ドライヴの作品情報・感想・評価

ドライヴ2011年製作の映画)

Drive

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.7

「ドライヴ」に投稿された感想・評価

TAROU

TAROUの感想・評価

3.5
金槌!!




うーん
評判からして期待しすぎた。
序盤は洗練された感じがかっこよかったけど、中盤からクライマックスにかけて、ダラーンとしなかった?
金槌でやるとこはスカッとしたけど。
革手袋も良い。
人妻とも中途半端だし、クライマックスはナイフだし。


スローな脚本にムーディな監督って感じ。
スノーマンとか
ネオンデーモンとかと似てる
空色猫

空色猫の感想・評価

3.8
犯罪者の逃し屋をやっている男が、アパートの隣人である人妻と恋に落ち、人妻の家族を救う為に行った強盗事件の逃しが抗争を生む話

静かなベイビードライバーみたいな。

台詞がかなり少なくて、映像と演技だけで見せる品のある演出とても好き。
表情で演技させた時のライアンゴズリング本当に良い。
全体的にシャープな映画作りで、残酷な部分も逃げずに見せるから個人的には心臓に悪くて辛くはなるんだけど、残虐さをことさらに強調してる悪意ある描写ではなくあくまで逃げずに描いてるというだけなのでなんとか見られた。

ニーノを殺しに行く時に被っている仮面の表情が笑っているように見えたんだけど、それは他人に暴力を行使することに忌避感のない世界に足を踏み入れたことの表現なのかなと思った。幸せを望むことのできる普通の世界と決別してしまったからこそ、最後に全員を殺しても人妻の元に戻らずに別れる道を選んだのかなと思った。
レフン監督の中で一番お薦め出来そうな作品(一番好きとは言っていない)
マイルドに中和されている

お洒落な映画ですね、と受け止めて貰えそう

ポロリも少ない

隙間に潜む瞬間的バイオレンス

見つめ合う二人の幸せそうな顔が気恥ずかしい
ちゃみ

ちゃみの感想・評価

4.5
運命的な出会いは突然やってくる。

スルスルっと心と体を侵食し、
すべての感覚をやわらかく麻痺させる。

そこにはタラレバはいらない。
タイミングに嘆くこともない。


わたしはたまらなくハッピーエンドな
作品だと思いました。
愛する人を危険から振り切った
清々しさに満ち溢れています。


彼はまたゆっくりと走り出す
サイドシートにそこにたしかにあった
愛しい時間を乗せて。
は

はの感想・評価

3.3
悲しい話やった。

正直、洋画ではよくあるタイプの話やと思うし、
こういう映画、何本も観てきた気がするので、
カンヌで賞獲るほどなのか、
私には、わかんないっす。
記録
エレベーターでのキスシーンのライアン・ゴズリングめっちゃイケメン
nakai

nakaiの感想・評価

3.9
意外とグロかった

ライアン・ゴズリング必要以上に喋らないのかっけぇ
キャリーマリガンの夫あの面でいい奴なのわろた

カッコいい車に乗りたいね
2019年39本目

セリフを極限まで無くした結果
主人公のキャラクターが最後まで
謎に包まれてるのがいい

あとはエレベーターのシーン
最高やった
カール

カールの感想・評価

3.6
キャリーマリガンが好きです。
割とゆったりとしていて静かなんだけど、静寂の中に怖さがあった気がした
名無しの主人公、ほとんど喋らないけどアイリーンといるときと彼女を守るためにいろんな人を殺しに自己犠牲していくときの表情が全然違う。すごくクールに人を殺す。正直こんな殺すシーンあると思ってなかったからいろんな意味で衝撃。
恋愛モノなのか暴力モノなのかいろんなジャンルが入ってる。エレベーターシーンはその象徴っていうくらい詰め込んでるんだけどまとまってる。

サソリとカエル
>|