アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」に投稿された感想・評価

Hokkaido

Hokkaidoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

主人公の所々間の抜けたような行動はご愛敬でしょうか。
そこを含め楽しめました。

ラストの意外性、そこから来る"二重の"二重否定的強調表現のような強烈な皮肉がスパイシーです。
何が正常で何が異常か、観点や切り口によって大きく変わるもの。

ハッピーエンドで何よりでした。
Alice

Aliceの感想・評価

4.0
見事に騙された完璧などんでん返し!
原作はエドガー・アラン・ポー

ある精神科病院に医師としてやってきた主人公
この病院では治療も投薬もなく、患者たちは自由に過ごしていた
だがこの病院にはとんでもない秘密があり…という話

ミステリーやスリラー好きな方ならきっと古い時代にあった精神病院ものはいくつも観ているかと思いますが、ほぼろくでもない治療をしてる事が多いです
今作はそれを逆手に取ってさらに深いところを覗かせてくれるような仕上がりとなっています

久しぶりに予想のつかなかったラストを観ましたね
ちょっとシャッターアイランドを思わせるようなところがありました

「聞いた事は信じるな、見た事は半分だけ信じろ」
Ki

Kiの感想・評価

4.0
途中までは中世ヨーロッパっぽい雰囲気とセットのよさでみてたけど、最後の方の展開度肝抜かれたな〜、、、!!前情報なしで観て、謎を解こうとして観なかったから面白く観れた。

終わり方も好きで後味もよい。とにかく世界観・セットが好み✨

見終わってからFilmarksのサムネ(フライヤー)見たけど、キャッチもビジュアルも雰囲気違いすぎる〜、、、もっと雰囲気ある映画!

このレビューはネタバレを含みます

シャッターアイランドを彷彿とさせるが原作もあるので、精神病棟系ではあるあるの展開なのかな。
久しぶりに個人的ヒット。
ダークなハリーポッターのような建物、空気感、いかれた人々しかいない非日常感に、見ているだけで満足感を得られます。
さらには不気味だけどなんだか堂々としててかっこいい院長、おどおどしてて敵か味方かわからない奥さん、古の治療器具。
うーーーん最高。
それなりに長い時間でしたが、終わるのが寂しい、この世界観とさよならしたくない、そんな気持ちで見終えました。
後半の展開切り替えも好きだけど、前半の病棟に慣れるまでの悪戦苦闘ムービーも好きです。
ストーリーも良いけど、とにかく世界観、演出が素敵。時が経ってからまた見直したいなぁ。
yki

ykiの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ひっさびさにB級映画を引いてしまった…。
あと何分で終わるかな、って残り時間何回もチェックしてしまうほど。

どんでん返し系好きとしては、楽しみに見始めたんだけど、本当に最後の10分くらいで急にやってきて思わず「え」って声出して笑っちゃった。ある意味衝撃!
HITO

HITOの感想・評価

3.6
人里離れたところに構えられた、あからさまに怪しい精神病院が抱えている謎は、いったいなんなのか。序盤から誰も彼も、なにもかもが信じられないという不安を抱かせながらじっくりと進んでいく、緊張感がずっと張りつめつづけた物語でした。病院の調度や衣装ひとつひとつも凝り、リアリティを高めているように思いました。

また、主要人物一人一人に物語を持たせ、それらが通り一遍の善悪だけで切り分けられないものを含むがために、複雑な余韻を後に残していきました。罰が必要な罪を成しはしたけれども、その根幹にあったものは、あまりにも極限の悲痛にあったものだったので、完全に憎み切れなかったのでした。

終盤の展開も、あらかじめ予感するのは難しくても、きっちり話としてまとまらせる要素となりえていたので、意外性だけを狙ったわけではないと感じられました。
ただ、それを彼女はどこまでわかっているのだろう、せめてしあわせだと信じ切れているといいのにな、と、祈るように感じもしました。
あい

あいの感想・評価

3.5
※後ほど編集※

どんでん返し系映画。
幸せな馬か哀れな男か、みたいなセリフにも象徴されるように、幸せをどの視点から捉えるか、はテーマなのかなと感じた。幸せの価値観は様々で、本人にとって幸せな環境が何かは1つではない、また決められない難しさを感じた。

医師なのに、随分無茶で過激なことをするなあとどことなく違和感があったのはそういうことかと。
最後ラム先生って言ってたし、果たしてイライザはどこまで知っているのだろうか…
医師の実習で訪問した病院の様子が怪しくてって話

ラストのどんでん返しが、う〜んって感じだった。伏線らしきものはあったのかな?それすらも気づかなかったので、『ほえ〜そうなん』くらいになっちゃった。
じゅ

じゅの感想・評価

4.1
もうちょっとエグい話かと思ってたけど、原作が原作ですから描きたいところはエグさではなくミステリーのところですよね。

倒叙されてからも、しっかり緊張感が続いてその緊張感が謎と共に解けていく感覚が味わえました。単純に面白いと思えた作品。
>|

あなたにおすすめの記事