ベイビー・ドライバーのネタバレレビュー・内容・結末

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ジョーに踊りを見せているシーンもっと見たかった
悪い人がみんな死んでしがらみがなくなってよかった
最後の証言のシーンが良かった
年明けに新世界シネマで観た。何よりもベイビーとデボラが恋に落ちるシーンが最高…。「妹のメアリーにはたくさん歌があるのに、デボラの歌は全然ない」「一曲知ってるよ」と、2人がイヤホンを分け合ってT.Rexを聴く、T.Rexをトレックスと発音させるだけで、ベイビーの背景をさっと差し込む(自分の話だけど、おれは音楽の話をする友達がいなかったせいで、Nasはナズと読むことを最近まで知らなかった)、そしてデボラの「ベイビーって言うの?全部があなたの曲じゃない!」というセリフ!最初からクラクラしっぱなしだったけど、ピークが前半に集中していて、後半はちょっと失速した感があった。
ソニー・ピクチャーズなのにイヤホンアップル製なのがずっと気になってた。
冒頭のようなカーチェイスをもっと観たかったのに物足りなかった。
リズムに合わせて銃声を鳴らすのはダサかった。
眼を見張るシーンももちろんあった。
素晴らしいテンポ、素晴らしい音楽。映画を見ようと思って見るべき映画。
ケヴィンスペイシーがいい男。何より全てがハッピーではない終わりも良い。
未見だったのでブルーレイ予約してましたが、Amazonビデオで配信されてるのを見つけてドライビングならぬフライイング観賞。

ドライブテクニックがもっと強調されたら良かったかなとも思うけど、主人公とヒロインの出逢いとやりとりにきゅんときたり。
主人公のサングラス姿は青臭い犯罪者が似合う若き日のアランドロンを彷彿とさせました。“ベイビー”さは残しつつ。
俺たちに明日はない的なところもあり、色調も相まって60〜70年代のテイストを醸し出していました。

続編があれば更に期待してしまう。もちろん音楽は評判通りGoodです。
好きなところ
・ずっと面白い
・音楽と映像がこれ以上なくぴったりハマっている
・ベイビーとデボラがスーパーキュートカップル
・デボラのファッションが可愛い
・テンポがよくてダレることがない
・特に終盤の畳み掛けるような展開は目が離せなくなる
・ベイビーが自分の犯した罪と向き合い償うことを選ぶ結末がとても良い
・文句なしのハッピーエンド
さ 最高や 出だし無理にオシャレなオープニングでイヤイヤ呑まれませんよって思ったけど進むにつれて虜!
ミュージックカードライブアクションもう言うことなし!登場人物全員ナイス 悪役のしぶとさはもうエイリアン並笑
そいつとベイビーがクイーンの曲で語るところ良いシーンだ〜、悪人でも善人でも音楽は平等全ての人達に感動をくれる それを映画で観せてくれるなんて贅沢以外の何者でもなーーい!!ありがとうございましたm(_ _)m 劇場で観れば良かった、、、
シナリオ・アクション・演出全てが素晴らしい!!!

冒頭の「Bell Bottoms」に合わせたカーチェイスは胸が踊る!!!劇中に流れるサントラは、ベイビーの心の代弁となり、観客が「見る」のではなく、「感じる」のに効果的だ。

愛するデボラのため、裏社会を抜けることを夢見るその心は、まさにベイビー(赤ん坊)のように純情だ!!挿入歌「BABY」はそんな2人の甘い恋心に花を添える。しかし、そんな凄腕ベイビー君を窃盗グループのリーダードクは、逃がさない。現実は非情である。

監督エドガー・ライトは前作「ホット・ファズ」と同様に、登場人物たちに、「行いと責任」を与えている。そんな監督が描くアメリカンニューシネマチックなラストから、監督の誠実さを感じた。

さぁ、素敵なドライブをしよう!
おもしろい!さすが!ケヴィン・スペイシー、、最後にみせた優しさがなんとも憎い!!スキャンダルとか色々あるけど早く復帰してくれ!!
中盤ベイビーがバッツにいじめられてて胸糞になり始めてたらバッツ死んで良かった。後半〜最後なんとか収束させた感は否めないものの、全体としてはまとまりがあって良かった。
>|