彼は秘密の女ともだちの作品情報・感想・評価・動画配信

「彼は秘密の女ともだち」に投稿された感想・評価

日本語名が合ってない。

止まらなくなる欲求と正そうとする理性、クレールとヴィルジニアの微妙な心情の描き方がよかった。

友人へ恋人へ親子へ自分へ、形に捕らわれない愛情に正義を感じた。
クラブのシーン、ユートピアを見たようだった。
ショッピングモールのシーンが一番幸せで好き。

素直に、自由に、生きることは何よりも正しくて美しい。
お気に入りの一本になりました。

やっぱりラファエルペルソナはイケメンだなぁ…
ユキ

ユキの感想・評価

3.0
冒頭のウェディングドレスからの棺桶のシーン美しすぎてそこしか残ってない
muguet

muguetの感想・評価

-

親友と過ごした時間
喪失との向き合い方
誕生した新しい友
ショッピングモール
女の人生
自身の中にある本質
7年後

なんだか見終わった後、フワフワと不思議な気持ちになる物語だ。本当の自分に気づく時は、何かに誰かに作用されるものなのかな。はじめての女性としてショッピングモールに出かけるシーン、お互い自然体の姿で和んだ。
ちょっと軽めだったかな。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.7
不気味さとか陰鬱とした感じとか、ちょっと物足りなかったおもしろかったけど
ルネ

ルネの感想・評価

2.0
2015年8月8日公開。 監督・脚本はフランソワ・オゾン。

原作はルース・レンデルの短編小説『女ともだち』。

親友の女性が27歳で亡くなり、その夫と子供を訪ねたら女装しててビビるお話。

女の子2人が親友同士で回想シーンがあるのだが、子役2人が可愛すぎて死んだ。 でも大人になったら亡くなる女性は綺麗じゃなくなってて残念。 僕も小学生の頃可愛かった女の子が、中学になったら磯野フネ化してて凹んだ記憶があります。 殺されて入れ替わったんじゃないかって噂されてて、モサドの人に事情聴取されました(ウソ)。

ヒゲ剃りあとの青い、大柄なオッサンが女装してる衝撃。 見てはいけないものを観てしまった感に押しつぶされそうでした。

その女装癖のある男に頼まれ、2人でショッピングしたりしてるうちに、親近感を持って仲良くなって行く。 途中ではちょっと面白かったのだが、その微妙な恋にも共感できないし、ビジュアル的にも美しくないので飽きた。

女性のシンプルで品のあるファッションは観てて楽しめたし、お金持ちな主人公の女性がマツダのスポーツカーに乗ってたのも日本人としてちょっと嬉しかったですが、テンションが上がりませんでした。
May

Mayの感想・評価

3.3
記録
エリカ

エリカの感想・評価

3.8
これも授業で
結末がよかった
ラストシーンは眩しい 
>|