MISS ミス・フランスになりたい!の作品情報・感想・評価

上映館(10館)

MISS ミス・フランスになりたい!2020年製作の映画)

Miss

上映日:2021年02月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

あらすじ

「MISS ミス・フランスになりたい!」に投稿された感想・評価

mii

miiの感想・評価

3.8
フランスのジェンダーレスモデルとして
実際にも活躍している
アレクサンドル・ヴェテールが
字幕を追うのをやめて
彼女の顔を眺めたいってくらい美しかった!
どんな活躍をされてるか
お顔も眺めにネットを見たけど
情報が少ない。

教室で子供たちが 将来なりたい夢を発表しています。
アレックスは「ミス・フランスになりたい」と発表したところ
皆にくすくすと笑われてしまいます。

その夢を心の奥にしまっていましたが
成人になり「なりたい自分になる」ために
夢に向かって 男性である事を隠して ミスコンに出場します。
まずは 周りの理解を得て 協力をあおぎます。
同じ屋根の下に暮らす下宿人のローラを筆頭に
同様の境遇の彼からは 現実の厳しさを学び
他の協力者もそれぞれの得意分野で メンタル面やSNSをうまく利用したりと
彼を応援します。
それが大きな力となって アレックスを奮い立たせます。

けれど やはりコンテストでは隠して出場しているわけですから
完全に吹っ切れてはいないのですよね。
観ている側も そんな所にもやもやしていると・・・
ステージで 彼は長年覆われてきた自分の殻を投げ捨てるのです。

過去の少年時代の夢をからかわれた事
それによって 自己否定して生きてきた事
挑戦しても 受け入れられずに 心の扉を閉ざしてしまう事
ジェンダーレスでも そうでなくとも
自分らしく生きる事を問いかけています。

そして 私たちはあらゆる者に対して理解する心が必要。
むしろ尊重されるべきであって
非難したり抑制したりする権利はないという事も。
アレックスが抱いた希望のように
差別を排除するべく 私たちも邁進しないといけませんね。

このレビューはネタバレを含みます

男の人が女になるってだけで色々と大変な世の中やけど、さらにミスコン目指すっていうのでめっちゃ大変、難しい。
話はもう、盛りだくさんって感じで詰め込めるだけ要素詰め込みました!って感じやったけど、主役の人が綺麗。ほんとに綺麗。
流石にミスコンで他の女性と並んだらデカイなぁって思ったけど、それでもソロで見たらめちゃくちゃ綺麗。

あとはおフランスって感じのミスコン出場者たちの服も可愛かったな。

ちょいちょいでてくるボクシングの描写がツボ。笑
ぬぷ

ぬぷの感想・評価

4.2
久しぶりに映画観て泣いた。
アレックスがアレクサンドラになり、どんどん綺麗になる。

周りの女性達の潔くカッコいいこと。それに引き換え、男性は2歩も3歩も遅れてる。

自分の価値を他人に決めさせるんじゃない、という言葉にじーんときた。
aymm

aymmの感想・評価

3.9
少年のころ、「ミスフランスになりたい!」と夢を語って笑い者にされたアレックスが大人になって、夢を叶えようと奔走する物語です。

本作はサクセスストーリーというより、自分と真剣に向き合う尊さと勇気を描いたヒューマンドラマとなっています。

ミスコンを目指すストーリーでありながら、「自分の価値は自分で決める」という強いメッセージが感じられる映画です💍

主演のアレクサンドル・ヴェテールが本当に美しい!ジェンダーレスモデルとして活躍している方なんだけど、本当に魅力的!♡
angelica

angelicaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

アレックスの顔が綺麗で好みすぎてずっと見てられる✨
優しい世界だった。ヨランダ達最高の家族!アレックスに対して「はじめから誇りに思ってるよ!」ってのが本当に暖かくて嬉しい。
同級生も奥さんも神だなぁ。ボクシングジムのみんなもなんだかんだ。
アマンダとパカも、意識高く生きてて好きだわ。

タクシーのシーン、うまいミスリード。

ナンパおやじが、期待wを裏切って下世話でなかったw


試写会のアフタートーク、メイクアップアーティスト/僧侶の西村宏堂氏のお話も良かった。
2019年のミスユニバーススペイン代表はトランス女性。近年、ルッキズムからミスコンには批判もあるが、進歩している。それによって価値観を広げ、新しい寛容さを教えてくれる。
アレックスのように、本当の自分を受け入れ、他者に自分の価値を決められないことが大事。
clerks00

clerks00の感想・評価

3.7
🇫🇷パリで活躍中のジェンダーレスモデルが演じるアレックス君が可愛過ぎてミス・フランス全然行けそうな気がしてしまうww その内ミスター・フランスとか出てきてもおかしくないな!もう男女関係無く成りたいものに成れるんだよ、そうあるべきだ。
ハナs

ハナsの感想・評価

3.9
私は生き方を学ぶために映画を見ていると思った。自分に自信を持ちたい
tomoco

tomocoの感想・評価

3.4
24歳になったアレックスは少年の頃からの夢を実現させたいとミスコンに出る決心を固めるー。
男らしさ女らしさって何?自分らしくあること、ありのままの自分を愛せた時に人は輝く。
観ていて、フランスもジェンダーに対して意外と保守的なんだと知らされた。
enypowa

enypowaの感想・評価

3.8
オンライン試写会にて一足お先に。

幼い頃の夢を叶えるために、男性であることを隠してミス・フランスの審査に挑む主人公アレックス。

LGBT問題を描いてはいるけど、どんな人にとっても自分らしく生きるって、そう簡単な事じゃない。
性別や年齢、人からの見られ方、周りからの期待とか、いろんなことにとらわれているうちに、ありのままの自分を認めるのが怖くなったり、自分らしさを見失うこともしばしば。

アレックスが、「女性でいると強くなれる」って言ったように、自分に正直になれた時に揺るぎない自信もついてくるのかもね。

さてさて、わたしはどうだろ…?
abx155

abx155の感想・評価

3.6
男性でありながらそれを隠して、女性としてミス・フランスの審査に挑んだ主人公アレックスの物語。
様々な障害を越えながら、友人や疑似家族となる下宿先の同居人、そして他のミス・フランス応募者達の助けを借りつつミス・フランスに上り詰めていく様子は、王道のスポ根的サクセスストーリー。しかし主人公が「自分らしさとは何か」という問いかけに繰り返し直面することで、鑑賞者にもそれを問う構造になっている。
主人公アレックスを演じたのは、パリでユニセックスモデルとして活躍しているアレクサンドル・ヴェテール。見ているうちにだんだん女性にしか見えなくなってくる。
>|