ANTIPORNO アンチポルノの作品情報・感想・評価

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・評価

ちょっとユニークでアーティスティックで不明な部分多めでした

でも女の人がもっと強く生きてもいいんでないか、と思わされました
個人の背景。は人それぞれなのだけど。ポルノと呼ばれる表現?に行き着いた女。そこに自由がある??謳歌できる?売女という価値観。迷宮入りしていくけど必死なのは伝わるわけで。同時に男目線で観てる自分もいるのです。アンチを突きつけていてもそれを欲していることに変わりはない。提示の仕方が好みでした。
ありえなく汚くて下品で美しい。
主人公の混乱に合わせ映画が、世界がぐちゃぐちゃに狂い、崩壊していく。京華はこの世界に生きる女達そのものだ
他の作品群に比べて製作費めっちゃかかってる気がする、どこでお金削ったんだろう
ぬう

ぬうの感想・評価

2.0
園子温による女優冨手麻妙育成映画。
一つの作品の中で色々と奇抜な演技をさせられて大変だなぁ。
アンチポルノを略すとアンポだから安保の描写なのか?それとも特に意味はないのかな?
いまいちピンとこない内容だったけど、最後の方のめちゃくちゃやるシーンは台詞含めて良かったです。
tetsu22

tetsu22の感想・評価

3.3
前衛的な芝居を観ているよう。演技の迫力はすごい。意味を追おうとすると混乱するけど、自由についてのくだりはわかる気がする。筒井真理子という役者さんを始めて見たけど、すごい。
naggypops

naggypopsの感想・評価

5.0
なんだこれ最高かよ
園子温の女性への敬意がビンビンに伝わってきます
入口はあっても出口はないのさってね
えりみ

えりみの感想・評価

3.0
WOWOWは全てR15+仕様に編集。
5作まとめてアップ(1本は既にUP済)。
「日活ロマンポルノ リブートプロジェクト」
5人の監督が同じ製作条件で撮りおろし。
製作条件とは、
・総尺80分前後
・10分に1回の濡れ場
・製作費は全作品一律
・撮影期間は1週間
・完全オリジナル作品
・ロマンポルノ初監督

園子温作品。条件はクリアしても絶対にヌカせてやらない!という天邪鬼な匂いがプンプン。売女?話の出口はドコ??悪趣味というかなんちゅうか。アナキーはかっこういいですかそうですか。
企画の顔としてプロデューサーが頼み込んで参加してもらった感。
サイケデリックな美術と照明はアートを感じなくもないけどそこに製作費使わんでもええのんちゃうんか。
クリエイターと呼ばれる人は見た目も行動もフツーじゃだめなのね。ちんどんやさんみたいな人たちがワラワラでてきてペニバンつけてウロウロ。

筒井真理子が目当てやったのできれいな裸が拝めただけで満足(でも尺が短すぎておかずにならないようぅ)。
逆に冨手麻妙が不憫にみえる。園子温についていけば女優として成功出来る!と信じ切っているようにみえて。神楽坂恵はうまいこと嫁に収まってるけどねぇ。脱いで価値が上がったり下がったりするわけやないと思いたいけどなんだか、ねぇ。。。ファンの人はどう思うんやろか。
ここ最近では園子温感の炸裂ぶりが凄まじい。絶対賛否両論分かれるけど俺は好き。
n0701

n0701の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

常識の脱構築だ。

物語の中に物語があり、その物語の中でも物語を作る女を描く。

まるで自分の人生が舞台やドラマ、映画監督に操作されているかのような、起きても起きても夢を見続けているかのような感覚。

「女流」という名に秘められた女性蔑視。
「売女になる」という自由が認められない嘘だらけの表現の自由。
「自由に傅いて、自由の奴隷になって、自由に振り回されて、自由になったふりをしなくてはならない。」

女と映画という同じ枠に囚われた者同士をあくまで客観視しようとする度に自由は物語化される。

物語化された自由は、本来の意味における自由を損なわれ、両親のセックスのように秘匿され、脚色され、耽美なものに埋没し、失われていく。

この映画はポルノを描いたのではなく、失われた自由を嘆いた映画監督の喘ぎにほかならない。わざわざポルノなのにアンチポルノとしたことには、そうした監督の喘ぎがひしひしと伝わってくる。

悪くないと思うが、たぶん、誰もついてこない。
ゆりあ

ゆりあの感想・評価

2.0
私はこの監督の作品を初めて見たので、わかるようでわからなかったし、わからないようでやっぱりわからなかった。
まぁこういう映画もあるんだろう。
>|