月光の囁きの作品情報・感想・評価

月光の囁き1999年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.9

「月光の囁き」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
原作に比べるとずいぶん爽やかになった月光の囁き、でもこの解釈も全然悪いものじゃなく、はちきれた日高君の変態性や振り切れた北原さんのサディストとしての素質がキチンと表現されていて、それでいてなおかつ青春映画に仕上げてあるあたり好感が持てました。しかし最後のセリフでマエケンを持ってくるあたり、原作ファンは背筋が逆毛だつおまけ付き\(^o^)/ あれ原作読んでない人にはただの「仲が修復された可愛いセリフ」にしか聞こえないなぁ、すごいなぁ。
昔DVDで観て感動した邦画の一つ。SMを題材に扱っているのでキワドイ映画かと思われるかも知れないが、極力キモい描写を抑えているので安心して観れる。鑑賞後はヒジョーに爽やかな気分になれるし、何より主演のつぐみさんが最高。

本作で塩田明彦監督を知ったのだが、このデビュー作を超える映画を彼は未だに作れていない。メジャーになってからTBS主導で「黄泉がえり」だの「どろろ」といった珍品に手を出すまでは相当な実力派だったのにね…。
akane

akaneの感想・評価

4.4
再鑑賞。

日高くんは「三四郎になりたい」とか従順さを見せながらも、実は自分の性癖を大好きなさつきに受け入れてもらいたい自分本位な男やねん。
付き合いの中で主導権を握るのってなんだかんだマゾヒストの方だと思う。ご主人様の方が相手の望みを汲んであげて、相手が喜ぶことを与えてあげてる。
さつきもそうだろう。日高くんのことが本当に好きなんだな。
他人の変わった性癖を聞かされたら普通はドン引きするものだけど、本当に好きな人が変わった性癖を持ってたら、犯罪じゃない限り意外と自分もその世界を受け入れようと努めて、最終的に二人で楽しめちゃったりするもんだと思う。
きっと日高くんとさつきはお互いを思い合えるステキなカップルになれるはず。
こんなの味わっちゃったらもう他の人とは付き合えないだろうね。
夕日、河川敷、包帯、制服、スピッツ…神がかったラストでした。

スピッツはメロディが綺麗なので一見爽やかポップであるけれど、実はよく聞くとひねくれていて変態的な視点の歌が多かったりする。運命の人がそういう曲だとは言わないけど、このストーリーをスピッツで締めたセンスが好きでたまらない。
フルで聴きたかったー。


2018年49本目
marika

marikaの感想・評価

4.0
人間はナチュラルに狂っている、愛とか恋とかにおいては特にそう思うので、純粋な欲求を曝け出したら誰でもこんなものではないか。とても普通。
もがいてぐちゃぐちゃになりながらも二人の形を見つけていく姿が羨ましいとすら思った。ただ、コンバースの紐はゆるゆるで履くべからず。

「ここにいるのは優しいだけじゃなく偉大な獣
愛はコンビニでも買えるけれど、もう少し探そうよ
余計なことは、しすぎるほどいいよ」
ドント

ドントの感想・評価

4.4
99年。愛…………愛とは……………… 部活の剣道に打ち込み、ほのかに恋心を寄せ合う高校生、日高くんと北原さん。ふとしたことから付き合うことになり、幸せな恋愛物語になるはずだった。日高くんが筋金入りのド変態野郎でなければ……
性欲とも愛欲とも切り分けられない(※窃盗や盗聴は犯罪です)青い春のゴチャゴチャが、ゴチャゴチャなまま全くエロくなく(つまり“男の性欲を昂らせる”映画ではないということだ)でなく暴走していき、奇跡のように結晶化していく様が美しく撮られていく。全くどうかしている。だがどうかしているからそれがどうした。これは濁った純愛映画だ。
S側のスイッチが動きはじめるのにいささか力が足りないと言うか、M側の願望が叶いすぎな都合のよさを感じる部分はある。しかしこの、おとなしい狂気と突き殺す慈愛を表現しきった主演2人の顔を見れば、気品と緊張感をピチピチに保ち続ける映像を見れば、そんなものは瑕瑾と言える。二人乗りの自転車、押し入れ、雨の田んぼ、濡れた窓ガラスがいちいち狂っていて素晴らしい。そして最後に場違いなEDソングがこの青春を祝福する。愛とはつまりこういうものだ…………愛とは………………
Uknow

Uknowの感想・評価

-
人は変態に生まれるのか、変態になるのか

_
ヘンタイ!ヘンタイヘンタイッ!!

普通の17歳の恋がしたいねん
→変態は、何歳から許されるのだろうか…🤔?
 新入社員君が実はSMクラブで豚やっていると言われたらへぇえ?!ってなるけど、歳いったいかにもな上司(意味深)ならまあそういうこともあるよねうんってなる気もする

・見ているだけで(盗撮したり、色々もらったりしていたし)良かったんだ
・処女<<<雨の田んぼに投げられた靴下
・植松先輩可哀想じゃなあ
・先輩犬
icdtr

icdtrの感想・評価

-
本編のジトっとしたトーンとEDで流れるスピッツの曲のポップさのギャップが異常な空気感を生んでて良かった。

「愛はコンビニでも買えるけれど もう少し探そうよ」うおおーーー
T兵衞

T兵衞の感想・評価

4.3
すべての変態を肯定するラストシーンは、痛みを共有した両者が二人にしか見えない景色を見る素晴らしく美しいものでした。恋愛映画はこれができていれば成功なのです。愚生は池田エライザに罵倒されながらgん◯されたいです。
Sinya

Sinyaの感想・評価

5.0

私の憧れた夏がここにあります。

普段、私は、
少女漫画原作の映画を見て、憧れるとか、イケメンに壁ドンされたいなど、
その映画を見てないくせに、勝手に
映画観るセンスないなーとか、
バカ女が騒いでるなーやれやれ…
みたいに、嘲笑してたりします。

そんな事、そんな人いるわけないのに、願望が叶うわけないのにと…

しかし、この映画を鑑賞後、私は猛烈に謝りたいと思ったりしました。

それは、私の、起こるはずがない出来事、いるはずがない人に、叶うわけない願望がこの映画にあり、それに心動かされたからです。

ぼんやりと考えていた、私だけの幻の彼女がいた!はっきりと可視化して!

銀杏ボーイズ 駆け抜けて性春 に於けるYUKIはいたのだ!!

その衝撃は、とても切なくなりましたし、彼らの関係性の展開にドキドキし、結末に感動し、理想を勝ち取った主人公に嫉妬と羨望し、最終的には私は、よくわからない感情を持て余していました。

主人公は、全てさらけ出します。
人に対して、好きな面、嫌い面がありますが、その嫌いな面を受け入れていくと言うのか、好きだからこそ、嫌いな面を受け入れていってしまい、彼女自身が、変化してしまった。元の関係性とは違う、彼、彼女らでしかない関係性になっていく過程。

もはや、ファンタジーです。羨ましい。
ロロいつ高vol.2「校舎、ナイトクルージング」より。

vol.6「グッド・モーニング」で盗聴してた逆乙女と盗撮してた白子が遂に降水確率30%の朝に邂逅してくれて嬉しかった。
>|