虹色デイズの作品情報・感想・評価

虹色デイズ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:109分

あらすじ

ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川大志)、秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、4人の日常に変化があ…

ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川大志)、秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

「虹色デイズ」に投稿された感想・評価

kewpie

kewpieの感想・評価

3.8
男の子って、なんか良いなぁと思える映画でした!クスッと笑ってしまったり、あ〜と思ったり…ピュアな佐野玲於君、可愛かったなぁ♪
M

Mの感想・評価

3.0
まあ、青春映画の実写化って、こんなもんじゃないかな、って感じでした

高校生に戻れない今、全ての言動が眩しすぎて眩しすぎて、、、、
みんながみんな恋愛に夢中になってるところ可愛かったなあ〜〜
ミミ

ミミの感想・評価

3.3
青春!!!
4人のタイプの男子・・・どの子がタイプ
って?
観た後に聞いてみた!
私とは違ってた^ ^
青春って素晴らしい。
恋をするのは女の子だけじゃない、男目線で描かれていて普段より100倍感情移入ができてとても観やすかった。テンポの良いカメラワーク、場面ごとに流れる挿入歌のセンス、やや狙いすぎ感が否めないボケが個人的にかなりツボに入った。男性諸君みんなカッコ良い。女性陣みんな可愛い。吉川愛さん惚れました。この夏にぴったりの青春映画を舞台挨拶中継付きで観られて大満足でした。
期待値が2くらいだったからもうめちゃめちゃいいじゃ〜ん!という気持ちに、フジファブリックは最高ですなあ!!
いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
流行りの劇画風おふざけ演出がないのは好感。ただ、夏樹と杏奈の恋の障害が親友っていうのも何だか。タイトル“虹色”言うくらいだからそっち系かと思ったが、こんな理由なら、まりの伏線をもう一寸描かないとダメなんじゃないの?
よくある漫画原作の恋愛映画、とは違って意外とリアリティがあった。
男子目線、というところがやっぱりほかと違って良かった。

原作の方がなっちゃんが何倍も可愛くてピュアだけど、
静止画ではなっちゃんのビジュアルが不満だったけど、動いてる所は意外とかっこよかったし良かった。
でもなっちゃんは、原作の方が何倍も可愛いし、あんなに下品なうるささはないと思う、

小早川さんの女優さんがめちゃくちゃ可愛かった。
杏奈もゆきりんもピッタリで、女の子はすごく良かった。(強いていえば小早川はもうちょっと静かそうな、化粧の薄い顔がいい)

なっちゃんが熱が出たシーン、映画でも使われてすごく嬉しかった。
恋がしたくなる映画。
虹のイントロかかった瞬間テンション上がった。高校の時学祭で弾いたなぁ、高校生に戻りたくなった。
志村の声が映画館のスピーカーでまた聞けると思わなかった。
ぽん

ぽんの感想・評価

2.7
娘と一緒に観れるものをチョイス。(娘にはちょっと早かったかもだけど)
ちょっと俯瞰して観てしまうシーンもあったけどまあこんなものかな、、。
高杉くんがよい。
中学生ばっかと思いきや、老夫婦が見てはってほっこり
こういう青春したなって言いたいです、はい。笑
憧れとかいう感情はなく、かわいいなって見れるようになりました 成長

こういう長期戦の恋愛良い
高校時代の特権よね 毎日会えるからこそ
まっつんとまりっぺの関係はもうちょっと深掘りしてほしかったね

音楽の使い方が巧みだわ ビーバー流れた瞬間泣いたね
君の名は的な音楽映画やと思う

キャラの渋滞感は否めんけど 笑
>|