ベイビー・ドライバーのネタバレレビュー・内容・結末

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.2

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

主人公には耳鳴りと幼少期の事故というトラウマがあるも、音楽さえ鳴っていれば最強のドライバーになれるって設定がもう最高。
逃走中にラジオ局のチャンネルをガチャガチャするシーン、ドキドキした。
このテンポの良さは音楽だけではなく、登場人物それぞれのキャラが立っているせいもあると思う。一面的な描写と言われればそうなのだけれど、こういう作品はこのくらいハッキリしているくらいが丁度良い。特に同居する聾唖の祖父が大変にキュートでたまらない。
それから、エンドロールの終わりに出てくる「SONY」の文字にちょっと感動してしまった。カセットテープだもんね。
滑り込みになってしまったけれど、映画館で観られてよかった。
2017/9/23 なんばパークスシネマ

・音楽と同調して発射される弾丸がすごいリズミカルで面白い
・ベイビーとデボラがかわいい。
・育て親の叔父さんがかわいいけどすべて見通してる様な目
・最後の方の麻薬のドンが手のひら返して助けてくれるとこには感動した
・選曲良き
・車インプレッサ使ってくるあたり分かってる
・常に音楽を軸に動いていく物語は個人的に超がつくほど好み
素敵な音楽とともにいつもアクセル全開で突き進んでいた主人公ベイビー。
終盤、ベイビーが愛する人のためにとった行動はブレーキを踏む。
彼の行動を変えたのは愛。
普遍的な愛が描けてる作品だと思いました
なんじゃこりゃ〜〜〜〜〜〜
音楽でどこまでゾクゾクさせてくれるの。
ハッピーエンドにしてくれて激烈感謝!
音楽ガンガン流すぜ!!なカーアクション映画。それがこの映画の醍醐味のいとつでもあります。
冒頭のカーチェイス凄かったです。
ベイビーが曲に合わせて踊ってるシーンが好きです。
キャラが個性的で素敵でした。
バディ、不死身かと思うほどしつこく、生きているんじゃないかと最後までソワソワした。
バッツは自分のことをサイコパスって言ったり、強盗前には「俺たちの宝」と暗示をかけてたり、やることは酷かったけど、人間味を感じました。
ドクのキャラ設定どうしたいんだ、過去に何があったんだ、でも好きです。
主人公が過ちを犯す系の映画ではめずらしく、潔いハッピーエンドでした。

とにかく音楽が素敵な映画なので、見たあとは音楽ガンガン聞きたくなりました。
リズム感がいい、気持ちいい
音に合わせるが為に出発遅らせるシーンとか楽しい

恋に落ちるところが早すぎたけど、ストーリーも良い

おじいちゃんを助けて別れるシーンがなんか泣けた

最後の裁判と出迎えのシーン、良い
とにかく音楽が良い
流れてる音楽はベイビーがイヤホンで聴いているものだからベイビーがイヤホン外したら音楽も小さくなるのが良い
私の耳はベイビーの耳…!
生活音も音楽にし、ドンパチも音楽にする
圧倒的なドラテクはどこで身に付けたんだっけ
ボスが黒板に何か書いているときに重要な話してたけど黒板特有の嫌な音が聞こえたらどうしようとソワソワして全く話聞いてなかった
女神みたいなデブラ
ダーリンが駐車場で機関銃(?)をバババババって撃つとこ最高だな〜どうして女がゴツい銃を持っているのに惹かれるのか
しかしあと少しで逃げることができたのにベイビーのせいで…可哀想だ
主人公優しい優しいってみんな証言してるけどパリピに携帯返さんかったやん
劇中に流れる洋楽は知らない曲ばかりだが
それでもシーンとあっていてどれも良い。
ケヴィンスペイシーは悪い奴やったけど、
最期はカッコ良かった。
凄腕のドライバーが主人公の映画は今までもいっぱいあったけど、それでも飽きさせない良い映画!

終わったあとはイヤホン着けてノリノリで帰りたくなること間違いなし‼︎
内容が無い
ご都合主義の展開
良い奴なのか悪い奴なのか、どっちなの
品川庄司の品川さんのブログで目にしたのをきっかけに、予告編を観ました。冒頭6分のカーチェイスシーンがに惹かれて観に行くのを決心しました。

鑑賞中は予想を超える展開に、終始顔がにやけてしまいました…^_^
カーチェイスももちろんですが、それ以上にストーリーや人間関係などが、とてもよかったです。

デボラがなぜこんなにいい人間なのだろうかと観る前から考えていて…実は裏で誰かと繋がっているのかと、疑っていた自分を恥ずかしく思います。

あと、伏線の回収とまではいかないけど、ベイビーのふとした時の行いが最後のシーンで報われた瞬間はすごく素敵だと思いました。

普段洋楽を全く聞かないので、ベイビーが聞いている音楽と映画のシーンが、どのようにマッチしているのか理解できなかったのが、ものすごく悔しかったです…作品のミュージックリストがでたら、全部聞いて観たいな〜と軽い気持ちですが…^_^

上映開始1時間前に、思い立ち1人映画で行動した自分を褒めたいです^_^
>|