極道大戦争の作品情報・感想・評価・動画配信

「極道大戦争」に投稿された感想・評価

不死身と恐れられる武闘派組長の神浦を慕うヤクザで、兄弟筋から馬鹿にされようと会長の教えから堅気には手を出さない影山亜喜良。謎の勢力の襲撃によって神浦を目の前で失うもその際に「ヤクザ・ヴァンパイア」として生きる事を命じられた彼が、地の儀式により吸血鬼と化して街中を巻き込む抗争へ臨む様を描いたアクション映画です。

ジャンルを問わずに仕事を引き受ける職業監督ながら節々で発揮するユニークなバイオレンス描写が世界中のコアなファンを沸かす三池崇史のオリジナル映画作品で、「サヨナラ、軟弱で退屈な日本映画。誰も望んではいませんが、勝手に初心に戻って大暴れです」と宣言して作り上げた破天荒な物語が一部の支持を集める話題作になりました。

吸血鬼に河童、おまけに蛙男となんでもありのおったまげ映画で、よく言われる海外作品のトンデモ日本描写がかわいく見えるほどの荒唐無稽ぶりです。最初から作り込みなど露程も考えていないストーリーはあってないようなものですが、ここまでやられたら笑うしかないぶっ飛んだシーンの数々で高品質のB級映画として楽しめる一作です。
えりみ

えりみの感想・評価

4.0
劇場公開時に気になってたやつ
やっとWOWOWで放送してくれた
(めちゃめちゃ前でもう放送予定無いけど)
大好きなバンパイアとヤクザと市原隼人が全部一緒になってる映画、俺得映画♪
ヤヤン・ルヒアンもろ肌脱いで刺青入れてアクション魅せるし😆
三浦誠己が市原隼人シバくし♪
なんでそんなに評判悪いんかなぁ。。。🤪
高島礼子に成海璃子も出てくるヨ😄
渋川清彦は一回だけかな、見せ場あるの🚬

初っ端から
リリー・フランキーが血みどろ大立ち回り魅せる
ピエール瀧がビビるくらいの大立ち回り😁
リリー・フランキーに憧れる下っ端ヤクザが市原隼人😍
坊主頭がよく似合う😌
敏感肌てw
ヤクザヴァンパイア爆誕😂
気色悪いベロ出た😱

B級映画のわりに
贅沢な間の取りかたするのねぇ。。。

血ぃ吸われた後はヤクザなのかゾンビなのか
設定が曖昧になったみたいで、
途中からゾンビメイクやめてもたw

カエルの着ぐるみ強いなーと思たら🐸
KAERUくんは三元雅芸やん😲
カエルの邪眼😨
特撮巨大カエル😨😨
巨大カエル火吹いた😲熱そう😃
多分ねぇ、
このあたりで皆「これまでの時間返せやぁ〜ッ😡」てなったんやろねぇワカルワー

エ!?そんな終わり方??
『DEAD OR ALIVE 犯罪者』に次ぐトンデモラストやな😶
さすが三池崇史映画😂
RYU

RYUの感想・評価

3.5
「ここすき」の大連鎖。闘う漢たちの闇鍋ゲテモノイレズミ活劇。意味なんてどうでもいいし設定とか要らないよ。画面いっぱいに置きたいものを置いて、時間いっぱい見せたいものを見せて、観た人みんなに損をさせる超絶おトクなファッキンバイオレント極道ヴァンパイア映画がここにある!憎むべき映画を憎めない日陰者のために三池崇史は必要なのです。
ろく

ろくの感想・評価

4.0
まずは感謝。

昨年8月15日、フィルマークスに入り、早一年。レビューも675本、さらにはフォロワーさんも400を超え、まあひとえにありがとうしかありません。

もともと映画好きでしたけどこんなSNSあるの知らず映画好きなのは隠れキリシタン状態。職場で映画の話が出てもホントに好きな人以外とはあまりかかわらず生きてきました。でも職場の(数少ない僕が映画好きだと知っている)後輩から「ロク先生、こんなのありますよ」おお、それではと加盟。すっかりはまってしまいましたよ。

レビュー675本もこの1年で見たのは600本ほど。フィルマークスのせいでしょうね。通常では年間200~300ほどだったんですけどすっかり拍車がかかるかかる。ここ半年は「観たものだけをレビューにあげる」ようにしています。だって鳥頭だからすぐ忘れるんだもん。

というわけで1年記念の作品はこれ。三池の「極道大戦争」。

ああ、これ記念の日に持ってくる?いいんですよ、いいんですよ。そもそもまっとうなレビュアーじゃないでしょ、あんた。エロと暴力とプログラムピクチャーばかりでないですか。好きな監督も石井輝男に鈴木則文の城定秀夫じゃない。そんな僕には三池テイストのこんな映画がお似合いなんですよ。

好きか嫌いか聞かれたら大好き。三池悪乗りしすぎだけど「DEAD OR ALIVE」や「極道戦国史 不動」が好きな人は(そんな人少ないはずだけど)結構楽しめますからね。まず極道ものなのに噛まれたらバンパイアならぬ極道になるというどうみても「フロムダスクティルドーン」観て作ったろ感が止まらないです。

あとはおなじみ三池の悪乗りで
少年は噛まれたら頭がパンチパーマになるし
女子高生は噛まれたのでツボふり始めるし
敵は功夫の達人なのにリュックしょって背中にポスターさしてネルシャツinだし
その敵にリリーフランキーは首折られてさらにねじ切られるし
高島礼子は頭から脳みそだしてそれを尻にいれなおすし
市原隼人はカエルの卵そば食ってうえってなるし
というか敵もカエルの着ぐるみだし
さらにそのカエルめっちゃ強くて車に轢かれても死なないし(ヒキガエル状態なのに)
でもやられちゃうと巨大お父さんカエルが出てくるし
でも特撮が東武ワールドスクエア状態だし
最後はこんだけ盛り上げたのに天龍・橋本みたいなただの殴り合いで終わるし

ってことで好きだけどだれも理解してくれないはずです。いいんです、いいんです。三池だからいいんです。

というわけで今後ともよろよろお願い申し上げます(ぺこぺこぺこりぺこぺこり)。
市原隼人主演のヤクザ映画と思い鑑賞したら、まさかのぶっ飛びヴァンパイア作品でした。アクションは良いです、内容は…?。
弱者と思われていた人間が文字通り強者に噛み付く下剋上の力学で貫かれたいかにも三池崇史的な映画。ヤクザと吸血鬼設定をミックスした時点で勝利。
個人的爆笑ポイント
・歩いてくるマカロニウエスタン的な男
・いきなり襲ってくるオタクのヤヤン・ルヒアン
・階段がおぼつかないカエルくん
・脳が溶けてる高島礼子
・まさかり担いだ金太郎
・マシンガン付きデコトラ

ヤクザバンパイアのルールを探すなんて野暮なことですよ。
ShojiIkura

ShojiIkuraの感想・評価

3.6
 なんじゃこりゃ!!全てがぶっとんでる!こうなりゃ頭空っぽにして楽しむしかない。バンパイア、謎の組織、最強のカエルくん、巨大化…いいぞ、もっとやれ!
A

Aの感想・評価

3.0
今まで見た中でイチバンのトンチキ映画!!!!!純粋な極道ものを作っても絶対に面白くなるこのメンツを揃えて、このストーリーに仕立て上げる監督の潔さ。
シンジ

シンジの感想・評価

3.0
妥当なPG12。
三池崇史監督作品なので「DEAD OR ALIVE 犯罪者(1999)」がイケるならこちらもOKか?ただ、もう少しテンポ良く進んでほしかった。
KAERUくん、でんでんさん、リリーさん、良い。
こう

こうの感想・評価

1.9
アクションシーンや決めのシーンや撮り方も面白い所多々あるのですが、もう話が酷すぎて、途中でもう何やこれって嫌になります。最後までみてみても最後までふざけてて、ちょっとイラッとしました。
三池監督、初恋や一命や藁の楯など良い映画も撮るし、こういうのも撮るから、ほんまにこの監督の作品ギャンブル感があります。
>|

あなたにおすすめの記事