リリーのすべての作品情報・感想・評価・動画配信

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

アイナーに会いたい
元々いた、姿を与えただけ
その深い愛に値しない
ハンスゲスいと思ってたけどええやつやんけ
駅でお別れ
りさ

りさの感想・評価

3.3
リリーが不思議なほど可憐で、エディの演技はすごかった。

ただ、話が進むにつれてゲルダが可哀想でならず、美談としては飲み込めなかった。
ゲルダの献身的な愛と理解がなかったら物語は成り立たないけど、それは同時にゲルダの『夫』への思いを犠牲にしなきゃいけないのがつらすぎる。自分の違和感に気づいてしまい、もう以前の自分に戻ることは難しいリリーの状態も分かるが、もう少しパートナーとして共に過ごしたゲルダへの思いやりの気持ちは持てなかったのかな。
みかん

みかんの感想・評価

4.0
前提知識なしで見たけど、実話だったんだ。
難しい役を演じたエディ・レッドメインすごすぎる。
変わっていく姿が丁寧に描かれててよかった。
それを見守る奥さんは複雑だったろうな。
でもそれ以上の愛で結ばれてたんだろうな。
Haku

Hakuの感想・評価

4.0
「アイナー」として「リリー」として生きる苦悩はもちろんのこと、それを支えている奥さんの苦悩も痛いくらい伝わってきて辛くなった。
どんどん女性へとかわっていくエディの演技力が圧巻。
水煮缶

水煮缶の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ゲルダにどうしても感情移入してしまう
自分の愛する男性が徐々に女性になっていく、そんな姿をそばで支え続けた強くて美しいゲルダを尊敬せざるを得ない。
性転換手術が浸透してない時代に、危険を犯してでも自分としての正しい姿を求めたリリーもまた美しい。
神の与えてくれた性の姿で飛べたのはよかったのかな、、、
エディ・レッドメインて本当に演技が上手い!

ゲルダに関して、今まで自分に向いてた愛情が他に移ってしまうかもしれないのに、最後までアイナーのことを思って尽くすなんてすごすぎる。相手を責めないで支えつつ、自分の中で折り合いをつけるのって相当なことだろうと思う。しかも、この時代で。
アイナーに会いたいって言うシーンが特に印象的。主人公はアイナー/リリーだし、世界初の性適合手術を受けたのもそうなんだけど、心情描写の大部分はゲルダにフォーカスされていたように思う。

今でこそ性的指向・性自認の諸問題って理解されつつあるみたいな状況だけど、『イミテーション・ゲーム』然り、当時のヨーロッパとかって本当に厳しかったんだね。冒頭で、僕は無神論者だって台詞があったけど、そもそもキリスト教との相容れなさがあって、宗教への意識が強い文化圏であるほど、デリケートな問題なんだろうな。
と

との感想・評価

4.1
奥さんのひたむきな愛情と、百貨店で楽しそうにバイトしている姿が印象的。
imo

imoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

エディ美しすぎるな…
自分がゲルダだったら絶対に同じことできないし強い女すぎて尊敬…
だんだん夫が別人になっていくのが耐えられないしアイナーは死んだとか言われちゃったらもう辛すぎる…
刺身

刺身の感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

エディレッドメインの演る女性性が見たくてきっとリリーの葛藤や辛さが見所なんだろうと思って鑑賞したけれど、圧倒的にゲルダに感情移入してしまった。

もちろんエディの演技力は素晴らしかったのだけど。
愛しているという割にゲルダのことを尊重しなくなっていくアイナーと
切欠を与えてしまった思わざるをえないゲルダ

そんな簡単な話ではないけれど愛した人が、他の人と親しくしたり自分を優先させていく様がそしてそれでも愛を捨てられない様があまりにしんどかった。

二人とも感情を読み取りにくい複雑な表情が上手なのね。
アリシア・ヴィキャンデルの良さを知った作品。
toraco

toracoの感想・評価

3.6
リリーの心情を本当の意味で共感することは出来ないけど、苦悩はすごく伝わってきた。
そしてゲルダ。途中でリリーよりゲルダの心が折れてしまうんじゃないかと心配になった。とても強くてとても深い愛だった。
>|

あなたにおすすめの記事