リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

ちば

ちばの感想・評価

3.5
リリーは自己中で一切合わせる気がないから奥さんがかわいそうすぎて!

衣装がすてきで和服っぽいファッションが流行ったのもこの映画がきっかけかもと思った!
アイナーの辛さもゲルダの辛さも痛いほど伝わってきた。

愛する人が身も心も別の人になってしまうのはとても辛いだろうなーと思う。

とても美しい映画だった。
ひゅ

ひゅの感想・評価

3.0
ファンタスティック・ビーストでお馴染みのエディ・レッドメインの主演。
一緒に見た連れはボロ泣きで観た後も余韻たっぷりという感じだったが個人的には可もなく不可もなくという感じ…
トランスジェンダーに対して理解はあるつもりだけどそこに感情移入して泣けるかと言うとそうでもなくて、どうしても第三者の目線でしか観れなかったのと、自分はむしろ、それを受け入れ理解し夫という立場を捨て別人となろうとするアイナーの味方であり続けた妻の方に入れ込んでしまったので人によって様々な捉え方が出来る作品だと思います。
momoka

momokaの感想・評価

5.0
以前から泣けるって話題だったリリーのすべてを鑑賞。

色々と考えさせられた。夫のアイナーがリリーという別人格の女性になってしまってもすべてを受け入れて支えられるゲルダの夫に対する愛と心の強さに感動。

エディの演技力がとにかく圧巻でストーリーに引き込まれました。
nananan

nanananの感想・評価

5.0
素晴らしかった。
本当に素敵な俳優さんだなと思いました。


夫婦どちらともの感情が伝わってきて本当に苦しかったけど、それと同時に美しくもあり、、、うまく言葉にできないけれど、いい作品だった。

見終わったあと、胸が苦しくて涙がとまらない。
独り

独りの感想・評価

-
2017.12.14

一般常識から少しでも外れていたら異常と言えば簡単だと思う
現在の社会においても消える事はないが、全ての人がどこかしら常識離れしている部分はもっているはず。
それがなきゃ個性なんて言葉はいらないよなぁ…

とても美しくかっこいい。
女性として 人として
たか

たかの感想・評価

4.0
奥さんが夫に対する強い思いに脱帽です。
強い愛にとても感動しました。

夫婦役の二人の演技が凄かった!
yui

yuiの感想・評価

3.6
『女性』とは『男性』とは…はたまた『性』とか『◯◯らしい』とかっていったいなんなんだろう…と考えさせられる一本でした。

夫婦の愛…そして、何よりも妻の夫に対する愛を感じました。

ここのところ積極的に夫婦愛の映画を選んで観た訳ではないけれど…結果そうなっていて…色々な苦悩と愛の形を学んだ気がする。
兎にも角にも!困難から逃げずにそれを乗り越えていったふたりの凄味は…強くて深い!!
momoka

momokaの感想・評価

4.2
苦しくて思わず画面から目を離したくなる
リリーのことは理解できなくて頭は理解しようとするんだけど心がついていかない
でもリリーの繊細さを表現するかのような美しい世界観が好み。
AiHorie

AiHorieの感想・評価

4.2
最初おもんないなと思ってたけど後半からめっちゃ面白かった。エディレッドメインの徐々に女性へなって行く演技にひきこまれました!配役もとってもよかった〜!
>|