リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

ずっとリリーのそばを離れないゲルダの愛の深さにしびれる。
性同一性の話って本人の葛藤や苦悩に重点置かれるイメージだったけど、この映画は周りの苦闘もしっかり描かれている、というかそっちの方が重点的に描かれていてよかった。
ジェンダーについてはいうまでもなく、
人それぞれの考え方はあるもん
認めようが、認めまいが。
そんなの私にとってはどうでもいい
っていう話ではなかった

美しさと愛の強い映画だった。
けどそれゆえ苦しかった
けど、リリーがむかつくくらい笑顔なんだよね。もし妻だったら私のせいにしてくれた方が楽なのになあ
Yuino1156

Yuino1156の感想・評価

3.5
生きてるのに死の別れを見届ける感じ。ゲルダの深い愛が切なくて男らしく、母らしい。
ハンスがかっこいい
べっち

べっちの感想・評価

4.3
終始泣いた。エディほんとすごい。だんだん女性になっていく姿がほんとに綺麗やった。何よりもゲルダの愛が本当に綺麗。
ナオ

ナオの感想・評価

3.9
リリーは本当に美しいし、ゲルダは女の鑑。


観終わってすぐ、『リリーのすべて プーチン』で検索しちゃった。
まさみ

まさみの感想・評価

4.4
「夫婦」として共に生きた2人の計り知れない愛。私にはこんなに人を愛することなんて出来ない気がする…。

単に、性同一性障害のアイナー(リリー)の物語、とするならもうちょっとありきたりな話だったかもしれない。ありきたりと言うと語弊があるかもしれないけど。
自分が思う性別に体が伴わないことへのもどかしさと戸惑いを感じるアイナーがメインかと思いきや、それよりも焦点を当てられているのは「彼」の「妻」のゲルダ。
愛する「夫」がリリーに奪われてしまう悲しさと、リリーとしての「夫」も受け入れようとするときにぶつかる葛藤や苦しみと闘うゲルダ。アイナーと抱き合ったりしたい、とリリーに訴える彼女の姿が印象的で心がしめつけられた。
実話っていうのがまた胸に響くなぁ。

今調べたらハンスの吹き替え津田ケンじゃん…吹き替えもちょこっと観ればよかった…。

2人の愛の深さに感動し、胸が苦しくなり、あと引く感情にやられてしまった。泣いた〜。エディ・レッドメイン、もう女性にしか見えねぇ。

スコアは、物凄い好み!好き!っていうよりかは、作品としての完成度とか素晴らしさで高評価をつけました。どっから目線だよっていうツッコミはナシで…
体と心の性別が一致せずに苦悩する主人公と、夫の変化に戸惑いながらもそれを受け入れ、支えようとする妻の姿が見ててすごく胸が苦しくなった。こういう愛の形もあるんだなと考えさせられた。
エディ・レッドメインの演技が本当に素晴らしくて、特に自分の中の女性の部分に気づき、女性としての喜びを感じていく表情は鳥肌もの。
nora

noraの感想・評価

5.0
実話を描いた物語。

簡単に " 良かった " なんて言っていいのか考えてしまうけれど、とても誇れる夫婦でした。

並み大抵の愛じゃ乗り越えられなかったと思う。
そして、性を越えて自分を貫いた " 彼女 " は、これからの時代に勇気を与えてくれると思う。


俳優さんの演技力にも感動!
映像も綺麗だし、サウンドも大好きです♡
こば

こばの感想・評価

4.5
ゲルダの愛。
2人の表情が素晴らしすぎる。
手術後のリリーの、ゲルダを見た瞬間の顔とか、たまらん。
kanako

kanakoの感想・評価

4.0
日光と影、奥行きとすぐ後ろに迫る壁が印象的。
>|