デッド寿司の作品情報・感想・評価・動画配信

「デッド寿司」に投稿された感想・評価

胡蝶

胡蝶の感想・評価

-
黄身の口移しシーンの生理的拒否反応がすごい。でもアクションシーンはすごくよかった。

友達とワイワイ観るのがいいと思う。お色気シーン多めなので間違っても家族とみちゃ駄目。
記録。
食べ物を粗末した人間への恨みから、お寿司がゾンビ化して襲い来る。
迎え打つのは寿司職人の父親に育てられた空手少女の武田梨奈ちゃんというね。
もう安定の井口監督作品で、お腹抱えて笑いました。
ただエログロは控えめで、せっかくの女体盛りがなぜか下着を付けたままだったのには憤慨したものの(全裸でやれよ)、亜紗美姐さんの無駄に上手いロボットダンスや顔芸が盛り上げてくれたので良しとします。
TerraT

TerraTの感想・評価

2.0
率直に言って一人で観るのは観ることはおすすめできない。
食品の扱いに関して強烈な不快感のあるシーンがいくつかあり、視聴者はほぼ間違いなく、暫くの間寿司と卵かけご飯が食べられなくなる。特に卵かけご飯。

それはそれとして主人公の殺陣を始めとしたアクションシーンはちゃんとかっこいいので、友人と一緒に深夜テンションで観てみるのもアリ、かも、しれない。

最初に言った通り、率直に言って観ることはおすすめできない。
takahashi

takahashiの感想・評価

2.2
キモいシーンをキモく描くのがとにかく上手く、何度も具合が悪くなりました
アクションが無駄に良くできており、人には絶対に薦めないけど憎めない映画です
生卵シーン。。。大変そう
ここまでやってくれるのは◎
エンドロールまで、素敵

美味しくいただいたとのこと!
一人で観るものではない。おもろいけどやりすぎだなと思うシーンもあった。
ちゃむ

ちゃむの感想・評価

2.0
出たー!卵の黄身の口移し…オエ
昔大人計画フェスティバルで皆川猿時と荒川良々の(うろ覚え)黄身口移し見たけどそれよりはまあ見れた
いぬ

いぬの感想・評価

-
寿司ヌンチャクはアツかった
音響がひどい

やたらキスシーンが多い
なんと!ついに寿司もゾンビ化する時代に!!

久々C級映画を摂取したいと思い鑑賞

意外とオモロいから見てほしいw
松崎しげるも出てたしCどころかA級映画だったかもしれません(それはない)

寿司といえば、で思いつく要素をふんだんに使っており寿司愛を感じました
ただし、シャリを粗末に扱いすぎです
寿司ゾンビ菌に感染した人間の口からシャリが湧き出ること。その日の食欲が失せました

暇な人は是非見てください
井口昇監督の温泉宿を舞台にした寿司のキラー・トマトかつゾンビ系ホラーの要素を表向きにしつつ、カンフー的アクション映画を骨子にしたコメディであり、純朴そうな寿司職人の女の子がスピーディーな格闘に長けているという主人公の属性の渋滞からして、カオスを力づくでねじ伏せるようなばかばかしい映画だ。

初めて姿を現すまで30分ぐらいかかり、それまではとてもタルかったが、キラー・トマトと同じようにネタとシャリの間に牙を生やして裏声で何か喋っているデッド寿司の出てくるシーンはほぼ全部チャーミングで好きだった。
ピアノ線で動かしていたり、空飛ぶ時は安っぽいCGだったり、かわいさという点においてはそうした安っぽさも含めて良い。

そもそも寿司って見た目そのものが奇妙でおもしろい。
そして、ものすごい速さで移動する物体というのも大概おもしろいのでデッド寿司は最高だ。

余談だけれど最近の回転寿司ってもはや回転していないで、注文したらけっこうな速さでレーンを皿に乗った寿司が駆け抜けて自分の席まで来る。
5年ほど前に池袋でそれを初めて見た時、すごく笑った。
エビフライが載った寿司だった。

たまごがいじめられる寿司同士の諍い、主人公と出会い共感してわかりあうたまご、寿司のナイトメアー・ビフォア・クリスマス(文字にすると彦摩呂のフレーズっぽいな)、寿司が交尾して、即産まれた子供の寿司の大群や、炙りサーモンが火炎放射するシーンが特に好きだ。

寿司以外に関することは、まあ、らしいというか、超ご都合主義で、もはや実況というレベルで画を全部説明してくれる映画である。
あまりにも徹底しているのでギャグとも取れるがすべっていることもかなりあった。
すべり芸かもしれない。
松崎しげる氏演じる包丁恐怖症の元板前:澤田が包丁を持って「包丁を握るぞ!」の1秒後に「握れた!」と言うのは笑えた。

それでも澤田と、たまごの寿司の屈折してこそ優しさが光るキャラクターはとても良かった。
>|

あなたにおすすめの記事