ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]の作品情報・感想・評価・動画配信

ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]2005年製作の映画)

Fantastic Four

上映日:2005年09月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.3

「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」に投稿された感想・評価

とし

としの感想・評価

2.9
よく言えば『X-Men』以上に頭を使わずに観れるアメコミ映画。悪く言えば物足りない。 メインキャラは4人だから『X-Men』ほどキャラクターが多くなくごちゃごちゃしてないからより子供向けと言えるかな。 クリス・エヴァンスがキャップと真逆のチャラ男役なのが新鮮。 それとジェシカ・アルバの可愛さが際立っている。無敵の可愛さ。
1作目は割と面白かった記憶がある。でなければ2作目を見ていない。

めちゃくちゃナマガキなキャプテンアメリカが見れる。坊主似合わねえ〜
ジェシカアルバ全盛期なのでめちゃくちゃ可愛い。
竜平

竜平の感想・評価

3.9
宇宙空間での思わぬ事故により超能力に目覚めてしまう者たちが、やがてチームとなり未曾有の危機に立ち向かっていく様を描く。マーベルコミック原作のヒーローアクション映画。
ってなあらすじにあるようなことが起こっていく序盤から中盤にかけてのワクワク感がまず良き。これは昨今のMCUにもあるやつ、というかヒーロー映画の醍醐味みたいなとこある。それぞれに発現する能力、変化してしまう容姿、ここで出てくる悩みや葛藤というのは同じマーベル作品の『X-MEN』あたりにも似てる、んだけどそっちとの違いとして、シリアスでなく今作はコメディ寄り、なもんでとにかく見やすい。自分の能力に戸惑う様子や、そこにある4人の性格の違いというのがおもしろい。そしてもう一人、ヴィランとなってしまう男ヴィクター、通称「Dr.ドゥーム」の存在。生まれてしまう光と闇、アメコミ作品のここらへんの描き方というのが個人的にはゾクゾクするほど好き。そしてやっぱり楽しいのがそれぞれの能力を活かしたアクションやバトル。全編通してサラッと白熱できて尚且つグッときたりもする、非常に良き娯楽作品だなと。
改めて見て気づくけど岩男「ザ・シング」のあれこれを丁寧に描いてるあたりが今作の面白さに繋がってるんじゃないかなと思う。その姿になってしまうベンという人物の性格というか人間性がまた本当にファインプレーなんだよなと。重すぎず軽すぎずのいい具合の人間ドラマに引き込まれるはず。てかこのメンバーにキャプテン・アメリカ、じゃなかったクリス・エヴァンスがいるってのは今では笑いどころ。もちろん原作者スタン・リーのカメオ出演も見どころ。で、なんやかんやでジェシカ・アルバが全部持っていくという。可愛すぎて、もう。
Ryuichi

Ryuichiの感想・評価

3.5
ヒューマントーチの人キャプテンアメリカもやっててスーパーヒーローすぎんって思いました。
Mikiyeah

Mikiyeahの感想・評価

4.6
ファンタスティックフォーのメンバーはやはりこの4人
なんか新しいの出てたけど途中で止めてしまった
キャプテンヒューマントーチも好きだけど、ゴムゴムのルフィもなかなか使い勝手良い
ゴツゴツはやはり見た目も普段の生活も大変そうでかわいそ
でもやはりジェシカが可愛い
このチャラいクリエヴァがのちにキャプテンアメリカになるなんて誰が予測できただろうか。
雨

雨の感想・評価

3.6
評判ほど悪くないと思う
ジェシカ・アルバ可愛いのとクリス・エヴァンスのキャラ良い
あー懐かしい
クリエヴァがキャプテンとは対照的なチャラバーニング男だったね
Karen

Karenの感想・評価

3.7
小さい頃よく見ててめっちゃ好きだった
X-MENシリーズでは子供向けなやつだと思う
Rudd

Ruddの感想・評価

3.0
テンポが良くて楽しめる映画だと思う。

ストーリー関係無しに、クリス・エヴァンスだけで楽しめた。
>|