リリーのすべて(2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:120分
    監督
    トム・フーパー
    脚本
    ルシンダ・コクソン
    キャスト
    エディ・レッドメイン
    アリシア・ヴィキャンデル
    アンバー・ハード
    マティアス・スーナールツ
    エイドリアン・シラー
    ベン・ウィショー
    セバスチャン・コッホ
    エメラルド・フェンネル
    あらすじ
    1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

    「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

    エディ・レッドメインの凄まじい演技に引き込まれた。儚くも美しく、強い。リリーの表情一つ一つが素敵で、とても前向きな話に思えた。
    二人の愛の深さに涙が出ます。
    泣けた。ゲルダの愛が深い
    何より誰より、ゲルダという女性が素晴らしいです。強くて美しくて、愛が深い。
    記録

    17/(吹)台湾-日本,飛行機
    奥さんが素敵すぎる。儚い物語
    リリーがリリーであることへの苦悩はもちろんだけど、愛する夫の変化を受け止めていく妻の苦悩も相当なもんよな。話が進むにつれてどんどん妻の美しさが欠落していったように感じたのは気のせいだろか。対照的にエディ・レッドメインによるリリーの魅力がどんどん増していくっていう。

    10クローバーフィールド・レーン見た後ですが、リリィ・シュシュのすべての続編なのかとは思いませんでした。
    >|