ひるなかの流星の作品情報・感想・評価

ひるなかの流星2016年製作の映画)

上映日:2017年03月24日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

田舎育ちでまだ恋を知らない女子高生・与謝野すずめは、上京初日に迷子になっていたのを助けてくれた担任教師・獅子尾に、今までに経験したことのない想いを募らせていく…「わたし、先生のことが好きです」。すずめの真っ直ぐな気持ちを受け止めながらも、教師という立場から素直になれない獅子尾。そんななか、すずめはクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”なはずの馬村から告白される。果たしてすずめの初恋の行方は…?

「ひるなかの流星」に投稿された感想・評価

自分の気持ちをちゃんと伝える それが相手を大切にするってこと。
oshi

oshiの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

先生と同級生なんて迷う必要もないだろと思いながら鑑賞したが、びっくり、先生との恋でこんなクリアで綺麗なやつ見たことない、これなら先生もありだなぁと思い、割と楽しく見れた。ここで馬村くん役が無難に山崎賢人だった場合、どうせ馬村くんを選ぶんだろうなと結末が完全に分かってしまうが、白濱亜嵐という絶妙なキャスティングなおかげで三角関係の物語を素直に楽しむことができた。

ありがとうとごめんねがちゃんと言えることって簡単そうで結構難しいけど、素敵なことだと思った。

一人で見たけどすごい恥ずかしかった、なんか分かんないけど
Ryou

Ryouの感想・評価

3.5
原作がめっちゃ好きだったから
どうなることかと思ったけど
永野芽郁 三浦翔平 山本舞香
この3人が役に合いすぎててなかなか楽しんで見れた
まあ ストーリーはだいぶぎゅっとなってるし
鶴谷と亀吉とか脇のキャラも
もっと絡んできてほしかったけど
さすがにそこまでは描かれないか…
なにげ亀吉原作通りの風貌だったのに

永野芽郁まじでひたすら可愛かった
馬村くんがなぜ白濱亜嵐なのかが永久に謎
それなら無難に山崎賢人で良かった気もする
永野芽郁目当てに。

少女漫画の実写化にしては
永野芽郁の素に近い演技のようで自然だったし、何より最悪な悪役もいなく終始平和感があった。

女の友情もとてもいい。

三浦翔平の先生役はキザでズルくて気持ち悪かったけど、最終的には、振られるからいいバランスでした。笑
nmkd

nmkdの感想・評価

2.9
ラスト衝撃だった。獅子尾先生とくっつくと思ってたけど馬村くんエンドは予想外だった。永野芽郁が透明感というかいい感じな表情をしていて、ベタな恋愛映画感を消し去っていった気がした。映像がとても綺麗だった。
kaname

kanameの感想・評価

3.5
東京の学校に転校してきた田舎育ちの女子高校生が、担任教師と同級生の間で揺れる恋模様を描いた物語。

色々とツッコミ所はあるものの…分かりやすい三角関係を爽やかに仕上げた内容は意外と面白かった。

恋愛と友情、これらの配分も見事で後味も良い…よく出来た映画のような気がするw
ただただ、ただただ、ちゅんちゅんって呼ばれる永野芽郁ちゃんが可愛かった。
吉祥寺!!!!
見慣れた風景がたくさんあって、
最初からテンションあがった!

先生と同級生との三角関係?
この歳でこれ見て、何か感じることあるかなーなんて見る前は思ってしまったけど、
きゅんきゅんした!
そして、とてもほっこりした(^^)

友情にもちょっと涙したし、
馬村の
『お前、俺のこと好きになればいいのに』
っていうセリフやばいねー!
kaho

kahoの感想・評価

5.0
こんなにキュンとくる青春
ずるいし、よすぎた。

イケメンすぎるふたりとも。

ながのめいちゃんもすごい純粋な透明感ある。
Ramachi

Ramachiの感想・評価

3.0
ほっこりするラストだった〜!
思ってたよりよかった〜!
>|