リリーのすべて(2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:120分
    監督
    トム・フーパー
    脚本
    ルシンダ・コクソン
    キャスト
    エディ・レッドメイン
    アリシア・ヴィキャンデル
    アンバー・ハード
    マティアス・スーナールツ
    エイドリアン・シラー
    ベン・ウィショー
    セバスチャン・コッホ
    エメラルド・フェンネル
    あらすじ
    1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

    「リリーのすべて」に投稿された感想・レビュー

    ちーちゃん
    ちーちゃんの感想・レビュー
    1時間
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    話にはきいたことあっても、トランスジェンダーの過程をみるのは、触れたことなかった世界だという点で、衝撃だった。

    性別に関係なく
    夫婦である2人はそれ以上の次元で
    家族であり支え合うことができるのかも

    不思議とリリーを2人で認めてから
    ゲルダがどこか男らしくなった気がする
    気丈に振舞うしかないのは本当に健気でつらかった

    本人にとってアイナーとリリーは別だけど
    ゲルダにとってはどちらも愛するひとで1人でしかないんだ

    愛するひとなのに悲しませてしまってリリーはつらそうだった

    女らしさって何なんだろうと考えさせられた
    見た目だけではないだろう
    本物の女になりたいってどうゆうこと

    エディレッドメインの演技がすごかった
    瞬き1つからも女らしさを感じる

    ゲルダがアイナーもリリーも失ってしまって最後はまた辛くなった

    最後の 飛ばせてあげて、という一言が印象的。
    め
    の感想・レビュー
    2時間
    3.5
    事実を否定するつもりや、性別に関する気持ちと考え方を否定するわけじゃない。


    この映画をフィクションとして捉えたとき、女性も勝手だけど男性も大概勝手、それがよく伝わってきた。
    アイナーは男性的にも女性的にも勝手な考え方をする。
    …私は『他人を巻き込み自分の考えしか見ない』そういう考え方が嫌いだし、そうとしか考えられない人は可哀想だとさえ思う。
    男であっても女であっても、前向きに捉えてほしい。
    自分の気持ちは受け入れさせるのに、他人の気持ちは受け入れないってどうなんだろう。他人の気持ちを受け入れることで救われることもあるのに。
    協力してくれる人や支えてくれる人を何でそう簡単に切れるんだろう。
    本当に自分のことしか考えてない様に見えた。
    せめて…ゲルダの気持ちを少しは汲んでほしい、そう思うのは私が女だからなのかな。
    いや、これこそ私の私だけの勝手な考え方。私こそ自分しか見てないのかも。


    …なんて彼や自分の性格を否定したところで、つまりは時代が時代だし彼が彼女が自分の性に倒錯することは理解できる。
    ゲルダの徹底した献身性も時代背景を無視したとしても、かなりすごいことだと思う。

    ストーリーとして、アイナーがリリーへと変わっていく研究していく様は凄く刺激的だった。
    1つ1つの所作が女性以上に艶やか。
    何より戸惑いや楽しさ、嬉しさが目線や背筋から伝わってくる。
    私は自分の性に対して疑問をもったことは無いけど、自分ではない誰かや何かには なってみたいし、出来たら自分だけじゃない色んな考え方や目線を持ちたいし、もしそれを沢山持てたらそれ以上の喜び?快楽?は無いと思う。
    だから、きっとアイナーがリリーに少しづつ近づけた時に感じた気持ちって「物凄く幸せ」だったんだろうな。
    そしてそれを段階的に確かに実感できることは(結果がどうであれ)羨ましい。


    うーん、文書が纏まらない…。
    とりあえず、登場人物の性格的な面ではとんでもなくモヤモヤしたけど、性別的な面ではとってもドキドキしました!
    azu
    azuの感想・レビュー
    13時間
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    みてよかった
    うさっこちゃん
    うさっこちゃんの感想・レビュー
    22時間
    4.2
    直向きな情熱はやがて炎と変わる
    周りを見ようともせずに



    怪演とは まさにこのこと
    引き込まれ、リリーが生まれたと観客が悟るシーンにはただただ吃驚
    映画だからこそ出来る、もう言葉も説明も要らない、見たままの情報から悟らせるなんて…普通じゃ拝めない

    リリーは例え幸せだったのだとしても…
    感情移入をしてしまうのが奥様の方で、あの世界観に引き込まれてしまうため、どうしても苦しくなりますね

    リリー役の俳優さんは、ファンタスティックビーストで知ったのですが、この演技力は恐ろしい!素晴らしい!
    sharkrako
    sharkrakoの感想・レビュー
    22時間
    -
    2人の演技は素晴らしいが、リリーとゲルダという史上まれに見る生き方をした人間を描くには脚本が曖昧すぎる。
    けいと
    けいとの感想・レビュー
    23時間
    3.7
    男とか女とかじゃなく自分、でいいのにね。と思うのは簡単だけど、貫くのは難しい。
    Xiqxiq
    Xiqxiqの感想・レビュー
    1日
    3.6
    おもしろかったけどこれだけいろいろあってラストそれかいって言うところもあり。エディレッドメインには女性役はやっぱ無茶。言いよる男子がステキ😍
    tomomix
    tomomixの感想・レビュー
    1日
    4.2
    すごい映画でした。
    ゲルダの止めどもない愛に、涙が止まりません。
    リリーにとって母のような存在だったんだなぁ。
    今まさしく、自分の性に向き合い闘っている人がいることを理解し、偏見の無い世界になると良いなぁと思いました。
    エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデルが本当に素晴らしかった!
    DARSベイダー
    DARSベイダーの感想・レビュー
    1日
    4.0
    エディの男から女へと変わる演技はもはや演技には見えなかった。
    それを支える妻のゲルダに感情移入してしまいすごく胸が痛かった。考えさせられました。
    あやか
    あやかの感想・レビュー
    1日
    3.8
    だんだん女になっていく夫をいつまでも支えるゲルダが本当にすごいと思った
    ゲルダに感情移入すると何度も辛くなった
    エディの演技力は素晴らしかった
    最後の方はどうみても本物の女性
    >|