極道大戦争の作品情報・感想・評価

極道大戦争2015年製作の映画)

上映日:2015年06月20日

製作国:

2.3

あらすじ

神浦玄洋史上最強といわれるヤクザの組長。 異彩を放つ数々の不死伝説が広まり、彼のことをヴァンパイアと 呼ぶものさえいた— 海が近くうら寂れた毘沙門仲通商店街は、街の人々からの信頼が厚い 神浦玄洋(リリー・フランキー)を組長とする神浦組が牛耳っていた。 神浦の舎弟である影山亜喜良(市原隼人)は、敏感肌ゆえ刺青も入れ られない若衆止まりの半端者。神浦に憧れて極道の世界に入ったものの、 …

神浦玄洋史上最強といわれるヤクザの組長。 異彩を放つ数々の不死伝説が広まり、彼のことをヴァンパイアと 呼ぶものさえいた— 海が近くうら寂れた毘沙門仲通商店街は、街の人々からの信頼が厚い 神浦玄洋(リリー・フランキー)を組長とする神浦組が牛耳っていた。 神浦の舎弟である影山亜喜良(市原隼人)は、敏感肌ゆえ刺青も入れ られない若衆止まりの半端者。神浦に憧れて極道の世界に入ったものの、 映画のような誇り高い仁義や任侠心に満ち溢れた理想の世界からほど遠い 現在のヤクザ社会にうんざりしていた。退屈な毎日を送っていたある日、 神浦の命を狙う刺客たちが次々と毘沙門仲通商店街に現れる。 神浦を狙う刺客たちは何者なのか? なぜ、神浦を狙うのか? 死闘の果て、影山の前に八つ裂きにされた神浦が横たわっていた。 駆け寄った影山の首筋に、瀕死の神浦が突然噛みついた瞬間、影山に 神浦の血が逆流する「ヤクザヴァンパイアとして生きろ!」神浦は そういい残し絶命する。かくして“血の儀式”が行われ、街中を巻き込んだ 刺客たちとの新たな闘いがはじまろうとしていた—

「極道大戦争」に投稿された感想・評価

とり

とりの感想・評価

2.5
ヤヤン・ルヒアンありがとうーーーー「愚直であれ」好き勝手やってる、本当にヘンテコでクレイジーな快作でKAERUくんのおかげで特撮の楽しさも思い出させてくれる。オリジナル脚本の筈なのに漫画の実写化のような高カロリーな世界観で、けど昨今の雇われ職業監督感満載の作品と比べると昔の海外でも人気の高い『殺し屋1』とかに近い常軌の逸し方でなかなかの豪華キャストも自由奔放に暴走している。でんでんノリノリ「吸っちゃえよ血なんてよ~吸えよ吸えよ」。シーンのどこを切り取ってもコテコテでよく分からなくなったり気持ち悪かったりしてヤバオカしいから三池愛を試されているよう、主人公がオラオラを地で行く市原隼人って時点で大人の真面目な悪ふざけ?このシュールすぎる意味の分からなさ疲れるけど案外嫌いじゃないかも、とも思う。例え作り手の自己満のように大衆に受け取られたとしても、脈絡なく突拍子が無さすぎるという点である意味サプライズに満ちているし遊び心満載。特にまさかのヤヤン・ルヒアン(オタクルックに爆笑)は『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』のタランティーノに続き"世界の三池"であることを痛感させられるキャスティング「スミマセン、スミマセン、ココハ秋葉原デスカ?ココハ秋葉原デスカァァー!」「外道がー!」

「ヤクザヴァンパイアの道をゆけー!」「カタギの血はオイシイ、ヤクザの血はマズイ」
TOMATOMETER61 AUDIENCE39
Critic Consensus: Yakuza Apocalypse lives up to the oddball promise of its title with a cinematic whirlwind that represents director Takashi Miike at his most delightfully unhinged.
ReN

ReNの感想・評価

2.2
Blu-rayにて鑑賞。

三池崇史がここ最近悪い方向に向かってしまっているような気がしてならない。
本作もその一部で、オリジナルでありながらも実写映画みたいな作りになってしまっていて、せっかくの豪華俳優陣とかも勿体無さが否めない…
西島衛

西島衛の感想・評価

3.3
もう一生観ないけど、こういうのを作っても許される世界は素敵だ。
不動産屋のおっさんが最高に面白かった。
名前

名前の感想・評価

1.5
DEAD or ALIVEを思い出した。

竹内力と、哀川翔の共演と聞いて、
とても興奮したにも関わらず、
ラストの展開に
悲しくなったことを思い出した。

その展開がずっと続く感じ。
とむ

とむの感想・評価

2.0
クソすぎて腹が立ちました。
☆1にしたいぐらいですが、ヤヤンルヒアンをキャスティングしたところは認めます。
OASIS

OASISの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

支離滅裂を狙い過ぎて、とんでもなくスベってしまっていてどうしようもない。
「極道恐怖大劇場 牛頭」の現在のセルフパロディとしても尖ったセンスを感じられずただただ痛さのみを感じる。
MTAK815

MTAK815の感想・評価

2.4
設定が意味不明

ヤクザのスタイルが古い
最後は寝ましたZzzz
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

2.0
えーと、なんでしょうか、これ? 「極道大戦争」とヤクザ映画と思うでしょう。でも映画ポスターの下を読んだか?噛まれたら、みんなヤクザ。はい、普通のヤクザ映画ではありません。ヤクザ・ヴァンパイア映画です!脚本家はどういう心境でこれを描いたのかね?街の組長がなぜ強いのかっというのはヴァンパイアですから。元の組みから戻されようとされるが、断ったら、首がとられた!生きた頭で構文を噛んだ。そしてら構文がヴァンパイアに!でもさらに強い敵が現れる。着ぐるみを着たカエル君。はい、わけのわからない映画っす!
公開当時にキャスト目当てで鑑賞。
まったくもって意味不明。観客が置いていかれる方の三池映画。
キャストと金の無駄遣い。
odoro

odoroの感想・評価

2.8
納得の低評価!!
ですが
カエル君のキグルミアクションがとてもカッコカワイイ。脱ぐ時ドキドキしてしまったわ。
>|