妄想少女オタク系の作品情報・感想・評価

妄想少女オタク系2007年製作の映画)

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.8

『妄想少女オタク系』に投稿された感想・評価

余裕で怖い。キラキラ映画の定石を踏まえるフリしてズラしまくった映画。バリバリ不穏なアンビエントノイズに唐突な8mmフィルム映像。語られる物語とは明らかに別の出来事が画面上で起こっている。思うに、堀禎…

>>続きを読む
lag

lagの感想・評価

4.4

自転車の疾走。平手打ちの残り香。並んで歩く帰り道。八ミリ画質の窓枠と風に揺れる白いカーテン。京急線の改札で集合解散。袖なしで東池袋三丁目。どこからか聞こえる波の音。浴衣着て玄関先まで迎えに来る。プー…

>>続きを読む
kittone

kittoneの感想・評価

5.0

 日本にはまだこんなすごい映画があったんだという衝撃。
 一見チープで粗っぽく見せておいての、突然のなんか不穏なノイズ音やフィルム撮影、手ぶれしまくりの屋外での美しい長回しなど、要所要所で引っかかり…

>>続きを読む
木木

木木の感想・評価

4.0
こんな奇跡みたいなキラキラした青春スクリューボール・コメディってあったんだなあ。ラストの切り返しも凄いけど、再び眼鏡をかける選択をした主人公が好き。


ゆるゆるな可愛らしいストーリーの中に妙な違和感を感じさせる演出が特徴的だった。
要所で聞こえてくる加工音とか粗いフィルムの映像は到底現実世界のものとは思えなくて恐ろしい。
謎に語呂が良い第3話のタ…

>>続きを読む

ポスターお辞儀,得意技内股透かし柔道部,石膏デッサン妄想,団地ともお,上裸猫耳モデル,畦道,ギャル美術部入部,フュージョン,合成写真拡散,柔道部主将カミングアウト,祭,プール監視員,姉同人漫画家販売…

>>続きを読む
N

Nの感想・評価

3.5
プールのあまりにも過剰なきらめき、こんな圧のある切り返しショットをあまり見たことがない。堀禎一はとにかく切り返しを信用してる。
ご都合主義すぎるのが全然悪い方向に行かなくて、ゆっくりユートピアを作り上げてるように見えた。あぜ道で腐女子の定義説明してるところマヂラブann0っぽかった
昼寝

昼寝の感想・評価

3.8

話としては、ラストに主人公甲斐麻美の妄想の強固さがそのまま現実を信じる根拠になっていたのが良かった。そこにあんな強引な切り返しを重ねられると、主人公の妄想が本当に世界を変えてしまったような迫力があっ…

>>続きを読む
TM

TMの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なんだこの映画笑笑
本気で批判したい訳じゃなく、人に勧められるわけでもなく、複雑。
映画としてのクオリティは高くないし、謎の不協和音×8mmは所々挟まれるし...
しかし最後に流れる主題歌大好き

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事