ANTIPORNO アンチポルノの作品情報・感想・評価

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・評価

す

すの感想・評価

3.0
頭悪いから理解できなかったけれど、おっぱいいっぱい観れたし満足です キョウコの演技がやべえよ
クセが強い映画。

アーティスト兼小説家のキョウコが忙しいスケジュールのさなか、夢と現実の区別が着かなくなる話。

この映画は日活ロマンポルノリブートプロジェクトのひとつとして作られた園子温監督のポルノ作品ではあるのだが、実は内容はいいとしてストーリー展開がスリリング過ぎて面白いを通り越して頭が落ち着かない映画でした。

それでも、冨手麻紗さんや筒井真理子さんの演技には誰しもが衝撃の2文字に尽きるものでして、特に冒頭20分にかけて二人の女優としての怪演がヤバく、非情に筒井真理子をいじめる冨手と服従してヌードまでする筒井真理子の演技にはあまり見たくなかったけど、なかなか見応えはありました。

けど、ストーリーの説明が難しくて相手にどう表現したらいいかさっぱりわからん。シーン随所に組み込まれたキョウコの両親のセックスシーン、過去か現在か区別出来ない高校生のキョウコのシーン、そして小説家か高校生か女優か右往左往に転がる展開と今年観た映画のなかでは一番の問題作でした。

ラストシーンのセリフ「出口はどこ?」ってまさかオチはどこ?と捉えるしか言いようがないね。
まぁ

まぁの感想・評価

1.5
何を伝えたいのか…さっぱり分からず…(笑)
映画が持つ「熱量」と「力(パワー)」と「勢い」だけは感じて、鑑賞…☆

…「バイタ」って何?…と…言葉の意味を調べた…(笑)…意味を知って…少し…納得…(笑)
何となく…映画も…理解…?…(笑)

色遣いは、明るくポップ…☆
音楽も好き…♪
…でも…う〜ん…(^^;;
それだけ…(笑)
分からない…(笑)

以上…☆

…日活「ロマンポルノリブートプロジェクト」…この作品で4作目…(笑)
残すは1作…(笑)
「ホワイトリリー」が断トツトップ…☆
…「風に濡れた女」「ジムノペディに乱れる」…と…続き…本作…(^^;;
5作目…楽しみ〜(o^^o)

(子どもの頃…「日活」といえば「ポルノ」だった…笑…観せて貰った事、ありません…笑。…観れる歳でも…なかったしね…笑。でも…街にはポルノ映画専用の劇場があって…「何だろう」…とは思っていた…笑…雰囲気や看板…親と一緒だと…足早に…笑…懐かしい思い出…☆)
そのしおんの映画やー。
うん凡人のおれには理解できん。

いらんこーゆう
ワク

ワクの感想・評価

2.7
置いてかれた。園子温、時間経つの本当に早い。
Erina

Erinaの感想・評価

1.5
東京ヴァンパイアホテルでも思ったけどさ、冨手麻妙やばい...
演技派?なのか....?!トリハダ立つ系。

園子温の世界観がよくわからない方向に行ってしまった。
ポルノではなくアートなんだろうけど
置いてきぼりをくらったぜ。

狂気しかない。
アートとキチガイは紙一重なのかもね。
mew

mewの感想・評価

3.0
なんだこれはwww
終始口開けて観てたわ…

よくもまぁカオスな空間を見せられたものだ…いろんな意味で期待を裏切るのが園子温

また観たいかと聞かれれば
観たくはないwww
GGYamsaki

GGYamsakiの感想・評価

3.0
日活ロマンポルノと園子温という組み合わせ。結構前から楽しみにしてましたが、ポルノというより芸術映画でしたね。いまいちタイトルの意味もよく解釈出来ないまま観終わってしまいました。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

2.5
久しぶりに園子温の映画観たけど、これはだいぶクセが強いぞ!感覚的すぎてもはやついていけない笑

これは私の人生じゃない

このレビューはネタバレを含みます

親と見たら死ぬ

日活ロマンポルノの生誕何十周年かの企画
ワイセツって何ですか?ってコピーも好き

今回の撮影はルールがあったようで
10分に一回の濡れ場、1週間での撮影など
1週間てすげーな


内容はクソ面白かった
恋の罪や紀子の食卓好きな人は好きな気がする
恋の罪だったら、愛がなけりゃ金を取らなきゃとか、言葉なんか覚えるんじゃなかったとかキャッチーなセリフがあったけど、

アンチポルノは特にそういったセリフ溢れてた、おもしろかった

特に好きなのが、家族でご飯を食べながら性について語るシーン
普通に面白かったし、素直にこいつらなにしてんねんと笑えた

元アイドルの子が、私は処女なのに売女だと言うのは重みがあった
処女なのかは知らんけど

園子温終わったなって毎回言われてる気がする、ただこの映画は嫌いな人はめちゃ嫌いそう
ロマンポルノだから、よしエロか?と期待するとえらいことになる
>|