アルティメット・アベンジャーズの作品情報・感想・評価

「アルティメット・アベンジャーズ」に投稿された感想・評価

あおい

あおいの感想・評価

3.7
ヒーローが集う。世界はそれを待っていた…

「アベンジャーズ」のアニメ版!なんだかんだでヒーロー集結が1番おもろい。今まで観てきたマーベルアニメの中でも良作。

◎ストーリー
シールドが秘密裏に行うスーパーソルジャー計画。その第一号とされる男・スティーヴが氷漬けになって発見される。彼の研究を行うブルース・バナー博士。また、シールドに武器を提供する資産家・スターク。そんな中、シールドが謎の襲撃者によって襲われる。この時交わることなかった正義が、1つの悪を前に立ち上がろうとしていた。

アベンジャーズはアニメで見てもおもろい!「キャプテンアメリカ」のお話とアベンジャーズがミックスされたようなお話でした。

登場ヒーローは、
アイアンマン
キャプテンアメリカ
ブラック・ウィドウ
ハルク
ソー
ジャイアントマン
ワスプ
そして束ねるニック・フューリー

現実を受け入れられないスティーヴ、アイアンマンの正体は?、共闘するヒーロー、暴れるハルクとてんこ盛りやけど、うまくまとまっている。ジャイアントマン、ワスプが普通にアベンジャーズ加入してるのが、実写と違って良かった( ^ω^ )

敵はクソ弱いけど、アニメのアベンジャーズというだけで見る価値がある。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
スーパー諜報機関の長官ニック・フューリーは、世界各地に同時多発的に発生した超人たちを集め、究極の(アルティメッツ)スーパー・ヒーロー・チーム「アベンジャーズ」を組織しようとする。メンバーは、雷を操るソー、妖艶な女スパイ ・ブラック・ウィドー、パワード・スーツを着たアイアンマン、巨人ジャイアントマンと身体を縮小できる美女ワスプのコンビ、数十年の仮死状態から蘇った伝説の超人兵士キャプテン・アメリカ!彼らが対決するのは、第二次世界大戦のころから、人間に化けて潜入している残虐なエイリアン・チタウリだ。しかしアベンジャーズに、緑の巨人ハルクに変身してしまうバナー博士が加わったことで、チームにあらたな危機が!
マーク・ミラー原作のアルティメッツをベースにしたアニメだけに、氷づけから復活したキャプテン・アメリカの戸惑いや悲しみ、ブルースバナーがキャプテン・アメリカの超人血清をハルクをコントロールするために利用する目的の装置を作るのに努力していたり、ジャイアントマンとワスプが不仲だったり、ソーが反捕鯨運動に参加していたり、スーパーヒーローの人間的な部分を強調したストーリー展開と、スーパーヒーローチーム・アベンジャーズとチタウリのスペクタクルなアクション、バラバラだったスーパーヒーローが徐々に一つに団結する熱いドラマが組み合わさって、実写版アベンジャーズと引けを取らないアメコミファン必見のアニメ映画です。