リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

Alice

Aliceの感想・評価

5.0
エリーレッドメインが美しすぎた。恥ずかしながらこれで彼を知ったけど、これから彼に釘付けになってしまいました。、
misa

misaの感想・評価

4.3
エディが男であることを忘れるくらい、リリーである時の女性らしい演技がすごかった…。
LGBTに対して否定的な考えは全くないが、もし自分の“夫”となった人がどんどん女性になっていったら、ゲルダのようには受け入れられないと思う。好きになった人がそこにいるのに いないってどんなに辛いだろうかとゲルダ目線で観てしまう。
taigaokada

taigaokadaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前情報で覚えていた事は世界で初めて性転換手術を受けた方の映画だという事。

エディ・レッドメイン演じるアイナーとリリーの表情それぞれにとても引き込まれて言葉ではない感情と別々の人格表現に圧倒されました。

奥さんゲルダのアイナーをたった一度だけリリーに変えてしまった事から始まる様々な事への後悔、それを自分の中で抑えてまで夫に向けられる愛こと優しさはどこまでも切なくて苦しいのに美しいと言い表せるものでした。

当時、性的マイノリティーが異常と当たり前の様に言い放つ医者や世間に傷つき、それでも本当の自分はリリーであり、アイナーではないと言い切るシーンがとても印象的で同時に一番辛いシーンでした。

見るものを引き込む演技とストーリーであり見る価値のある映画でした。
ですが、リリー、アイナー、ゲルダの3人のキャラクターが強すぎて、誰に感情移入もできないまま第三者の客観的視線で見てしまった感があったのも確かです。

最後にこの映画は女性がタバコ?を吸ってるシーンが多く曖昧な記憶ですが、男性で吸ってるのはアイナーだけだったと思います!
そこからタバコを吸ってる時のアイナーは格好は男でも中見は完全にリリーなんだという見方をしてました👀
ふみ

ふみの感想・評価

3.3
哀しいのに綺麗
エディ・レッドメインに釣られて観た
個人的に1番よかった洋画になった
こんなに悲しくてやるせない話をこんなに綺麗に描けるものか
主演の2人もハンス役のプーチンに似すぎてる俳優さんも美しすぎたし風景や衣装も1920年代をばっちり再現してた、本当に文句ないっす
KanaeOtomo

KanaeOtomoの感想・評価

4.3
奥さんの気持ちになるとすごく辛い
Ryuji

Ryujiの感想・評価

3.5
エディ・レッドメインのアソコが目に焼き付いてしまった。
>|