惡の華の作品情報・感想・評価・動画配信

「惡の華」に投稿された感想・評価

キム

キムの感想・評価

3.5
漫画実写の必然ではあるのですが、登場人物それぞれが「なぜそういった行動に向かうのか」の心情推移の不明瞭。
ストーリーはめちゃくちゃ面白いのでその点が少し残念。
細かいところはいくらでもつっこめる。
ただ、我々はスターの誕生を目にしたのです。
はァァァ……
全く意味不明。

題だけでレンタルしたんだけど
これは失敗。
原作漫画みたいだけど…

わたくしには合わなかったわ。
途中これ舞台もの?ってなった(笑)
セリフの言い回し、その他諸々
好みではなかった残念………

これが変態なのか……?
中学生の変態。なかなか難しい(笑)
黒羊

黒羊の感想・評価

3.3
惡の華

漫画版は読破、「あの」アニメ版も全話鑑賞…なので話は全部知ってるけど、今日俺の伊藤こと伊藤が出てるので鑑賞してみたァァァ

いいねー伊藤!中学生役なのに背がデカい、体が仕上がってて!(褒めてるけど褒めてない)

ヘアカラー(?)CMの子が仲村さんやってたけど良かったね。見た目も演技も仲村さんしてたんじゃないでしょーか。

しかし…佐伯さんがね…
この女優さんだと、春日くんとの「あの」シーンがパワーダウンに…まぁなりますよねぇ。ティ首すら気合い入れれないとかよくこの役受けたな…

抑えは飯豊まりえでシメも良かった。海のシーンは確かに美しい。

厨二病に囚われた少年少女達の行き着く先は…!?
あ、とりあえず桐生市の方はキレていいかもしれません。
「原作未読で監督の井口昇作品もほとんど見てないが・」


憧れの同級生の体操着を盗んだ、伊藤健太郎が、そのことを変わり者の同級生の玉城ティナにネタに変態行為を強要される。

そこから、妙な三角関係になり、嫉妬や逆レイプ、焼身自殺騒動などを経て、想像以上に、爽やかなエンディングへ。

ともかく主役3人の熱演で、伊藤・玉城ともに痛い役柄を熱演して好感が持てる。

特に体操着を盗まれる同級生の秋田汐梨が最初は清純な雰囲気と行動を見せるが、変態二人に引きずられるように、ダークサイドを見せ、最後の表情も実年齢16歳で結構エグい熱演。

井口昇の演出は、変に陰湿にならずユーモアもあり爽やかな感動的な、ところも押さえて巧み。

注目は脚本の岡田麿里で、アニメ界での仕事がメインだか、ちょっと変わった視点とテイストでとても面白い作品を連発しているが、今作は、癖は少ない方で、破綻せずに上手くまとめている。

個人的には、玉城ティナ扮する仲村が何故あそこまで世の中の偽善をクソムシとなじるようになってしまったのが、彼女の家族を見ても今ひとつ理解出来ない。
思春期特有のドグマなのか?原作を機会があれば読みたい。

桐生市の街中に散見される錆びついた建物や寂れた風景を画面に入れることで、人物たちの燻んだ心情を表現している撮影とロケハンは、中々だと思う。

ダークな面もあるが、良質な青春映画として楽しめました。
ryo

ryoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

高校編までやってくれて意外と原作を再現してる。
主題歌挿入歌のリーガルリリーが良い
青春のぐちゃぐちゃが極端すぎてやっぱり理解はできないんだけど、
中村さんの最後の「二度と来るなよフツウニンゲン」は、自分もクソムシだったことを春日が認めてくれた感謝とか多分色々ギュッとしていて、やっぱりなんか良いよな。
終始理解できなかった。完全にイメージだけど、思春期の感情の動きを極端に表現したってことかな。登場人物全員の感情も行動も理解の範疇超えてて最初の体操着くんかくんかしとったのが小さく見えたわ。後で他の人のコメントとか考察見てふんふんしようと思います。
OG

OGの感想・評価

3.3
予告が面白そうだったので観賞!☺︎

前半はまぁまぁ⇨中盤から後半はなんだかよぅわからん…&長い!☺︎
演技が問題とかではなく、ストーリーに難ありかなぁ…☺︎

ティナさんは、感情のない冷酷な役とかが合いそう!☺︎
女子で毛が生えてる生えてないとか、スク水とかブルマとかもう原作者はホント好きだね〜。
盗んだ体操着着させるシーンは腹抱えて笑った。
ホントは中身がド変態?それとも空っぽ?
なんとも言い表せない物凄いAVみてるみたいで頭が少し痛くなった(笑)。
玉城ティナがでてくるだけで笑けてくる感じとか中学編までは良かったけど後半の失速感は否めないかなと思った。
なので自分は変態だ変態じゃないとか言い合っているのが好きみたいです。
前半でお腹いっぱい映画。
na

naの感想・評価

3.5
原作ファン(というか押見修造作品ファン)
だけど、うーん、、、???
こんなんだったっけ???

佐伯さん役の子当時高2?
色々と大丈夫なの(笑)

伊藤健太郎かっこいい
>|