インクレディブル・ハルクの作品情報・感想・評価

「インクレディブル・ハルク」に投稿された感想・評価

Yuka

Yukaの感想・評価

3.6
全体内容の濃さが少し薄かったり、凄まじい強さの割には闘いシーンが呆気なかったり、という点は気になったけれど、マーベルファンとしての高揚感で最後まで楽しめました⭐️

ハルクに変化する前の過程がもう少しあった方がもっと感情移入できたかもしれない。
ayano

ayanoの感想・評価

3.2
MCU作品を順番に鑑賞中

戦いたくないのにハルクになっちゃう悲壮感。
観てて本当に可哀想になっちゃうけど、ハルクスマッシュて突然変な技出された時はズコーーーってなりました。

途中からハルクがサンドウィッチマンの富澤さんに見えてきて、
有吉さんが富澤さんに付けた「哀しきモンスター」てあだ名がバッチリとハマりました。
smee

smeeの感想・評価

3.8
エドワードノートン、なぜオファーを受けたんだろう。そのおかげで映画自体は締まった感あるけど。アベンジャーズではハルク一番強い気がするな。
せーな

せーなの感想・評価

3.4
突っ込みどころ満載ではあったけど、やっぱりマーベルブランドの映画だけあって全体的に面白い。リオやマンハッタン、ブリティッシュコロンビアの景色が綺麗で良かった。
マーベルシーリズ2作目。
ハルクになった経緯が途切れ途切れで気になるところ。
後半はなんとなくB級映画のように感じてしまうシーンがあって、突っ込みながら観てしまいました…。
passion

passionの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アイアンマンの後に観ると劣る。
主人公がどういう経緯でこの怪獣になってしまったのかもう少し焦点あてるシーンが欲しかった。あまり理解できてないかも。
でも、楽しめはした。
あのミスターブルーはなんだったんだ感。頭がグツグツしてたけど、あの人は最終的に死んだ?

突然のハルクスマッシュ!!
そんな技あったのかよ、と笑った。

このレビューはネタバレを含みます

大味な映画、アメコミ王道映画
なんか物足りなかったラストのせいで、
最後のアイアンマンに全部持ってかれた(笑)
エドワード・ノートンが出演している他の映画と比べると、なぜに彼を起用したのか疑問に思うほど、彼の良さを引き出していない作品。
悪くはないけど、ストーリーにひねりがないから面白いとは言えない
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
キャスト一新とはいえ前作と話が繋がっていて、誕生ストーリーは割愛されているので前作未見だとやや話が見えにくいですね。

映画としては堅実な作り。悩める主人公がハルクと決別するが、敵の出現によりハルクとなって再び戦うことを決意する。よく出来てるなとは思いつつ、これはあらゆるアメコミヒーロー物の典型的な話型ですね。非常に安心感のある筋運びと言えます。

俳優もいいですね。なんといってもリヴ・タイラーがよい! 久々に見ましたけどいい感じで年を重ねてるじゃないですか。敵役のティム・ロスもかっこ良い。優男のエドワード・ノートンもごっつい怪物ハルクとのコントラストがとてもよい感じです(やっぱり「アベンジャーズ」に出て欲しかったなぁ)。
>|