ANTIPORNO アンチポルノの作品情報・感想・評価

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・評価

ゆっこ

ゆっこの感想・評価

3.0
園子温監督、詰め込んだな~お腹いっぱいですわ~って見終わった後になりました。

賛否両論とか園子温監督には求めちゃいけない気がする。ただなんかクセになるんだよな~って改めて思わされた作品だったなぁ。絶対に記憶に残されるんだよなぁ。

冨手麻妙さんがかわいいし、あんな振り幅ができる演技は、これからも期待して見ていきたいなと思った所存です。
yu

yuの感想・評価

3.0
どれが現実で虚構で妄想なのかわからず理解しようとしても空気を掴もうとしてるような作品。園子温にキューブリックと蜷川実花を薄めてしまった何かを足したような感じ。主役の子の下手な演技の演技が上手い。フルヌードは純粋に良い体だけどそれ以外の濡れ場ぽいシーンは全然だった。というか余程の変態か性癖に突き刺さる人じゃないと性的興奮はないよなみたいな。タイトルの"アンチポルノ"がまさに全て、と言うしかない感じ。ラストシーンでぐちゃぐちゃにするのは良かった。
調べてもあまり出てこなかったけれど、福田愛美さん可愛い!
らっこ

らっこの感想・評価

2.0
園子温好きじゃないなあと再認識させられる
無秩序で、言いたいことを叫び散らして、これが芸術だって押し付けてるかんじ

レズシーンとかもっとエッチなのを期待してた
冨手麻妙が可愛い
208.
理解しがたいというか理解のしようがないかなと。

これが芸術なんですか?へー。

いいたいことはそれですか?へー。

全くハマらなかった。
園子温さんのこの手のやつはもう飽きた(笑)


主役の子は頑張った。
かわいいと思うので他の作品で頑張って欲しい(笑)
日活ロマンポルノの記念企画で、よくこんなポルノ死ねみたいな話にできたなぁと思う。
でも序盤は死ぬほどつまらないのでアンチ園子温になりかける。



親が子供に必死にポルノやそういう世界に触れさせないようにしても、コンビニの雑誌コーナーがどうしても目に入ってしまうように、いくら隠されてネガティブなイメージを植え付けられても、人は幼少期にポルノを知って探究心を刺激される。

性への興味は思春期に特に膨らむ。

気付いた時には、
ポルノは日常から逃れたい思春期の女の子の脱出手段の一つとして、甘美な罠として、すぐそばに用意されている。

映画に出てきた、瓶の中で大きくなり出られなくなってしまった蜥蜴は、
蜥蜴は女の子の性への興味で、ポルノは瓶の暗喩。

多くの人にとって性の消費は日常の非日常だと思う。
でもポルノ女優は日常と非日常が反転してしまい、その瓶の中で大きくなってしまったら抜け出すこともできない。

だからアンチポルノ。
反転した日常の息苦しさに苦しむ女の映画だった。
ナギサ

ナギサの感想・評価

3.5
言葉選びが秀逸だよね、ものすっごい好き嫌い別れると思う。同じセリフでも典子と京子では意味、説得力、背景も変わってくる。やっぱり好きだな、園子温。
Burnie074

Burnie074の感想・評価

3.5
イタリア映画を意識しているのかな?ストーリー追いながら見ると訳分からなくなるけど、ひとつの芸術作として見てみると面白かった。只々、映像は美しかった。
Aya

Ayaの感想・評価

1.0
は?ストーリーは悪趣味だし意味不明だし分かりたくもないと思うくらい無駄な時間だった
過激な映像に見せかけて全然過激じゃない
細部が雑なのはあえてなんだろうけど、とにかくストーリーが追いついていない
もっと中身を分かりやすくしないと監督の独りよがり映画
MISAKI

MISAKIの感想・評価

2.0
どれが現実でどれが幻覚かわからなくなる。
てかワケわかんない。
フィクションと現実の境目を園子温自身がわからなくなってるのではないかと心配した
かなり好きなタイプの園子温映画でした
>|