花と木の作品情報・感想・評価

花と木1932年製作の映画)

Flowers and Trees

製作国:

上映時間:9分

ジャンル:

3.6

「花と木」に投稿された感想・評価

ゆーき

ゆーきの感想・評価

3.2
世界初のカラー映画なんだ!
凄いな

ディズニーってこんな感じだったよねって懐かしくなった
ピクサーと一緒になって絵も動きも綺麗になったけど昔のこういうのも結構すきだったな

それにしてもディズニーって魔法使いの弟子の曲めっちゃ好きだよね
シリーシンフォニー29作目
3色テクニカラーによる世界初のカラー映画
映画の歴史に絶対に外せない一作

なんだろうこの仰々しさは
細く節々のある造詣と影の付け方かな…?
小さい頃絵本を持っていた記憶があるが、今見ても簡単には飲み込めない質感を持っている
シリー・シンフォニーの作品の一つです。世界初のカラーアニメーションだそうです。本来なら動かないはずの植物たちが生き生きと画面の中で動き出します。セリフはなくて全て動きだけで見せます。要はラブストーリーに因果応報の話を混ぜたお話ですが、これがとても分かりやすくて流れるように話が進みストレスなく楽しめます。後のディズニーアニメの動植物たちの動きの原型が既に確立されているような完成度でした。炎が迫って来る様子はハラハラしますし結構怖いです。木は木でもちゃんと男性と女性を書き分けられているし凄いなと感心しました。
胡桃

胡桃の感想・評価

3.7
世界初の短編カラーアニメーション
だとは思えないほどカラーが綺麗❕🧚🏼‍♀️
世界初のカラーアニメーション映画

グルートみたい

悪役の悪い顔が好き

見ると絶対あくびする🥱

2020 342本目
ディズニーの原点的な音楽と映像のマッチも、自然を見る目も、これが観れるDisney+も、記録できるfilmarksもどれも素敵ではありませんか
世界初のカラー映画とのこと
Queenie

Queenieの感想・評価

-
- Amazon PrimeにSilly Symphonyシリーズが無料で入ってた
- カラーを初めて用いた有名なやつ
Philips

Philipsの感想・評価

4.9
子供の頃によく観てました。
シリー・シンフォニーシリーズの中で一番好きな作品。
シリーズ初のカラー作品で、ストーリーもわかりやすく、キャラクターがみんなかわいい。蒸気船ウィリーと同じくらい、ディズニー映画の原点とも言える作品。

何年か前にこの作品の原画セルが数点見つかったらしいのですが、一度でいいから直接見てみたいです。展示会やらないかなぁ。
Yukaneko

Yukanekoの感想・評価

4.0
非常にシンプルで、セリフがなくても分かりやすい作品

やはりディズニーの擬人法は好き!
1932年のシリー・シンフォニー29作目。バート・ジレット監督作品。
何といっても『世界初のカラー映画』という記念碑的作品。擬人化された植物と動物のキャラクターが色彩豊かに生き生きとしてるアニメーションは今見ても十分楽しい。

当時、映画館でこれを見た人たちは、どんな気持ちで見ていたんだろう。
>|