カリートの道の作品情報・感想・評価・動画配信

「カリートの道」に投稿された感想・評価

全盛期を過ぎた元麻薬王の話ということで、前半はかなりまったりとした流れ。終盤は展開の転がっていく様がデパルマ作品らしく、中でも列車内でのチェイスシーンはかなり見応えがあって面白かった。

しかしショーンペンのカメレオン俳優っぷりよ。観てるとき全然気づかなかった(情けない…
Asadamoia

Asadamoiaの感想・評価

4.5
まじで面白かった色々言いたいことあるけど一言。
これが男か!!
途中までしか見てないので点数は気分。
アクションが極めて緩慢で緊張感を出すための盛り上げがくどい。
設定としては激しいアクションシーンなのに、激しさが皆無なところが見ていてつらい。
ことごとくカメラの置く位置が間違っていて、アクションに活気がない。
カットを割るタイミングも不正解でダラダラしすぎ。毎回1秒くらい長い。
filmfreak

filmfreakの感想・評価

3.7
ペネロープアンミラー
この頃よく出てた 可愛かった

彼女が遅れてるって言う
それが遅刻の話じゃないと分かってから
カリートの終わりが見え始める
守りに入ったら負けに行くようなものだから

ストーリーとしてはとんぼ
最後の最後で無念
Selva

Selvaの感想・評価

4.1
ハラハラするようなガンアクションやぶっ飛んだ話の展開はないけど、人間味あふれる素晴らしい映画でした。

堅気になりたいのに今まで築いた名声やその関係が足枷となり、そう簡単には変われない事を教えてくれます。

助けてくれた友人との関係に苦悩していたり、自分の身を危なくしても義理をきっちり返そうとしたりと主人公の右往左往する姿が見られます。

見終わった後は、何故かスッキリとした気持ちで、率直に良いドラマを観たなあという感想です。
Jingo

Jingoの感想・評価

4.1
緊張感あり過ぎてのめり込む。
まずアルパチーノが最高に良いけど、ショーンペンが一番狂気じみてて怖かった。ドアの隙間から彼女が誘惑するシーン、名シーンだな〜。。
5419

5419の感想・評価

4.0
ちょっと最後やめてほしいなぁ~
感情移入して泣いてまうやん笑
字幕

字幕の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

マフィアとか嫌いなのに、最後悲しすぎて泣きました。
歌がまた良い。
デ・パルマ監督によるマフィア映画。

デ・パルマ+アル・パチーノでマフィアというと『スカーフェイス』が思い浮かびますが、あちらの荒々しいキャラクターや作風とは違い、良い意味で枯れた雰囲気のある良作。
同じくアル・パチーノのマフィア映画の傑作『ゴッドファーザー』シリーズの荘厳さともまた違った良さがあります。

主人公の最期から始まりその主人公によるナレーション形式で話が展開されていくのは『サンセット大通り』や『深夜の告白』の様なスタイル。

マフィアから足を洗い真っ当に生きようと願うアル・パチーノと、そうはさせてくれない周りの面々や過去にしてきたことの因果応報。

個人的にツボな設定である「主人公
の味方で元々気弱な人物が力を得て徐々に狂っていく」という要素もあり満足。(因みに他には『AKIRA』の鉄雄とかが当てはまります)

裏切りの連続と泥沼の足の引っ張り合いと栄枯盛衰というマフィア映画のお約束を踏まえつつ、キスシーンでの360度旋回カメラワークや上下反転するカット、鏡の反射、等などデ・パルマ節も冴え渡りGood。
特にドキュメンタリーでも監督が苦労したと語っていた後半の列車の中での追いかけっこは「たしかに撮るの大変そうだなー」というのが伝わりました。笑
長回しを多用した後半の駅でのシーンは特に絵的に面白い。

ラストシーンも切なくて良いですね。
あのちょこちょこ走る感じが愛おしい。
一様、シリーズとされる前作はドキュメントの意識強いがこちらはメロドラマがベースだなぁと。
ちょっと時期もズレてるけど、アプローチを変えてるのは発見だった。
列車の使い方が良いなぁ、決して乗ることが出来ずパラダイスは遠のいていく。
>|