終的にはなぜか気分が悪い。
このテーマなら登場人物は幸せになってほしかった。
当時高3だった私には坊主頭を舐め回す成人女性が刺激的すぎた。
こーゆー愛の形もあるよね。
nozomi

nozomiの感想・評価

-
昔観た記録
江口のりこさん作品まとめて借りた時の
中身内容は、タイトルと表紙のまま。笑
映画の内容とは関係ないけど
でも彼女の演技はすごくて、
本当にいつも自然。彼女自身の香りが全くなくて
演技派俳優さん観るのにはまってたときの頃

201?
ちゃん

ちゃんの感想・評価

2.5
フェチズムに迫る。

アロママッサージ師として働くユリ子はある日、とある男子高校生が醸す香りの虜になってしまう。ダメと分かりつつも男子高校生に近付き…

そっ!そっ!染谷君こんなとこに出とったんか!坊主の染ちゃんも悪くない、かわゆいぞ。
それにしても作中でこれでもかと見せつけてくるフェチズムについていけず…!
いくら染谷君やからって汗かいた坊主頭をベロリと舐め上げるのはあたしには絶対無理!!!やめてくれ~~~!と独り言が出たよ。

あたしが持ってるフェチといえばメガネフェチくらいなので香りに惹かれる気持ちはあまり分からず…
「この変態がぁ!!」と声を上げる美保純がよき&よき。

痛々しくて生々しい一本でしたね。
☆☆☆★★

江口のりこを堪能する喜び!

やりたい盛りの男子高校生と、嗅ぎたい盛りのエスティシャン。
女優江口のりこだからこそ成立する作品。
大体三十路女が、高校生と泥沼混じりの修羅場を演じるなんて(苦笑)彼女だからこそ説得力が持てる内容。

いがぐり頭の高校剣道部員の汗臭さ。
この匂いこそがユリ子に取って至福の匂いだった。
世に数多く存在すると言われる匂いフェチ。良い匂いよりも臭い匂い。
解る様な、解らない様な(笑)でも確実に理解出来る人は確かに居るでしょうね。

恍惚の表情を浮かべては、男の子の頭をここぞとばかりに丹念に匂いを嗅ぐ。
眼はとろ〜んとしているが、まるで獲物を狙う百獣の王のライオンの様だ。あ〜あ〜あ、盗んでるし(笑)

映画の中では、いきなり気付かれてしまうのが勿体無い。
例えば電車の隣に座り、眠りこけている男の子の匂いを嗅ぐとか…。その場合、周りに人が居る事で、道徳的な面でのドキドキ感等が表現出来たのでは?と思ったのですがね。

匂いに惹かれる発想自体は、極めて女性的なんですが。その後、やりたくて仕方が無い男の子とその友人。この2人が「やらせて〜」と迫り来るのはまだしも。手○キ3連発&原紗央莉のお○ぱいポロ〜ンで、完全に男目線の内容になっているのが、ちょっと惜しい。発想自体がなかなか興味深いだけにね。

でも、よくよく考えてみると。匂いを抜きにしたら、年上の女性が若い童貞の男の子に○○○指南をする内容な訳で…。
少し前の時代だったら、ロマンポルノとして成立する内容でしたね。

「僕の匂い○○します?」には思わず爆笑してしまいました(笑)

(2010年5月12日ユーロスペース/シアター2)
みー

みーの感想・評価

4.3
染谷将太目当てでチェックしてた作品。
染谷将太の可愛さにキュンキュンしちゃいます。
坊主頭をこねくりまわしたくなります。


トレンディな俳優と女優の爽やか恋愛物より、アブノーマルだけどこんな恋愛物がいい!!
martha

marthaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

江口さんのなんとも言えないエロもさ感と、17歳でこの役に挑んだ染谷将太と。

続きやってもらえませんか??と声を張る彼は宝物だ。

こういう関係があってもいいと思う。周りが気持ち悪がってもいい。そういう理解されない何かを抱えて生きるのもいい。
その後の2人はどうなったのか気になった。あのままもう二度と会わないのかな?それとも一緒にいるのかな。
まる

まるの感想・評価

3.9
染谷くん見たさに。性癖。いろいろあるけど最後のシーンが幸せだと思った。染谷くんがかわいい。
>|