リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

トム・フーパー監督の「英国王のスピーチ」には、私はいまいち乗れなかったんだけど、今回は世界観にすんなり入れたし、ぐいぐい引き込まれた。
英国王のコンプレックスよりも、リリーの‘‘本当の自分になりたい、自分らしく生きなければ生きてる意味がない”という思いの方が、共感できたからかも。

そして、主役二人の演技を抜きには語れない。オスカーはアリシア・ヴィキャンデルの受賞だけだったけど、アリシアが授賞式で言ってたように、エディ・レッドメインとの共演がお互いに良い影響を与えたんだろうな。
エディの、本当の自分に目覚めた戸惑いと喜びの混ざった表情とか、覚悟決めた笑顔とか、素晴らしかった!

映像的にもお話的にも、全体的にキレイにまとめたなぁ、という印象。
本物のリリーのことは何も知らないけど、きっと両親やら親戚やら世間の目やら、映画で描かれたよりもっともっと厳しく生き辛かったと思う。
この映画でほぼ夫婦の関係だけに焦点を当てたのは、物足りない部分もある反面、リリーとゲルダの内面の描写をする上では、分かりやすくなっていたのかな。
(日本公開時のレビューです)
mxx

mxxの感想・評価

4.8
エディレッドメインの繊細な演技。
所々で涙が出ました。
ストーリーもメイクも衣装も全て美しかったです。
Mkemsd

Mkemsdの感想・評価

3.9
エディレッドメインの仕草に脱帽。美しかったし、今の時代があるのがリリーのおかげと知ることができた。
まっつ

まっつの感想・評価

4.3
リリーの行動はとても勇気があることだと思います。作中では手術こそが”唯一の希望”だと言っていたリリーも今では多くの同じ境遇にある方たちがその勇気に救われていることでしょう。
373

373の感想・評価

3.9
リリーの自分らしく生きたいという気持ちをあの時代に貫き通すのは本当にすごくて、だけどそれは彼女にとって当然の出来事で、本来の体に戻っただけで。
ただ、アイナーの存在は否定しないで欲しかった、彼も彼女のかけがえのない一部分で必要不可欠だったのに、そんな刹那が彼の絵に現れてたと思う。。。だからリリーになったら絵が描けなかった、やはりそれは今思い出しても悲しい。

そのリリーを支えるゲルダに女の強さを感じました。アーティストでも女でもある、妻でもある、ひとりの人間でもある。どの姿も妥協しないやり通す姿は本当に素晴らしい、憧れます。彼女がいなかったらリリーは飛べなかったよね。
女だけになって女の幸せを掴みたいリリーと、女で画家で妻で、という才色溢れるゲルダがどんどん対照的になっていくのがうまく描かれていた印象。
ハンスもとても素敵でした、間違いなく。

そしてコペンハーゲンのミニマルライフの度肝ぬかれました。
牛乳

牛乳の感想・評価

3.5
「シェイプオブウォーター 」がきっかけで、アレクサンドル・デスプラが作曲した映画を色々観てみたくて。

観てたらエディレッドメイレン出てきてびっくりした。

奥さんが理解ある方で良かった。
リリーがどんどんキレイになっていくんだけど、それと同時に切なかった。
aya

ayaの感想・評価

3.9
エディレッドメインって本当凄い
と思わせた映画
相手の個性を大切にするってこうゆうことなのかと学ばされた
i71113

i71113の感想・評価

3.7
率直に不思議な感覚。
純粋にリリーが美しかった。

"私に形を与えて私を美しくした"
その瞬間から、
どんどんアイナーがいなくなって
リリーの表情や仕草に変わる。
ゲルダの絵画の中の
リリーも本当に美しく生き生きしている。


パートナーを受け入れ
最後まで支え続けた
ゲルダの献身的な姿に尊敬する。
そしてこの時代の
ウェーブのクラシカルな髪型や
アール・ヌーヴォー調の装飾にも
うっとりする。すごくタイプ。


ただ美しいものに惹かれて
心に正直に生きようとするだけなのに、世間は冷たい。
シンプルなことなのに
枠にはまらないものは弾かれる。
リスキーだとしても
これが彼女らしい生き方なのよね

エディレッドメイン見たさだったけど、考えさせられる良作でした。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.5
百合の花は女性器の象徴ともされ
百合と言葉自体は女性同士の愛情を意味する
『リリー』
この名前の奥深さに感嘆する

現代ではトランスジェンダーは手術や整形で女性になれる
同性愛の最大の難関は差別や病気もあるだろうが解決が唯一されていない一番の問題は子孫繁栄だろう
いつの日かこれが解決されれば人類は更に先に進めるであろうしそう願う。



エディなレッドのメインが映ってビックリ
ベンウィショーも出てるし
段々綺麗になっていったり男と女を行ったり来たりでドキドキ

ピグマリオン的な奥さんの歪なのか究極の愛の形かでも相手を尊重する自己犠牲にも近い決意は素敵だな

潜在的なものが目覚める瞬間というのはどんな事でも輝いているよね
と思ったら箱を開け直しただけなのよね

この映画白を基調とした画が結構出てきて絵画レベルに美しいんだよね
moviEEE

moviEEEの感想・評価

3.0
ダンナ側はそう綺麗に思えんかったけど。心と体が一致しない人って「外装」にこだわるよね?まエクス・マキナのアリシア・ヴィキャンデル目的だったけど。
>|