バンビの作品情報・感想・評価

「バンビ」に投稿された感想・評価

柴

柴の感想・評価

3.4
自然やキャラクターの描写が美しい。
姿は見えないけど、人間の脅威や自然界の厳しさも描かれていて、ただ可愛いだけの作品ではなかった。

とんすけが好き。
RX24

RX24の感想・評価

2.0

重要な局面は訪れるけど、深くは語られず、
淡々と進んでくだけで内容が薄い…
とにかく映像美。トンスケが可愛い。けど可愛いだけでは無い。特に雄鹿と戦うシーンが迫力がありとても好きになった。
バンビととんすけとフラワーが可愛い
ミスバニーはイメージと違った
ファリーンはあんまり好きになれない
Kent

Kentの感想・評価

3.7
“If you can't say something nice, don't say nothing at all.”がディズニー作品で一番好きな名言です。「いいことが言えないのなら、黙っている方がいい」。言葉で誰かを傷つけてしまったとき、ふと思い出します。

ちなみに、『バンビ、ゴジラに会う(Bambi Meets Godzilla)』というショートフィルムがあります…
初めて見るものへの感動。人間の姿は見えないけど一環として悪として描いている点。

余韻の残るアニメだった。
もう少し当時の時代背景を探ってみたい。

浮かれ顔め! のシーン大好き。
tottsun

tottsunの感想・評価

3.5
私が最近見た映画215
「バンビ」
先日旦那さんに見せるために「ぼくと魔法の言葉たち」をDVDレンタルしたため再びディズニー作品見たくなったので借りました。
子鹿のバンビは母親の愛情の元すくすく育ちうさぎのサンパー(とんすけ)やスカンクのフラワーとともに成長しやがて立派な雄鹿になっていく…
ディズニー作品の中でもなぜかこの作品は持っていなくて、他の作品に比べると鑑賞回数が少ないです。
子供の時に何回か見たことある程度なのでフラットな気持ちで見れました。
子供の時は雨のシーンとか暗いシーンが他の作品に比べて多いような気がして怖かったということだけ記憶してます。
大人になって改めて見ると70年ほど前の作品ですし戦時中にこれを作ってしまうアメリカってすごいなと。
その映像の美しさは今やCGでは表せない美しさだと思います。
特にカメラワークにもこだわって作られているオープニングは本当に美しいの一言です。
子供の時はストーリーだけしか考えませんでしたがそこが新たな発見でした。
音楽にもこだわりを感じました。「ファンタジア」の長編を鑑賞しているようなバレエを観ているかのような演出があり、そういう意味ではある意味挑戦だったのかなと。
バンビやとんすけたちもキャラクターとしてデフォルメされすぎるのではなくスタジオに動物たちを連れてきただけあって歩き方やしぐさなど研究の賜物だなと思いました。
そういった意味で子供たちだけではなく大人になって見た時に何かの気づきを与えてくれる作品のような気がしました。
あ、あとフクロウの声優さんの声聞いたことある!って思って注意深く聞いたら、あれ?スミー?ん?ゼペットさん?コグスワース?ってなって調べたらこの方の声にはたくさんお世話になってるってことが分かりました。
そんなこんなで発見の多い鑑賞でした。
私的には☆☆☆.5かな。
メロン

メロンの感想・評価

3.5



昔ビデオ持ってたな~
尻尾を布団がわりにする感じ
なんかわからないけど
大好きなんだけど
なんなんだろう



disneyうさぎがずば抜けて
可愛いよね



おかあさーーーーーん!!!
が死んでしまったとき
泣いてしまった




犬こわ!
なな

ななの感想・評価

3.5
大戦中にこんなの作れるアメリカはやはりすごい
動物と自然の色彩豊かさ、キャラクターづくり、音楽の使い方等々、その後のアニメシーンに多大なる影響を与えたのではなかろか…。
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.7
とにかく可愛かったなあ、そして自然の厳しさを知った、お父さんとバンビがかっこいいいい
>|