ジェーン・エアの作品情報・感想・評価・動画配信

『ジェーン・エア』に投稿された感想・評価

じぇん

じぇんの感想・評価

3.4
すっごくイギリス文学!って感じがする暗くて重い悲哀もの。
一筋縄ではいかないキャラばかりでお前ほんとに好きなんか??と半信半疑になりながらみたけど面白かった。ファスベンダーは優しい顔立ちだけどこういうちょっと狂気じみた役どころも似合うなぁ〜
終わり方が個人的に好きでした
見てから名作リメイクだと知った
予告編見ている限りやと
結婚してしばらくしてからファスベンダーに妻がいることを知ったんか思ったら挙式中に発覚するとかヤバすぎだろ
ある事情により妻を閉じ込めてたけど
あれは一種の座敷牢だな
別れてからも幻覚見えたりしちゃって大変なジェーンエアだった

このレビューはネタバレを含みます

ジェーンエアのお話もすっかり忘れてたので、展開にドキドキしながら最後まで見られてよかった。赦しが泣ける。
主演の二人がとてもいいし、美しい風景を余すことなく伝える映像と当時の衣装、上品な演出に満足。映画館で見たかった。
ミアが彼に夢のようで、と言った後、光射すお庭を歩きまわる場面の美しさ。
なお

なおの感想・評価

4.2
予想以上に良かった〜!
小説は途中までしか読んでないんだけど先に映画を観たからまた読んでみよう。
小説はジェーンの学生時代で止まっているのでその先のストーリーは全然知らなかったんだけど、こんなにおもしろいとは!!

ゆっくりと進んでいくジェーンの生活、新しい人々との出会い、愛を知っていく様子、過去の辛い記憶、ひとを許すこと、いろんな場面に感動した。

静かでおとなしそうに見えて心の底に大きな情熱を秘めているジェーンエアにミアがぴったりだったし、真っ直ぐに生きるジェーンに心を動かされた。

最後の方ではうるっとした。
いい作品だった。
MAKI

MAKIの感想・評価

2.9
マイケルファスベンダー様が好きで知った映画

観ているうちに、だんだん悪魔崇拝とかそういう類の半スリラー映画になったのかと思った

描写があれこれ足りないような気もしたけれど、ジェーンの取り繕うわけではないのにしっかりと感じる心の清らか、強さを見習おうと思った

ファスベンダー様、こういった自暴自棄な役を演じていることが多い気がするけど、もっとシックで知的な役をしているほうが好きだなあ
マイケル・ファスベンダーは好きだけど、彼の演じたロチェスター氏が面倒臭い男で好きになれなかった。

ジェーンも、もっと人口の多い町で働いてたら、もうちょっとちゃんとした男の人と恋愛できただろうに。
ロチェスターは初恋にしては癖が強すぎるよ。
まあ恋愛って、若い頃は勢いで好きになったりするからね。
なんか永遠の愛というより、ジェーンの男運が悪いとしか思えなかった。
ibu

ibuの感想・評価

-
ゼミの課題だったのでみた
ミアちゃんとマイケルファスベンダーで気になってたので見れてよかった!!
この時代のイギリスの風景やドレスも素敵
お話はちょっと暗め 原作読みたいし他の映像化作品やミュージカルも気になる!
ミアちゃん演じるジェーンが強い女性で素敵でした
もちお

もちおの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

 初鑑賞です。

 原作未読です。
 他の映像化作品も観たことがありません。
 私が初めて触れるジェーン・エアは本作です。

 吹替版です。
 BSでの放送を録画しました。

 とても良かったです。
 苦い展開が多く、いろいろと考えさせられました。
 好きな作品です。

①良かったところ
・波乱万丈の人生
 きつい展開が多いです。
 まず、孤児のジェーンは親類であるリード夫人宅で暮らすことになります。しかし、そこでリード夫人やその子供から嫌がらせを受けます。
 そして、ジェーンは施設で育つことになります。ここでも虐待を受けます。
 その後も、しんどい展開が多いです。
 それでも、ジェーンは挫けないんですよね。悲しみに暮れる場面もありますが、折れません。
 この芯の強さがとても魅力的でした。

・リヴァース牧師
 親切な人です。
 しかし、リヴァースとの結婚の話が出てから、ジェーンと彼の関係がギスギスしてきます。
 関係性が壊れていくのが悲しかったと同時に、「そうなってしまうよなあ。」と思いました。
 ジェーンにとって、リヴァースさんは良い人ですが、愛する人ではないのだと感じました。
 ちなみに、リヴァース牧師を演じるジェイミー・ベルさん出演作ですと、私はリトル・ダンサーが好きです。

・ロチェスター
 演じるマイケル・ファスベンダーさんの魅力も相まって、ロチェスターさんは素敵でした。
 しかし、ロチェスターは気分屋ですし、しかも妻の存在を隠していました(事情はありましたが)。結構問題があります。
 それでも、ジェーンは惹かれてしまいます。生々しくて良かったです。

・ラスト
 最後にジェーンとロチェスターが結ばれます。
 幸せになってほしいと思うと同時に、火事で亡くなった奥さんのことが気になってしまい、少しモヤモヤしました。
 一方、「あらゆることを乗り越えてでも一緒にいたいという強い気持ち」だと思うと、納得ができたりもします。
 個人的には何とも言えないラストでした。
 良かったです。

・ミア・ワシコウスカさんの魅力
 芯の強いジェーンを魅力的に演じられていました。素敵でした。
 凛とした佇まいが好きです。
 「クリムゾン・ピーク」も良かったです。

②まとめ
 良かったです。
 また観たいです。
 原作にも興味をもちました。ジェーン・エアの他作品も観てみたいです。

2022年10月14日に追記
 ロチェスターは妻の存在を隠していましたが、他の作品でも同じ展開がありました。
 割りとよくある展開なんですかね。

このレビューはネタバレを含みます

ジェーンの波瀾万丈な人生。
やっと再会できたけど、なんとも切ないラスト。

ジェーンが儚げで、美しかった。
wa

waの感想・評価

3.9
典型的なイギリスの田舎の風景好きだな…寒々しくて霧が立ち込めている感じ…。浮き沈みが激しい物語かと思いきや意外と淡白で観やすかった。キャスト含め評判より好き。
ブロンテ姉妹の著作は嵐が丘しか読んだことがないので他にも読みたくなった。ヴィクトリア朝の時代いいな。
>|

あなたにおすすめの記事