ひるなかの流星(2016年製作の映画)

上映日:2017年03月24日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:119分
    監督
    新城毅彦
    脚本
    安達奈緒子
    原作
    やまもり三香
    キャスト
    永野芽郁
    三浦翔平
    白濱亜嵐
    山本舞香
    小野寺晃良
    室井響
    小山莉奈
    大幡しえり
    西田尚美
    佐藤隆太
    あらすじ
    田舎育ちでまだ恋を知らない女子高生・与謝野すずめは、上京初日に迷子になっていたのを助けてくれた担任教師・獅子尾に、今までに経験したことのない想いを募らせていく…「わたし、先生のことが好きです」。すずめの真っ直ぐな気持ちを受け止めながらも、教師という立場から素直になれない獅子尾。そんななか、すずめはクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”なはずの馬村から告白される。果たしてすずめの初恋の行方は…?

    「ひるなかの流星」に投稿された感想・評価

    原作を読んでる分結構ガッカリする部分もあったけど、まとまりはあったと思う
    個人的に好きな土牛が出てこなかったのは、残念。
    もしアニメ化するなら森久保さんがやりそうなキャラw

    ちなみに自分もエキストラとして、サッカー部員の学生で出させてもらったから、思い入れのある作品。
    山本舞香ちゃんが可愛くてチラ見が止まらなかった
    原作既読。
    亜嵐くんはかっこいいけれど、馬村ではないな〜と。
    もっと華奢で頼りなさそうな人が良かったかな。
    原作ファンには物足りなさがあるかも。
    王道の恋愛パターン映画。
    原作ファン。
    上手いこと原作の最後まで映画に詰め込んだな、とは思いましたが、やっぱり無理があって、話が唐突なシーンが目立ちました。
    すずめとゆゆかの友情も、いや、急に仲良くなりすぎやん、、?と思いました。
    きゅんきゅんしたいのであれば見て損は無いかと。
    こっちかーいって感じなのだけど。終わり際のキスシーンはきゅんだよ。

    このレビューはネタバレを含みます

    少女マンガの2番手の立ち回りの人が
    好きだから、
    キュンキュンやったーって
    感じになった。
    両サイドのカッコよさ!半端ねぇー笑
    最後の展開は意外やって、嬉しかった笑
    もちろん良いけど特別良かったところがあまりなくて正直ベタすぎた…。笑
    やっぱり、真ん中走るんじゃなくて片寄るような恋愛の方がいい笑
    >|