リリーのすべての作品情報・感想・評価・動画配信

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

ナツミ

ナツミの感想・評価

4.3
これも、「博士と彼女のセオリー」と同じように、綺麗な愛の形だった。

でも両作品とも私は泣けなかった。
それ以上に、綺麗な愛に、心も綺麗になれた気がしたからかな。

エディの演技が本当にすごい。
あと奥さん、めちゃくちゃ美人(実話の方でも)。
エディが、女性よりも女性らしく、
本当に美しい。
カタチや人からどう見られるかじゃない、2人の深い深い愛に涙腺やられました。
いい映画だなぁ、としみじみ思える作品。
ねこ

ねこの感想・評価

3.8
己の肉体を切り落とし、穿ち、命を賭けてまで欲しいものなど、自分にはない
だから、リリーの苦悩を理解することは到底出来ない
それでも必死に想像してみる
リリーの立場ならどうする?
答えはない
そこに辿り着く道筋さえ、よく見えない
そして、リリーの決断に畏れを抱く

あの妻でなければ、アイナーはもっと早くに壊れていたかもしれない

アイナーとリリー
ゲルダは愛する人を二度失った
加速していくリリーを最期まで支え続けた彼女だって、誰かに寄りかかりたかっただろうに

美しい景色の中で、自由になったリリーが羽ばたいていった
ゲルダは、ちょっと悪戯っぽく微笑んだ
喪失と解放
好きな人が目の前にいるのに違う形で好きだった人になるのが辛かった

だからゲルダはすごい
Sarame

Sarameの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ゲルダのことは、アイナーとして愛せていたのだろうか。2人の愛は友情ではなく、恋愛感情だったという事実がないとゲルダの救いがなさすぎる。
アイナーは、自分の中のリリーに気づき本当に苦悩したと思うけど、愛したままその現実を受け入れようと努力し支えになったゲルダの苦悩も相当なものだと思った。
命をかけても女性でありたいと願ったリリー、どんどん美しく女性らしくなっていく姿に引き込まれた。
エディ・レッドメインが美しくて女性にしか見えないような仕草だったり微妙な表情や唇の動きの演技が素晴らしいのは勿論なんだけど、アリシアヴィキャンデルの演技がそれの上をいく素晴らしさで、キャラクターの複雑な心の内側をセリフではなく表情や仕草で演じていてストーリーも興味深かったけどこの映画は2人の演技の掛け合いがほんとに素晴らしかったです
ただハンス役の人はもっと適役がいたんじゃないかなって感じちゃいました。そこだけです
涙がいっぱいこぼれました。リリーを演じきるエディーが凄すぎる。めっちゃ綺麗だった。
RinaArai

RinaAraiの感想・評価

4.3
リリーとアイナーに、ゲルダのような支えてくれる人がいてくれて良かった、、
Kyoka

Kyokaの感想・評価

3.6
画がすごく綺麗で、中世の絵画みたい、
真珠の耳飾りの少女みたいだった💙
全体的に静かで
内省的で
感情の起伏が少ないからこそ、心情が深く刺さってくる
描かれ方がすごく好き
の

のの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

2人の気持ちと葛藤を考えると見ていてとても辛かった。
リリーが幸せになって夢を叶えている所を見てみたかったし、だけど自分に嘘をついたまま生涯を終えなかっただけ良かった気がした。
最大の愛だった。
>|