リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

Moet

Moetの感想・評価

4.3
エディとアリシアの演技力に脱帽。リリーが男でありながら、もう女にしか見えない演技力に圧倒された!
そしてアイナーとリリーの両方の姿を愛した妻は本当に人として素晴らしいと思う。何もかも美しい映画だった。ラストも感動。
るるる

るるるの感想・評価

5.0
2018年37本目記録
ずっと観たかった映画

最初は二重人格のリリーという女性の人格に段々元の人格が消されてくのかなって思ったけど、トランスジェンダーの中身が女性の男性で、でも時代がら男であろうと努めてた

アイナーからリリーとして、男から女として生きていこうと決めてから、リリーが強くなっていくにつれてどんどん女性らしさが増して、とても綺麗で素敵な女性になっていくさまがすごく繊細に表現されてた

それと同時にゲルダの苦悩とか自分の夫が女として生きていくと決めてからも愛してるっていえる強さとか、目の前でどんどん女になっていくアイナーを見てる辛さ、切なさとかも描かれてた

リリーを演じてたエディ・レッドメインの表現力?演技力?ってめちゃくちゃすごいんだなと思った
途中から本物の女性にしか見えなくなって、観終わってからエディ・レッドメインすごいしか出てこなかった
1920年代のトランスジェンダーの話。
世界で初めて性適合手術をした実在する人物の話。

当時は「同性愛」と「トランスジェンダー」と「精神病」が混同されていた時代だとわかった。

性の「嗜好」と「認知」は全く話が違うことも伝わった。

リリーの場合、トランスジェンダーで生まれつき自分を女性だと思っていた、認知のずれがあった。

ゲルダを男性のように感じ、パーティーで出会った男性にも恋心を抱いた。
リリーはれっきとした「異性愛者」だと思った。
ただ身体は男性として生まれ、自分の性の認知を女性だと思っている。
身体が男性なだけで、心は普通のカップル。だからこそ、やるせないし、切ないし、葛藤したのだと感じた。

また、この作品はリリーを支え続けた、ゲルダの愛のストーリーと言っても過言ではないと思う。

20年代の話でありながら、現代に公開されているからこそ描ける、リリーの周りの人々の反応だと思う。

LGBTが社会に浸透していない時代だと、ゲルダのような女性を描くことが、そもそもタブー視されていたと思う。

かなり色々と考えさせられた。
リリーは最後、とても幸せだったと思う。
yukiko

yukikoの感想・評価

3.0
エディとアリシアの演技が本当に素晴らしい。映画では綺麗なお話にまとまっているけど、リリーとゲルダの現実はもっと複雑だったんだろうな。
みちる

みちるの感想・評価

4.4
ずっと見たかった映画
内に秘めていたリリーの存在に気づいて、染まるようにリリーになっていく光景がすごく綺麗で繊細だった
受け入れ難い事実を受け止められるようになるまでがリアルで興味深かった。
すてふ

すてふの感想・評価

3.6
女装して急に目覚めたのかと思ったけど、もっと深いところで本当の自分を抑圧し、二重人格に近いような偽りの自分を作っていた、と考えるととても切ない。

ときに自分勝手に見えてしまうリリー、でも仕方ないよねえ。。妻ゲルダの視点も切ない。愛した人が変わっていくなんて。
アイナーもリリーも愛した、ゲルダの愛の深さに感動した。

これほどの愛に私は値しない
せばす

せばすの感想・評価

3.9
「今見る夢はすべてリリーが見る夢。」
その一言が忘れられないです。身も心も完全にリリーとなった時、そしてアイナールが完全に消えた時。そして何より、リリーを引き出し最後まで愛したゲルダ。
エディの役作りも演技もすごい。完全に女。
ひーす

ひーすの感想・評価

3.0
2人の演技力には脱帽するけれど、お話が美化されすぎていて……
今の時代に生まれてたらもっと幸せだったのは言うまでもないけど、
渋谷から終電ダッシュしながら、迎えたラストたるや。新小岩らへんで泣いてました
>|