LOVE SONGの作品情報・感想・評価

LOVE SONG1984年製作の映画)

LOVE SONG

製作国:

上映時間:9分

3.1

監督

脚本

出演者

「LOVE SONG」に投稿された感想・評価

フランス映画っぽいのか。
ジャームッシュっぽいのか。
優しいどなたか教えて下さい。

LOVESONGってタイトルがいいすな。
死ぬほど朝に弱い人間なので頭おかしくなりそうでした。はい。
ayumi

ayumiの感想・評価

-
園子温処女作

ロウソク、廃墟、煙草、ガラス、歯磨き、ファムファタール

鳴り止まぬ目覚ましのベルが不愉快極まりなく、まんまと一本取られた感
Mitsunoir

Mitsunoirの感想・評価

3.5
目覚ましが生み出す持続感、いつ停めるのだろう、それが視線を逸らさせない。やっぱり演出がうまいんだなと思う。
シュウ

シュウの感想・評価

3.2
園子温監督処女作。

朝、目覚ましのアラームとBGMが鳴り響く。
廃墟のような場所、男は起きない。
ようやく起きた男は愛に向かって走り出す。

抽象的だが共感は出来、なかなか面白い。
面白い面白くないというよりは「好き」な作品。
Ayanooo

Ayanoooの感想・評価

5.0
このあと作られる監督自身の作品に多くの影響が観られる、全ての原点。

(超個人的に開催しております園子温イッキ見祭が佳境を迎えたので、いくつか再レビューしていきます)
桜井

桜井の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

蛇口をひねっても水でない
ガラスの破片で歯を磨いても血がでない
目覚まし時計は鳴りやまない

よくわからんかったけど
一個だけ言えるのは、
目覚まし時計の音ってほんまにうるさい。
朝、始まりのアラームが鳴り続ける。煙草、歯磨き、そして……。
完全なバージョンで観ることができていない映画ではあるけれど、あまり面白くはない。
この作品を好きな人がいるのは頷ける作品。目を覚まさせる役割の目覚まし時計が鳴り止まない。窓ガラスを割り、ガラスの破片で歯を磨く……。「映画とは詩であって欲しい」というホドロコフスキーの言葉が似合う the“詩”映画。