劇場版 MOZUの作品情報・感想・評価

劇場版 MOZU2015年製作の映画)

上映日:2015年11月07日

製作国:

上映時間:116分

3.2

あらすじ

妻子の死の謎を追う公安警察官倉木(西島秀俊)は、大杉(香川照之)明星(真木よう子)とともに、一連の『MOZU事件』で警察内部に巣食う闇を白日のもとに晒した。※ドラマseason1.2 しかしそれは、恐るべき謀略の氷山の一角に過ぎなかったのだ。 あれから半年…。高層ビル占拠爆破事件とペナム大使館襲撃事件、二つの大規模テロが同時発生した。これらは、犯罪プランナー高柳(伊勢谷友介)と暗殺専門の殺し屋権…

妻子の死の謎を追う公安警察官倉木(西島秀俊)は、大杉(香川照之)明星(真木よう子)とともに、一連の『MOZU事件』で警察内部に巣食う闇を白日のもとに晒した。※ドラマseason1.2 しかしそれは、恐るべき謀略の氷山の一角に過ぎなかったのだ。 あれから半年…。高層ビル占拠爆破事件とペナム大使館襲撃事件、二つの大規模テロが同時発生した。これらは、犯罪プランナー高柳(伊勢谷友介)と暗殺専門の殺し屋権藤(松坂桃李)ら同一グループによる犯行であった。実は彼らは、日本事件史の闇と言われる存在「ダルマ」(ビートたけし)の名のもとで、ある犯罪計画を極秘裏に進行しているのだった。灼熱の地・ペナム共和国を舞台に、事件の真相を追う倉木達と、最後の敵=ダルマとの死闘がついに幕を開ける!

「劇場版 MOZU」に投稿された感想・評価

natsuki

natsukiの感想・評価

2.5
世界を維持するシステムに組み込まれている悪を罰しようとするのは善か悪か?みたいなテーマなのかなと思ったら、悪役たち単純な悪、主役も復讐に燃えてるだけで葛藤が無く、読み間違えたのか、何が言いたいのかよくわからなかった。松坂桃李が池松くんのキャラともハセヒロのキャラとも被っていて無駄では?と思った。
santasan

santasanの感想・評価

2.9
う〜ん。アクション重視なんだろうが肝心のストーリーがなぁ。ドラマが割といい流れだったのに、劇場版はだるまに引っ張られてなにかと都合良くなってしまった感が。でもってこの結末なのか…。
「MOZU」の魅力は長谷川博己の「チャオ!」にある。映画でもじゅうぶん満足しました。そこだけは満点です。
金字塔

金字塔の感想・評価

2.9
ドラマシリーズ通してダークナイトと007に憧れたTBS×WOWOWのオマージュ作品


桃李くんがずっとスベってて悲しかった。
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

3.0
・15/11/13:TOHOシネマズ上大岡【初鑑賞】
Kana

Kanaの感想・評価

-
長谷川博己 と
松坂桃李 の
振り切った高笑い
かほ

かほの感想・評価

2.0
キャスティングやべぇな。
どう頑張っても西島さんの演技が上手いと思えない。この映画を含めいくつかの作品で棒読みをカバーしようと心の無いキャラを演じているが、それでも隠しきれていない。非常に残念。
ka

kaの感想・評価

3.7
ドラマを観てからしばらく経っているので忘れているところ多々あり。

だけれども映像の迫力と俳優たちの怪演に呑み込まれる116分。

今回1シーンしか出ていないのに池松壮亮のきたきたきた!という存在感。
そして長谷川博己。
悪役が出てくるとワクワクしてくる不思議。それは、悪とはなんなのか、というところに繋がってくる。

ドラマの時からそうですが、ここまで壮大でお金がかかって、且つ内容と演技がしっかりそれに伴っていると実感できるクオリティはなかなか日本でないと思う。

一つの映画として最後まで飽きないものでしたが、内容やこの作品の主旨をしっかり理解するにはもう一度ドラマから見直さないとなかなか厳しいな〜。
tkk

tkkの感想・評価

2.8
ぶっ飛び東と池松vs松坂がよかった。アクションはよりパワーアップしていて見もの。
伏線の回収が雑、終盤テンポ早すぎの明らかな尺不足感が残念だった。MOZUはseason1が至高。
エマ

エマの感想・評価

3.2
ドラマを観ていたので視聴。
全ての謎が解けるので一応スッキリする。

ただ、一つ一つのシーンにどう?お金かかってるでしょ的なドヤ感を感じてしまって少し萎える。

戦闘シーンの場所にこだわるのは良い事だと思うけど、観ていて(さっきの場所からここに繋がるか…?)と思ったり、ライティングがわざとらしくてRPGゲームのシーンみたいになっちゃってたりしてたのが残念だった。

話の展開も早いんだし、そこまでやりすぎなくても良かったのにね。

シンカイヒロミや東が突然現れるのは(リアリティに欠けるとは思いつつも)キターーー!となります。
>|