バンビの作品情報・感想・評価

「バンビ」に投稿された感想・評価

昔のディズニーがマイブーム🦌
世界観が良すぎて、ずっと流しておきたい。森の動物やお花が可愛すぎる🌸
動物達の表情がとても可愛い
ディズニーらしいストーリーも好き
子供に見せたい
□見たきっかけ
もともとディズニーが好きで久しぶりに見てみた

○良かったところ
・戦前の映画でこのクオリティという素晴らしさ
・叱られている時のとんすけがかわいい
・「四月の雨」の曲
・フクロウの顔がこわい笑
・ミスバニーの色気笑 連続まばたき→ トントン連打
・バンビの戦闘シーンの臨場感
・人間のエゴを風刺したメッセージ性
・特典のバンビ制作秘話

△気になったところ
・ファリーンの笑い方がきもい
・大きくなったフラワーととんすけの声がきもい
・ストーリーは割と単調かも
ほしぴ

ほしぴの感想・評価

3.6
鳥のイチャラブシーン(春の歌)があったんだけど、鳥のリア充はいつまでも見てられる。ほんっとに可愛かった〜(・ ν ・)

エゾシカの肉、美味しくいただいたけど、もしかしたらバンビのお母さんだったかもしれないと思うと、申し訳なく思う。

日本の映画って、動物が主体となって描かれる映画少ないのかなぁと感じた。特に動物と人間の共生をテーマにした映画。あっ、宮崎駿作品にあるね!もののけ姫とか
でも主人公は人間か、、
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

1.5
退屈。アニメ見慣れてなかった時代の人には感動ものだったのかなあとか思う。
らぴ

らぴの感想・評価

-
見応えとかは全くない笑

けど絵の雰囲気、奥行き、動物の表情や声が素敵だった。

バンビ、とんすけ、フラワーかわいい…
ミスバニーってあんな一瞬しか出てこないんだね笑
chie

chieの感想・評価

-
2、3歳の頃に見た。
可愛らしい子鹿のイメージがインプットされていたために、最近『バンビ』(岩波書店)を読んで、バンビって雄だったんだと驚いた。
フライ

フライの感想・評価

3.6
優しい気持ちになれる
幼少時の子供と見るのにはとてもいいと思う。
可愛いけど可愛いだけだった。
それにしても1942年の作品とは思えない精度の高さでした。
ゆん

ゆんの感想・評価

5.0
とにかく異常なまでの「可愛らしさ」への執着に満ちた、奇跡のように尊い作品だ。
その奇跡は、およそこの作品世界には似つかわしくない、血の滲むような努力とか根性とか情熱といった泥臭いもので作られたものに違いない。

バンビの覚束ない足取りや大きな瞳、長い足の動きに魅了された私達は、バンビや森に住む動物達に悲しい出来事が起こらない事を祈りながら見守ることしかできない。そしてストーリーが進み見事に翻弄され、一喜一憂する。
可愛らしさというのは全てを超越してしまうものなのだろう。秀逸なストーリー展開や、深みのあるキャラクターなど小手先のものは、圧倒的かわいさの前で我々の心の中で補完できるものになってしまう。

命の輝きや自然の厳しさ素晴らしさを描いているが、その全てがリアリティーの一切無いフェイクだ。偽物の命に、大勢の人間が心血を注ぎ魂を吹き込んでいる。偽物でしかありえない異様な輝きが、創作姿勢を含めて目眩がするほど美しい。
健全な世界観を造り上げようとしすぎるあまり、嘘や毒にまみれているのがなんとも罪深い。成長し、ディズニー世界と違い現実では自分が世界の主人公ではなく、他人は常に自分を尊重し祝福してくれるものではない事を知った。薄汚い競争と生臭い欲望にまみれた世界にどれだけ絶望したか!それなのに、どうしたって美しい嘘に強く惹かれてしまうし、映画とは常に気持ちの良い願望を映し出すものであってほしいと願ってしまう。
>|